民主党は、橋下知事など無視しろ。

【怒】  橋下知事に分権アピール=衆院選の支援期待-民主

7月8日18時50分配信 
時事通信


 

 民主党は8日午後、大阪府の橋下徹知事を党本部に招き、地方分権に関する意見交換会を開いた。橋下氏は地方分権など各党の公約を分析し、衆院選での支援 政党を打ち出す考えを示している。このため、民主党としても橋下氏に直接、政策をアピールしようとの思惑があったようだ。

民主党からは原口一博「次の内閣」総務担当らが出席。橋下氏が「地方は国の奴隷。解放する条件は奴隷に公民権を与えることだ」と述べ、国の政策などの取捨選択権限を自治体に制度上付与するよう主張すると、原口氏は「検討してみたい」と応じた。

ただ、原口氏が「改革派の首長と税制改正プログラムを一緒に作っていきたい」と秋波を送ったが、橋下氏は「『はい』と言うと、えらいことになるので…」と言及を避けた。

民主党の鳩山由紀夫代表は「橋下氏の考えは非常に民主党に近い。何らかの形で連携していきたい」と記者団に述べた。




民主党が、橋下府知事に接近している。

知事の人気にあやかろうとしているのだろうが、まったく納得できない。



民主党のスローガンは「政権交代。国民の生活が第一。」だが、橋下知事はどうだろうか。



福祉や教育を切り捨てて財界に奉仕する橋下知事の姿勢は、弱肉強食の小泉改革と同類であり、「友愛」を唱える鳩山民主党とはまったく相容れないものではないのだろうか。

知事は強力に地方分権を主張しているが、これも今の知事の姿勢から考えると、とても府民の生活のためのものとは思えない。



国民の多くはもう自民党には愛想をつかしており、政権交代を望んでいる。

橋下知事がどの政党支持を表明しようと、この流れは変えようなどない。

逆に民主党が橋下知事の顔色を伺うようでは、国民は民主党に対して不安を持つだろう。

完全に逆効果だ。



「国民的人気」など、マスコミが作り上げた幻想だ。

あれほど「国民的人気」があると言われた、安部元総理や麻生総理の現在のミジメな姿を見れば、そんなことは一目瞭然だろう。



民主党は橋下知事など無視して、「国民の生活が第一。」を貫かなければならない。



上の趣旨の意見を、民主党にメールした。

民主党は、橋下知事に振り回されるなと思われる方は、ぜひどうぞ。

http://www.dpj.or.jp/header/form/index.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示