「全治3年」に根拠なし。

【怒】 7月失業率、過去最悪の5.7%=求人倍率0.42倍で最低更新

8月28日9時0分配信 
時事通信


 

 総務省が28日発表した労働力調査によると、7月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント悪化し、過去最悪の5.7%となった。失業率の上昇 は6カ月連続。一方、厚生労働省が同日発表した7月の有効求人倍率(同)は、前月を0.01ポイント下回る0.42倍で、3カ月連続で過去最低を更新し た。失業率はこれまで、「ITバブル」崩壊後の2002年6、8月、03年4月の5.5%が最も高かった。

今回の景気悪化局面で失業率は半年間に1.6ポイント上昇し、急激な悪化ぶりが際立つ。来年にかけ一層上昇するとの見方が強く、6%台に乗る可能性もある。衆院選後の次期政権にとって雇用問題は最重要課題の一つになる。

失業率を性別にみると、男性は前月比0.4ポイント上昇して6.1%と初の6%台になった。女性は5.1%で0.1ポイントアップした。

完全失業者数は、前年同月比103万人増の359万人で、増加幅が初めて100万人を超えた。このうち、倒産や人員整理、雇用契約満了など「非自発的な理由」による失業者は、過去最大の163万人だった。



今日もラジオから、「日本経済、全治3年」という、麻生総理のダミ声が流れてくる。

1年間がんばってきたから、あと2年やらせろというのだが、1年間の成果が「失業率過去最悪、求人倍率過去最低」では、どうしようもない。

先ごろ、景気は底打ちなどという全く実感のない発表があったが、雇用の回復なしに、本当に景気が回復したとは言えない。

自公政権が続く限り、景気回復は期待できない。

麻生政権の下であと2年で景気を回復させることは、麻生総理の漢字の読み間違いをなくすことより難しいだろう。



投票日には、性懲りもなく「全治3年」を繰り返す麻生総理に、積もり積もった国民の怒りをぶつけたいものだ。



それにしても民主党のラジオCMは、時間のお知らせで笑える。

毎定時に、鳩山代表が政権交代を訴えた後、「○時です。」と教えてくれるのだ。

結構印象に残って、良い作戦だと思う。



とにかく、あと2日。

ゆるむことなく、結果を出して欲しい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示