恥を知らない男、竹中平蔵。

【怒】 <郵政民営化見直し>亀井、竹中氏譲らず 財政出動では一致

11月28日11時50分配信 
毎日新聞
 

亀井静香金融・郵政担当相と竹中平蔵・元総務相が28日、読売テレビ(日本テレビ系列)の番組で、郵政民営化見直しをめぐり、舌戦を戦わせた。見直し派の亀井氏と、推進派の竹中氏の直接対決は政権交代後初めてで、お互い持論を展開し、批判の応酬となる場面もあった。



亀井氏は日本郵政グループの09年9月中間連結決算が減収減益になったことについて、民営化にともなう分社化で、郵便、貯金、保険の3事業を一体運営できなくなり、「職員が気力を失い、組織がガタガタになったため」と民営化路線を批判。民営化見直しの必要性を強調した。



竹中氏は、旧郵政公社時代、郵便配達員が別事業である貯金を預かっていたことについて「服務規定が徹底されておらず、勝手にやっていただけだ。不祥事が いっぱい起きていた」と分社化で3事業を厳格に切り分けた正当性を語った。逆に、グループの新経営陣に官僚OBが名を連ねていることについて「天下り団体 になった。人事を含め見直す必要がある」と述べ、亀井氏が進める民営化見直し路線を批判した。



ただ、景気対策を巡っては、亀井氏が「政府が民需出す手助けをすべきだ」とし、竹中氏が「ある程度財政で支えるのは当然」とするなど、財政出動の必要性で一致する場面もあった。【中井正裕】




日本テレビがどういうつもりで竹中を呼んだのかは知らないが、竹中が今さら何を言おうと、負け犬の遠吠えでしかない。

それでも恥も外聞もなく、声が掛かればホイホイと出てくるのが竹中なのだろう。

番組を見たわけではないが、何を言われてもカエルの面にショ○ベン、ああ言えばこう言うの竹中には、何を言っても無駄かもしれない。



竹中の発言は自己弁護以外の何物でもなく、傾聴に値するものは全くない。

マスコミはもういい加減、小泉と竹中を取り上げるのはやめて欲しい。

不愉快になるだけだ。



スポンサーサイト

コメント

No title

亀井氏が完全論破されてましたし。
亀井氏の感情論VS竹中氏のデータ論
見てて亀井さんが哀れでした。
亀井さんはいい「政治屋」だとは思いますが
選挙に強いだけです。
決して論客ではなく、ムチャクチャです。
大臣としての方向性も何も見えないので聞いてて意味不明でした。
偏った見方は危険ですよ。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示