常識人?石原都知事。

【怒】 石原氏、元朝青龍に「さっさと辞めて」

[日刊スポーツ 2010年2月6日7時51分 紙面から] 


 東京都の石原慎太郎知事(77)が5日の定例会見で、大相撲の横綱朝青龍(29=高砂)の引退について「さっさと辞めてもらったらいい」とし、突 き放した。また、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で不起訴となった小沢一郎民主党幹事長(67)については「不愉快、不透明、不可解だ」と厳しく批判した。


 会見では4日の2大ニュースが話題となった。


 石原都知事は、以前から大相撲についてはたびたび批判してきている。朝青龍問題について「見て見ぬふりをしてきた協会に責任がある。(相撲協会の)自業自得だと思う」と日本相撲協会の責任も指摘した。知事就任時には横綱審議委員会から2度の要請があったが、いずれも断ったとも明かした。


 その上で、相撲は日本の国技であり文化、様式を重んじることが重要とし「外国人を受け入れるのは、結構であるが、私は思わしくないと思うところも ある。文化というものを理解できずに、ただ強いということだけで、文化の様式を壊すのであれば、さっさとやめてもらったらいいと思う」と述べた。


 また小沢幹事長の不起訴処分については「常識的に考えても不可解だ。こういった問題が不問になされるのは分からない」と話した。かつて田中派に属した小沢氏とは、自民党時代から政治姿勢が相いれない。


 知事は「わたしたちが一生かかっても使い切れない金の問題が不透明なままで、非常識な説明でまかり通っている。国民は反発しますよ」とも批判。「強化された検察審査会で、国民の常識をふまえ、国民が抱えている不快感、疑義を、手を尽くして解明してほしい」などと述べた。


石原都知事がまた好き放題言っているようなので、都知事の記者会見の動画を見てみた。

相変わらず上から目線でゴーマンかましているが、小沢氏の資金問題を批判するのに、国民の常識を引き合いに出したのには驚いたというか呆れてしまった。

都知事自身の、東京五輪招致に関わる税金の浪費や、豪華海外出張、4男の絵の買取りなどは国民の常識に合致しているとでも言うのだろうか。



それにしても「わたしたちが一生かかっても使い切れない金」とは、よく言えたものだ。

4億くらい、都知事にかかればあっという間に使い切られてしまうだろう。

国民の常識から最もかけ離れた人に、国民の代表のような顔をして発言して欲しくないものだ。



朝青龍問題では、日本文化の様式を破壊する横綱に対して、拝金主義から強い対応を取れなかった相撲協会の体質を批判していたが、過去に八百長問題で協会と揉めたことも私怨として残っているらしい。



協会の商業主義は批判する都知事だが、オリンピックは儲かるからぜひ誘致したいと公言していたのはどこのどなただったのか。



都知事は日本の様式美を好むようだが、たしかに都知事の振る舞いは、時代劇で悪徳商人と結託して私腹を肥やす悪代官とソックリだ。

これこそ、まぎれもない日本の様式美ではなかろうか。

時代劇では、最後に水戸黄門や桃太郎侍が現れて、悪代官はめでたく成敗されるわけだが、現代には彼らは存在しない。

それこそ国民ひとりひとりの常識で、悪代官を追放しなくてはならないのではないだろうか。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示