まったく役に立たない原発に「×」。

【怒】 島根原発2号機運転再開認める…1号機点検続く



松江市の中国電力島根原子力発電所1、2号機(運転停止中)で大量の点検漏れが見つかった問題で、経済産業省原子力安全・保安院は6日、2号機について「安全を確認した」として運転の再開を認めた。



 同省を訪れた山下隆社長は「地元の理解が大事だ」と述べ、2号機の運転再開時期については明言を避けた。

 保安院は運転再開の条件として、島根原発の安全管理体制を定めた中国電力の保安規定の変更を求めていたが、同日付で同社の変更申請を認可した。1号機は、点検漏れのあった機器の安全性を確認する作業が続いている。


 島根原発は3月に点検漏れが発覚し、最終的に511件に上った。

2010年9月6日12時58分  読売新聞)



大量の点検漏れのため運転が停止されていた島根原発2号機に対して、原子力安全・保安院がようやく運転再開を認めたが、再開時期は、なお不明だ。

また、1号機も機器の安全確認のため、3月末以来停止している。



この間、日本列島は猛暑に襲われ、電力需要はうなぎのぼり。

下記は7月分だが、猛暑日が連続した8月は、さらに多かったことが予想できる。




中国電、7月の販売電力量7.3%増=8カ月連続で前年実績上回る



 は25日、2010年7月の電灯電力需要実績を発表した。それによると、同月の販売電力量は前年同月比7.3%増の51億3600万キロワット時で、8カ月連続で前年実績を上回った。

(2010/08/25-13:40)



このエアコンがフル稼働する時期に、島根原発は完全にストップしていたのだ。

これは一体どういうことなのか。

原子力発電は発電量の何割かを占める、なくてはならない発電方法ではなかったのか。



しかし現実から考えると、原発は肝心な時に役には立たない、まったく必要のない、その上危険な廃棄物を量産する、無用の長物でしかないようだ。



そして増え続ける電力需要にも、他の発電方法で、十分対応できるということだ。



それなのに中国電力は、住民の反対を押し切って、山口県に上関原発を作ろうとしている。



何か、おいしい話でもあるのだろうか。


 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示