小沢出馬に「○」。菅総理の消費税に「×」。

【喜】 代表選、小沢氏出馬へ=首相と対決、会談決裂―民主

8月31日17時58分配信 
時事通信


 9月1日告示の民主党代表選をめぐり、菅直人首相と小沢一郎前幹事長は31日夕、党本部で会談した。しかし、挙党態勢の在り方について溝が埋まらず、全面対決回避に向けた協議は不調に終わった。これを受け、小沢氏は党本部で記者会見し、「きちんと正々と選挙戦に臨んでいきたい」と述べ、立候補を正式に表明。首相も会見で出馬を正式表明した。これにより、代表選は首相と小沢氏による一騎打ちとなることが固まった。

会談で小沢氏は、代表選について「党規約に定められた任期満了による代表選なので、お互いに頑張ろう」と出馬の意向を伝えた。

首相は会談後、記者団に「小沢さんと選挙は選挙として戦い、終わった後はどのような立場であれ協力していこうという話をした」と語った。

代表選は1日午前10時から1時間立候補を受け付け、午後4時に都内のホテルで立候補者による共同記者会見を行う。首相と小沢氏以外に立候補の動きはなく、党を二分した激しい選挙戦となる見通し。



一旦、小沢氏の出馬が決まったと思ったら、鳩山元総理が仲介にウロチョロ動き回って、出馬回避の可能性が囁かれたりしてヤキモキしたが、ようやくスッキリした。

小沢氏には、ぜひ官僚の傀儡に堕した菅総理を打ち破って欲しいと思う。



そしてここで問題なのは、民主党の分裂を避けようとした鳩山元総理らには、国民生活に対する意識が感じられないということだ。

国民にとっては、民主党が割れようが割れまいが、そんなことは知ったこっちゃない。

一番大事なのは、誰が国民のための政治をやってくれるかということだ。



菅総理は自分の保身が第一のようだし、鳩山元総理も、国民よりも民主党の維持の方が大事のようだ。

現状の選択肢の中では、やはり小沢氏に期待するしかないようだ。



それにしても、、、



消費増税、争点化の意向=菅首相「大いに議論を」―民主党代表選


8月31日19時10分配信 時事通信



 菅直人首相は31日夕、東京・永田町の憲政記念館で記者会見し、民主党代表選への出馬を正式表明した。選挙戦で訴える政策に関して、首相は「社会保障の在り方と、その財源としての消費税の在り方は大いに議論していくことが必要だ」と述べ、参院選で掲げた消費税率引き上げを争点に据える意向を明らかにした。具体的な政策は9月1日に公表する考えを示した。

首相は「日本を立て直す上で、経済成長、財政健全化、社会保障の強化を好循環になるような形で進めていくことが必要だ」と指摘。また、「今の日本が縦割りの『霞が関』の中で、やるべきことがやれていない。日本の行政の在り方、政治の在り方を根本から変えていくことがわたしに課せられた使命だ」として、抜本的な行政改革に取り組む決意を示した。




なんと、菅総理はまた消費税を持ち出して来た。

参院選の敗北から、何も学んでいない。

こんな現実を見れない人物を、総理にしておく訳にはいかないだろう。



それにしてもまったく、朝日の社説じゃないが、「あいた口がふさがらない」とはこのことだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示