橋下は、幼稚でワガママなウソツキ。

【怒】 8日に大阪で買った「橋下『大阪改革』の正体」を、やっと読み終えた。

この本を買った時には、映画評論家の町山氏に影響されて読み始めた、ミルトンの「失楽園」にてこずっていたのだが、そちらの方はしばらく中断して橋下本のほうに取り掛かった。



それにしても橋下というのは、トンデモナイ男だ。

他人に厳しく自分に甘い、幼稚でワガママなウソツキで、二言目には「選挙で当選した府民の代表」と言って自分に対する批判を封じる。

具体的には本を読んで頂くとして、その中から橋下知事とメディアの関係についての指摘を紹介する。



「橋下知事には、庶民の目線というものがまったく感じられない。国際児童文学館での盗み撮りは、卑劣な知事の本質そのものではないか。教育委員会への介入も含めて、やることなすこと、知事としてはもちろん、弁護士として、第一義的に遵守しなければならない憲法違反行為ばかりで、まるで独裁者のようだ。

 メディアの使命は、在野の批判精神がすべてだ。そのことを抜きにして、メディアの存在価値はない。

(中略)

橋下知事は、これまでの知事と違って、メディアをよく知っている。今日の財政危機をつくり出した関西財界がその橋下知事を操り、その橋下知事が今度は、熟知したメディアを手のひらに乗せ、躍らせることで財界の方針を実行している、というのが今の構図だ。

 メディアは、『絵になる』『字になる』と、橋下知事のパフォーマンスに踊らされ、おもしろおかしいだけのポピュリズム報道に成り下がっている。大阪府は解消する、すべては関西州をつくることが目的だ、みんなここは我慢してくれと、ことあるごとに発信しているとおり、彼には破壊だけしかない。

 そんな知事を翼賛報道で支えている限り、府民もまた、危険な方向に向かわされているということになる。」



ヒットラーも選挙で選ばれた。

選挙で勝ったことで、何でも好き勝手ができると思っている橋下知事も、非常に危険な人間だ。

テレビのバカ騒ぎに騙されていては、大変なことになることを、自覚しなければならない。


スポンサーサイト

コメント

No title

そんな偏った本信用する馬鹿がいるとは。

橋下知事の意見に耳を傾けたら正論ばっかりやないの。
間違ってると思うところに意見言ったらいい。
それだけの話。

生理的に嫌やから何か攻撃する材料があったら何でも欲しい。みたいな姿勢はあかんよ。自分の頭でちゃんと彼の発言の一つ一つが正しいのかどうか考えなきゃ。

No title

偏っているのは橋下知事を持ち上げるマスコミのほうだと思います。
小泉政権の時もそうでしたがマスコミを鵜呑みにして支持していた人が大勢いましたからね。
取り返しのつかないような状況になって、自分に火の粉が飛んできたとき騒ぎだしても遅いですよね。
橋下知事のやっていることは冷静になってみれば何もかも弱者いじめの財界ひいきです。
大阪の人たちが一刻もはやく目を覚ますといいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示