村上氏はエルサレム賞を返上して、ノーベル平和賞を目指せ!!

【怒】 ガザ地区空爆 停戦継続に懸念

3月5日 20時59分



パレスチナのガザ地区では、イスラエルへの攻撃を続ける武装勢力に対し、イスラエル軍が空爆して3人が死亡しました。ガザ地区の復興には、各国が巨額の支援を表明したばかりですが、停戦の継続が危ぶまれています。


イスラエル軍は、アメリカのクリントン国務長官の中東歴訪が終わった4日夜から5日朝にかけて、ガザ地区の数か所を空爆し、パレスチナの病院関係者によりますと、3人が死亡しました。死亡したのは、いずれもガザ地区で活動する武装勢力「イスラム聖戦」のメンバーとみられ、イスラエル軍は、3人が、イスラエルへのロケット弾攻撃や、パトロール中の兵士への攻撃に関与していたと主張しています。「イスラム聖戦」は、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスよりもイスラエルに対して強硬なグループで、今回の空爆に対する報復を宣言しました。ガザ地区では、イスラエルとハマスの双方がことし1月に一方的に停戦を表明して3週間にわたる大規模な戦闘が終結しましたが、その後も散発的にロケット弾攻撃や空爆が続いています。今月2日にはエジプトでガザ地区の復興支援についての国際会議が開かれ、各国が4300億円もの支援を表明したばかりですが、復興の前提となる停戦の継続が危ぶまれています。



イスラエル、ハマスの双方が、一方的に表明した停戦が、危機に瀕している。

ニュースでは対等に扱われがちな両者だが、イスラエルの圧倒的な軍事力によって、パレスチナの被害はイスラエルの100倍に及んでいる。



ここで思い起こされるのが、先日エルサレム賞を受賞した、村上春樹氏のスピーチだ。

体制を壁に、個人を卵に例えて、「高い壁に挟まれ、壁にぶつかって壊れる卵」を思い浮かべた時、「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」と強調した。

しかし、賞を受け取る事自体が、イスラエルの行動を肯定することになるという批判もあった。



そこで提案だが、今度イスラエルがガザに対して大規模な攻撃を加えた時には、村上氏にはぜひエルサレム賞を返上して頂きたい。

そうすれば、スピーチよりも更に大きなインパクトとなって、虐殺否定のメッセージとなることだろう。

もしかしたら、ノーベル文学賞ではなく、ノーベル平和賞を受賞できるかも知れない。



菊池寛賞を一旦受賞したが後に返上した、ジャーナリスト本多勝一氏の前例もある。

村上氏の英断を祈る。



それにしても酷いのが、連日の西松建設問題の報道だ。

報道内容を考える上では、「きっこのブログ」と「毒蛇山荘日記」の記述が参考になると思う。

この報道によって政治不信が煽られ、国民の選挙離れが起きようとしている。

投票率が下がれば有利になるのが、与党である事は明らかだ。

有権者は報道に惑わされず、来たる衆院選には必ず投票に行って欲しいと思う。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示