法人税を下げる「成長戦略」は、国民を犠牲にする。

【怒】 振興銀破綻:自見担当相が竹中氏らを批判



自見庄三郎金融・郵政担当相は10日の閣議後会見で、日本振興銀行の破綻(はたん)に伴う国内初のペイオフ発動について「元本1000万円までと利息は保護されており、冷静な対応をお願いしたい」と理解を求めた。また、振興銀設立当時の金融庁の対応を批判した。



 自見担当相は、振興銀が決済用預金や普通預金を扱っていないことから「金融システムの安定性に影響を与えることはない」と強調。その上で、03年8月に振興銀が予備免許を申請した日まで木村剛被告が金融庁顧問を務めていたと指摘し、「李下(りか)に冠を正さずというが、金融業界は信用が大事だ。竹中平蔵金融相と高木祥吉金融庁長官(いずれも当時)の道義的責任はまぬがれない」と当時の金融行政トップの対応を批判した。【中井正裕】



日本振興銀行が破綻した。

木村剛前会長らの逮捕から、わずか2か月しか経っていない。

木村前会長は竹中平蔵と親しかったからだろう、振興銀は異例の速さで認可された。

振興銀の認可から破綻までの一連の動きについて、竹中の責任は重いだろう。



竹中といえば、おととい休みだったのでぼんやりテレビを見ていたら、テレビ東京系の番組に竹中が出てきて、日本経済を立て直すには法人税を下げなければならないと言っていた。

相変わらず、財界の利益だけを考えている奴だ。



しかし、菅総理の「成長戦略」も、竹中と似たり寄ったりだ。

成長と言っても、企業だけが成長して国民の生活が犠牲になる、「小泉・竹中改革型成長」では何にもならない。

真の「成長戦略」は、「国民の生活」を潤すものでなければならない。



法人税下げを主張する、菅総理の企業のための「成長戦略」では、「国民の生活」は楽にならない。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示