消費税を知らない菅総理に「×」。

【怒】 昨日の夕方、いつものように店番をしながら民放のラジオを聴いていたら、アグネス・チャンが出てきたのでNHKに切り替えたところ、菅総理と小沢氏の共同記者会見を放送していたので聴いた。



途中からだったが、二人の主張の違いは明らかで、特に最後の一言がそれぞれの違いを端的に表わしていた。



菅総理は、この代表戦は誰が総理に相応しいかを選ぶ選挙だと言い、驚くことに、小沢氏が総理になっている姿は想像できないとまで言い放った。



総理には自分こそが相応しいと思っているのだろうが、カン違いも甚だしい。

あくまでも自分中心の物の考え方で、いくら
レバニラ炒めを食べて庶民派をアピールしてみても、国民生活のことなど眼中にないことが伺える。



それは消費税に関する発言での、「多少の負担」という言葉でも明らかだ。

総理にとっては「多少の負担」かもしれないが、庶民にとっては大きな負担だ。

更に、消費税の納税義務者である中小企業・自営業者にとっては、まさに生死に関わる大問題なのだ。



このマスコミが報じない消費税の本質について、余すところ無く明らかにしているのが、斎藤貴男氏の
「消費税のカラクリ」である。

内容については
こちらのブログが、的確に要約されているので、紹介させていただく。



総理にはこの本を読んで、消費税がいかに中小業者を痛めつけ、また輸出企業を潤しているかを学んで欲しい。

福祉の財源となるべき消費税が、逆に福祉の受給者を生み出してしまうというのは、まさに皮肉以外の何物でもない。

国民の生活を考えれば、消費税増税は主張できない筈だ。



一方、小沢氏の主張は、国民の生活を第一とした、衆院選のマニフェストを守るべきだというものだった。

その中でもよく分かったのが、補助金についての発言だった。



現在は地方への補助金が、国の事業メニューに従わなければならないため非常に効率が悪く、融雪装置を作るために、誰も利用しないスキー場を作らされた例を挙げて説明していた。

補助金を地方の裁量で使えるようにすれば、今の6割程度で効果的に必要な事業を実施することができ、税金の無駄遣いをなくせるし、またそうしなければならないということだった。



こういう財務省に都合の悪いことは、菅総理にはできないだろう。

財政再建のために、官僚の意を汲んで国民を犠牲にするような政権には、これ以上続いてもらうのは迷惑だ。

3ヶ月で、すでに中身は見えた。

菅政権は、もうたくさんだ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示