「海兵隊が抑止力」に「×」。

【怒】 <普天間移設>首相「県外」断念表明、市長、住民らは反発

5月4日21時16分配信 毎 日新聞



鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、就任以来初めて沖縄県を訪問し、仲井真弘多知事、名護市の稲嶺進市長らと相 次いで会談した。稲嶺市長との会談で、首相は「県外を模索してきたが、あまり遠いところに移設地を求めることはできない。辺野古の海を汚さない形での決着 を模索していくことが重要だ」と述べ、キャンプ・シュワブの沿岸部(同県名護市辺野古)か沖合に「くい打ち桟橋」(QIP)方式で滑走路を建設する案を念 頭に、県内移設の方針を伝えた。市長は「到底受け入れられるものではない」と拒否した。



首相は、これに先立つ知事との会談でも「県外ということで努力しているが、すべてを県外にということは現実問題、難しい。ぜひ沖縄の皆さんにも負担をお 願いしないとならない」と県内移設の考えを表明。高嶺善伸県議会議長との会談では「沖縄の皆様にも徳之島の皆様にも協力を願えないかという思いでお邪魔し た」と語り、県内移設と鹿児島県・徳之島への一部移転の組みあわせ案を検討していることを明言した。



首相の発言は、「最低でも県外」としてきた「公約」を断念するもので、地元や社民党は反発している。



一連の日程を終えた首相は4日夕、名護市で記者団に「(最低でも県外と言った)当時、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならない理由はないと 思っていた。学べば学ぶにつけて(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持しているという思いに至った。浅かったと言われれば、その通りかもしれない」と 「県外移設」公約断念の理由を語った。




鳩山総理は海兵隊に対して、「学べば学ぶにつけて、抑止力を維持していると思うに至った」そうだ。

いったい何から学んだのだろうか。

おそらく、外務省や防衛省の官僚や、米軍の言い分から学んだのだろう。

沖縄の声から学ぶ気はないらしい。



官僚主導から政治主導へ、アメリカとの対等な関係などを掲げて誕生した鳩山政権だが、羊頭狗肉だったようだ。


スポンサーサイト

コメント

No title

鳩山由紀夫は衆院選で普天間基地は県外に移設すると主張した。沖縄県民の票を狙った発言であり、集票に成功した。
普天間の移転先の腹案は、沖縄県外の徳之島であったようだ。島民の6割弱(15000人)が参加した反対集会。
それでも追い詰められた鳩山由紀夫は島を訪問する予定を改め、3町長を呼びつけるようだ。この男は何事も迷走する。
3町長は移設を拒否するために上京する。鳩山由紀夫は、辞任するのかそれとも言い訳をして首相の座にすわり続けるのか。
不動産王・小沢一郎と共に辞任しなければ支持率は下がり続けて夏の参院選で血税バラ撒き民主党は惨敗する。

No title

普天間基地問題で鳩山政権の迷走が非難され鳩山総理の指導力不足、責任論が高まっていますが昨年9月の政権交代後も霞ヶ関の官僚機構が従来通りの実務権限を維持し、経験の浅い閣僚、政務三役が既得権益を維持しようとする官僚機構に翻弄されて問題の本質を見誤り、官僚が提示する誤った情報を基に判断せざるを得ない状況では迷走を繰り返すのも必然です。
普天間問題での対米交渉でも自民党政権での対米従属と利権絡みで米軍再編計画に関与して来た官僚に頼っていては政権交代に伴う新たな日米関係を構築する事は不可能であり米国側の意向に阿る結論に至る事も必然です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示