イギリスでイラク戦争調査委員会。

【喜】 <英国>イラク戦争への参戦経緯解明へ 調査委員会を設置

6月16日10時46分配信 毎日新聞


 【ロンドン笠原敏彦】ブラウン英首相は15日、米主導のイラク戦争(03年3月開戦)への参戦経緯などを解明する独立調査委員会の設置を発表した。イラ ク戦争批判とともに、参戦経緯を求める声は以前から強く、首相は、英軍戦闘部隊の5月のイラク撤退を受けて調査開始を決めた。最終報告まで1年以上かかる 見通し。



ブラウン首相は議会で、「複雑で論争が多い過去6年間の出来事から教訓を学ぶため、適切なプロセスを始めるときだ」と述べた。調査対象は01年7月から 09年7月までに起きたイラク戦争にかかわる出来事で、「国家安全保障上の懸念」から聴聞会は非公開で行う。委員会は、元外交官や歴史家らで構成する。



野党側は、聴聞会が非公開になることを批判。最終報告が来年6月までに実施される次期総選挙の後になることから、「責任逃れ」との批判もある。



ブレア前首相は、ブッシュ前米大統領を支持してイラク参戦を決定。英軍4万5000人を投入した。しかし、開戦の根拠とした大量破壊兵器は見つからず、イラク戦争批判の高まりは、ブレア首相を07年の辞任に追い込む一因ともなった。




やや遅きに失した感もあるし野党からの批判もあるが、それでもイラク戦争を調査しようというブラウン首相の決定には、非常に大きな意義があると思う。



振り返って日本はどうなのか。

事の重大性をまったく考慮することなく、即座にイラク戦争支持を表明した小泉元総理の責任は、今でも消えたわけではないだろう。

日本でもぜひ調査委員会を立ち上げて、当時の問題点を追求してもらいたい。

イギリスの
委員会は、元外交官や歴史家らで構成するのだから、日本でもそうすればいいのではないか。

その際絶対欠かせないのが、イラク戦争に反対して外交官を辞めた天木直人氏だろう。

世界をメチャメチャにしたブッシュの尻馬に乗って、日本をメチャメチャにした小泉の罪を暴いて欲しいものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示