明日はいよいよ都議選。

【楽】 自民「政権実績」アピール=民主「首相への不信任を」-都議選、各党最後の訴え

7月11日16時54分配信 時事通信




 東京都議選最終日の11日午後、与野党各党の党首らは各地で「最後の訴え」を行った。

自民党の細田博之幹事長はJR金町駅前で街頭演説し、「これは国政選挙ではない」と強調。さらに「政権の実績があり、われわれ責任を持った自民党が都政をさらに発展させなければならない」と支持を求めた。

民主党の鳩山由紀夫代表はJR蒲田駅前で演説し、「都政を変えよう。その勢いで日本を変えよう」と呼び掛け、「事実上、麻生太郎首相に対する不信任案というものを、みなさんの都議選の1票で投じることができる」と訴えた。

公明党の太田昭宏代表は「超重点区」と位置付ける世田谷や目黒を遊説。京王線千歳烏山駅前では「一番働いているのは公明党であることは間違いない」と声を張り上げた。

共産党の志位和夫委員長は文京区で「共産党を伸ばしてこそ、暮らしを守る一番の力になる」と強調。東京生活者ネットワークの山口文江代表は練馬区で「都 議会を生活の課題を拾い上げ、解決する場に変えなければならない」と主張、社民党の福島瑞穂党首は大田区で「自民党では駄目、民主党では危ない。だから社 民党だ」と声をからした。




明日はいよいよ、楽しみな都議選だ。

以前も書いたが、この都議選には国政への影響と、石原都政の信任という二つの意味がある。

自民党の細田幹事長は、国政への影響を否定する一方で、「都政をさらに発展さなければならない」と言って、石原都政支持を表明した。

石原都知事も自民党の応援演説を行ない、「東京のためだけではない、日本のためだ」と言って、有権者に自民支持を訴えた。



確かに都知事の言うとおり、石原都政にノーを突きつけることが、ひいては日本のためになる。

明日はぜひとも自公を過半数割れに追い込み、解散総選挙、そして政権交代へと繋げたいものだ。



先週日曜日、自民候補の応援演説をする石原都知事。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示