石破農水省、地元で吼える!?

【怒】 首相は解散権行使を 石破氏、早期選挙求める

2009年03月02日



 「石破しげると平成二十一年を語る集い」が一日、鳥取県内二会場であり、石破茂農相は次期衆院選について「解散権を行使せず総選挙となるのは決していいことではない」とし、麻生太郎首相が九月の任期満了を待たず、解散権を行使するべきとの考えを強調した。時期については「早ければ早いほうがいい」と述べ、争点を明確にした上で臨みたいとした。











解散権を行使した上での早期総選挙を主張する石破農相=1日、鳥取市今町2丁目のホテルニューオータニ鳥取

 石破農相は会合後の囲み取材で、七月の東京都議選を解散判断のポイントに挙げ「その前か後かは総理が決断されるべきことだ」と語った。


 あいさつでは党内で“麻生降ろし”の動きが表面化していることに言及し、「五カ月前に(麻生首相を)選んだのは誰か。身内が石を投げるべきではない」とけん制。次期総選挙には争点を鮮明にした上で「最もよい時期に、麻生首相のもとで解散総選挙をするのが望ましい」とした。


 一方、三月から新たに張り出すポスターの相手を麻生首相ではなく、舛添要一厚労相とした理由については「閣僚にまでなって、内閣総理大臣の応援を仰がねばならんということであってはならない」と説明した。


 会合は後援会が主催し、東部会場(鳥取市)には約千五百人、中部会場(倉吉市)には約五百人が参加。東中部会場には田村耕太郎参院議員、中部会場には赤沢亮正衆院議員も出席した。



先日のテレビで衆院の早期解散を主張した石破農水省が、きのう地元の鳥取で、重ねて麻生総理のもとでの早期解散を訴えた。

それに対して麻生総理は、解散時期は「わたしが決める」と述べた。



解散時期「わたしが決める」と麻生首相=農水相発言、官房長官は苦言

3月2日11時55分配信 時事通信










 麻生太郎首相は2日昼、石破茂農水相がテレビ番組で「早く民意を問うべきだ」と早期の衆院解散に言及したことについて「目先、景気対策に全力を挙げている状況だ。(解散の時期は)最終的にはわたしが決める」と述べた。

 一方、河村建夫官房長官はこれに先立つ記者会見で、「解散権は首相の大権であるという意識を閣僚は持つべきだ」と述べ、農水相に苦言を呈した。 




総理は何が言いたいのだろうか。

結局、解散するすると言いながら、任期ギリギリまで解散せずに粘るつもりなのだろうか。

日本にいると批判ばかりされるからだろうか、さかんに外交で点数を稼ごうとしている総理だが、民意の裏付けの無い総理がいくらおいしい話を連発しても、相手には空手形であることを見透かされている。

一刻も早く解散して民意を反映した政権を作らなければ、国際的にも信用を失い、日本を更なる窮地に追い込むことになる。

早く辞めろ!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示