明日は沖縄知事選。

【祈】 沖縄知事選、28日投開票=普天間問題に影響

時事通信 11月27日(土)14時24分配信



 任期満了に伴う沖縄県知事選は28日、投開票される。無所属で現職の仲井真弘多氏(71)=公明、みんな推薦=と、無所属で新人の前宜野湾市長伊波洋一氏(58)=共産、社民、国民新、新党日本、沖縄社会大衆推薦=による事実上の一騎打ちで、両氏が激しく競り合う。選挙結果は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題の行方に大きな影響を与えそうだ。

争点となった普天間問題について、仲井真氏は県外移設を求めつつ、「県内移設反対」は明言していない。これに対し、国外移設を訴える伊波氏は、一貫して「県内移設反対」を主張している。知事選には、政治団体「幸福実現党」の新人、金城竜郎氏(46)も立候補している。

仲井真氏は27日夜、那覇市内で街頭演説し、「日米同盟は重要という立場から言っても、普天間基地は県外に(移設してほしい)」と改めて訴えた。一方、伊波氏は同日午後、同市内での演説で「米国の圧力に屈した県内への新基地建設を決して認めてはならない」と強調、政府との対決姿勢を鮮明にした。

仲井真、伊波両氏のいずれが当選しても、同県名護市辺野古に移設するとした日米合意の履行は一段と厳しくなるとみられる。ただ、政府は、仲井真氏は対話の余地を残しているとみており、同氏の再選に期待する空気が強い。 



明日は、いよいよ沖縄知事選の投票だ。

この選挙は沖縄だけでなく、日本全体の方向性を変える程の、重大な選挙だと思う。

去年の総選挙は、自民党の悪政をこれ以上続けさせたくない、政権交代を成し遂げたいという選挙で、必ずしも民主党が積極的に支持された訳ではなかった。

とにかく自民党以外に、一度やらせてみようということだった訳で、現状は残念ながら国民の期待を大きく裏切っている。

しかし沖縄知事選の場合、イハ氏の政策は積極的に支持できるし、民主党のように県民を裏切ることもないだろう。

ぜひ知事になってもらい、普天間基地の海外移設を実現してもらいたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示