ご無沙汰しました。

【哀】 この所何かと忙しく、久々の更新になってしまった。

世間はシルバーウィークとかいう変てこな名前の連休に突入しているようだが、当方にはまったく無関係でずっと仕事だ。

ハッピーマンデーというのは、祝日の意味をなくしてしまうようで、イマイチ好きになれない。



と、いうことで、最近気になったニュースについて。



【喜】 総選挙から2週間あまりを経て、ようやく鳩山内閣が誕生。

閣僚の顔ぶれを見ると、何かやってくれそうで期待が持てそうだ。

中でも、死刑廃止議連のメンバーである、千葉法相の就任は朗報だ。

亀井金融・郵政改革相や福島消費者・少子化担当相も死刑反対派だし、死刑の執行が慎重になることは確実だろう。




千葉法相 死刑廃止議連のメンバー 「執行慎重に」と言明

9月17日1時8分配信 毎日新聞

千葉景子法相は首相官邸での就任会見で、死刑廃止議員連盟のメンバーであることを明らかにしたうえで、死刑執行について「職責を踏まえて慎重に判断した い」との考えを示した。「(死刑制度は)存廃に議論があり、裁判員制度の導入で死刑にもたいへん深い関心が出ている。広い国民的議論を踏まえていく道を見 いだしていきたい」と述べた。また法相の検事総長への指揮権の発動については「国民の視点に立って、検察の暴走をチェックする点から対処していく」と述べ た。【石川淳一】



アメリカがMDシステムの東欧配備見直しを発表し、ロシアもこれを歓迎。

またイタリアのベルルスコーニ首相が、アフガンからの撤退を示唆した。

ブッシュ・ブレアそして小泉の誤りが、少しずつかもしれないが正されようとしているようだ。

鳩山政権も、無駄なMDシステムや無理な「アフガン貢献」からは早急に手を引くべきだろう。



ミサイル防衛の東欧配備見直し=米、対イランでロシア協力狙う-オバマ大統領

9月18日0時37分配信 
時事通信



 【ワシントン時事】オバマ米大統領は17日、イランの長距離弾道ミサイル攻撃から欧州を防衛するためにブッシュ前政権が打ち出した東欧へのミサイル防衛 (MD)配備計画を見直し、短・中距離のミサイルの脅威に対処する、新たな防衛体制を構築すると発表した。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と地上型に改 良した同ミサイルによる迎撃などを念頭に置いている。

オバマ大統領は「イランのミサイルの脅威は長距離より、短・中距離ミサイルの方が高い」と計画の見直しの必要性を指摘。技術革新により、経済的にも効果的に防衛できると強調した。

MD配備計画に対しては、ロシアが自国に脅威を与えると強く反対。東欧に配備されることにも不快感を示していた。米国は譲歩することで、イランの核問題をめぐって、ロシアの協力を得やすくする狙いがあるとみられる。



<伊首相>アフガン撤退を示唆 爆破攻撃で6人死亡受け

9月19日20時6分配信 毎日新聞



 【ローマ藤原章生】アフガニスタンの首都カブールで17日に起きた爆破攻撃でイタリアのパラシュート部隊6人が死亡、4人が負傷したのを受け、ベルルス コーニ首相はこのほど、「早期撤退が最良の選択だ」と述べた。イタリアは約2800人を派兵しているが、今回の犠牲でアフガンでの死者は計20人に達し た。米国の増派要請に積極的だったイタリアだが、今後、撤退論に傾きそうな情勢だ。



イタリアの国営放送によると、首相は17日、撤退を語る一方、「国際問題であり他国との合意をすぐに覆せない」と即断を避けた。



即時撤退は無理でも「クリスマスまでの撤退を望む」と言う与党最右派、北部同盟書記長のボッシ改革担当相らの声が支持され始めている。ただし、対米関係を重んじるフラティニ外相は残留を主張しており、閣内でも議論が割れそうだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示