裁判員裁判で初の死刑を回避。

【喜?】 裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件

毎日新聞 2010年2月26日 12時07分

 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)での裁判員裁判は4日目の26日、論告・求刑公判が開かれ、検察側は「追いつ められた挙句の犯行で情状の余地はある」として無期懲役を求刑した。被害者が2人のため裁判員裁判で初めて死刑が求刑される可能性があったが、検察側は被 告の情状面を勘案した。判決は3月2日午後3時からの予定。


 起訴されているのは影山博司被告(55)。被害者は勤務先の税理士事務所代表、石谷英夫さん(当時82歳)と同居の大森政子さん(同74歳)。


 検察側は論告で「うらみが原因とは否定しないが、借金返済のため通帳などを奪う目的もあった。事件当時、資金繰りのピンチを乗り切るにはどうして も金が必要だった」と動機を指摘した。一方、被告はこれまでの公判で、2人を殺害したことは認めているが、強盗目的ではなかったと主張している。


 この日は論告・求刑に先立ち被告人質問も行われた。裁判員は影山被告に、事件で奪ったとされる金の使途などを尋ねた。


 午後から弁護側の最終弁論と被告の最終意見陳述があり結審する。裁判官と裁判員らは、同日の結審後と3月1、2日の3日間かけて評議を行う。



裁判員裁判で初の死刑判決となるか注目された裁判で、検察は無期懲役を求刑した。

裁判員裁判は、おおむね重罰化の傾向を示していたので死刑の恐れがあったが、今回は死刑は回避された。

被害者の遺族の中にも死刑を望まない人もいたし、裁判員の反応を見た検察が、求刑を覆されることを避けた面もあるようだ。

実際、一般人である裁判員が、わずか1週間程度の審理で死刑判決を下すのは、あまりにも酷だろう。

今回、自分も裁判員に指名される恐れもあっただけに、尚更この制度の恐ろしさを実感する。



それにしても、日本で初の死刑もあり得る裁判員裁判の開催地が、日本で一番人口の少ない、「牛が多くて人の少ない、日本のチベットみたいな(by石井一)」鳥取県だとは、どういうことなのか。

鳥取県は日本で一番、治安が悪いのか。

そういえば、最近、連続不審死事件が世間を騒がせている。

しかし実際には、鳥取県はのんびりした、犯罪の少ない県だ、、、と思う。



逆に言えば、東京や大阪の大都市で、死刑相当の裁判員裁判がまだ行われていないということが、日本の治安の良さを証明しているのではないだろうか。



最近やたらと治安の悪化が喧伝され、刑の厳罰化が叫ばれているが、現実の犯罪件数は、近年、下降の一途を辿っている。

昨年一年間の殺人事件数は戦後最少だったし、検挙率も98.1%で戦後3番目に高くなっている。

http://www.npa.go.jp/toukei/seiankikaku/h21_ninchi_kenkyo.pdf



にもかかわらず、体感治安だけが悪化しているのだ。



ムードに流されず現実をしっかり見なければ、判断を誤ることになる。

死刑制度、裁判員制度を考えるときにも、まず、事実を基にしなければならない。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示