米軍基地で乱射事件。

【哀】 テキサスの陸軍基地で銃乱射、死者12人 容疑者は生存

(CNN) 米テキサス州のフォート・フッド陸軍基地で5日、銃乱射事件が発生し、兵士ら12人が死亡、31人が負傷した。犯人とみられる男は当初、緊急出動した警察要員に殺害されたと報道されたが、後に生存が確認され、病院に収容されている。



捜査当局がCNNに語ったところによると、容疑者は精神科医の資格を持つニダル・マリク・ハサン少佐(39)と特定された。




軍報道官らによると、ハサン少佐は同日午後1時半(日本時間6日午前4時半)ごろ、イラク派遣兵士らの手続き、訓練センターとなっているスポーツ施設で、 けん銃2丁を乱射した。施設内では、派遣予定の兵士らが書類記入などを行っていた。警察は共犯の疑いで兵士2人を拘束したが、その後釈放。さらに別の1人 を拘束して事情を聴いているという。



ハサン少佐は同基地内の軍病院で精神科医を務めていた。地元CNN系列局が同州選出のハチソン上院議員の話として伝えたところによると、同少佐は近くイラクへ派遣されることが決まり、動揺していたとされる。


 


フォート・フッド基地は兵士4万人を擁する国内最大の陸軍基地。オバマ大統領は事件の知らせを受け、「恐ろしい悲劇だ」との声明を発表。犠牲者らに哀悼の意を表した。





アフガニスタンやイラクに派兵している、米陸軍最大規模のフォートフッド基地で、銃の乱射事件が起きた。



容疑者の両親は中東出身。容疑者自身は米南部バージニア州出身で、米国籍を持ち独身。

首都ワシントンにある米陸軍病院から最近、フォートフッド基地に異動、基地の医療施設で精神科医として兵士のカウンセリングなどにあたっていた。

また、最近イラクかアフガンへの従軍を命じられ、不満を抱いていたという。

イスラム教徒で、仲間の米兵にいやがらせを受けていたとの証言や、イラクやアフガンでの戦争に批判的で、弁護士を雇って派遣命令に抵抗していたとの情報もある。



色々な事情があるだろうが、射殺された兵士はもちろん、この容疑者自身も戦争の被害者ではないのだろうか。

世界一好戦的な国アメリカでこういう事件が起きるのは、ある意味必然かもしれない。

戦争は人の心を狂わせ、破壊するものだ。

戦争のない、軍隊のいらない世の中が来て欲しいのだが。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示