しばらくは様子見。

【忍】 激動の2009年も、残すところあとわずかとなった。



政権交代は成ったが、新政権の前途もなかなか洋洋とは行かず、問題は山積しており、支持率も下落傾向となっているが、その大きな要因はマスコミの報道姿勢にあるのではないだろうか。

政権発足100日間はあまり批判しないなどと言われていたが、鳩山政権に関しては、発足当初からかなり厳しい批判が報じられていたように思う。



特に最近は、偽装献金問題が大きく取り上げられている。

確かに褒められたことではないし、庶民感覚とは大きくかけ離れてはいるが、汚職をやっているわけではないし、マスコミがこの問題をどのように決着させようとしているのかが見えてこない。

この問題で総理を辞任に追い込んで、それが国民の利益になるのだろうか。

その後に、どういう政権を求めるのか。

小沢氏も色々責められているし。



自公政権の復活などは、とうていありえない。

金銭問題でも、鳩山政権以上に汚れているだろうし、問題外だ。



本当に清く正しく美しい政治を求めるなら、共産党に政権を任せるしかないだろう。

私としてはそれも悪くないとは思うが、獲得議席数から言って、やはり非現実的だ。

それならやはりもう少し我慢して、鳩山政権の行く末を見守るのが得策ではないかと思う。

マスコミの近視眼的な揚げ足取りを、真に受けない方が良いだろう。



最近知った「ラ・ターシュに魅せられて」というブログが、とても面白いので、オススメ。


スポンサーサイト

コメント

No title

マスコミの近視眼的な揚げ足とりを、真に受けないほうがいいと、貴殿はいうが、最初から真に受けるインテリを相手にしていない。商売のターゲットとしての視聴率の狙いはセンセーションであり、もとより政権を面白おかしく批判することを、生業としている商売であるのがマスコミだ。ゆえに確信犯である。とても高学歴が、もっともモノを考えない人のためにテレビが放送されているから、真にうけるとか真にうけないとか、そういうことを考えるテレビマンはいない。UFOやプロレスで騙しづらくなったから、政局を扱っているに過ぎないのです。それがテレビです。実態は残念ながら目を覆うばかりです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示