大学も投資で損失。

【怒】 18私大、有価証券含み損688億円…読売新聞調べ

12月21日3時6分配信 
読売新聞











 駒沢大など金融取引で多額の損失を出す私立大が相次いでいるが、全国の主な私大18大学が今年3月の決算時に有価証券の含み損を抱えており、その合計額は計688億円に上ることが読売新聞の調べでわかった。



 株価は今年9月中旬の米証券大手「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻(はたん)を引き金に急落しており、多くの大学で含み損はいっそう膨らんでいるとみられる。



 デリバティブ(金融派生商品)取引で154億円の損失を出した駒大では、清算のために東京・世田谷のキャンパスやグラウンドを担保に入れ、金融機関から110億円の融資を受けた。リスクの高い取引で巨額の損失を被った責任を問われ、宮本延雄理事長が18日に開かれた理事会で解任された。南山大などを運営する南山学園と愛知大もそれぞれ34億円、28億円の損失を確定させている。



 読売新聞が取材した全国の32大学のうち、日大や帝京大を除く23大学が有価証券の含み損益を回答したが、このうち18大学は08年3月期に含み損を抱えていた。06年3月期の含み損益を明らかにしなかった駒大以外の17大学で比べると、5大学が含み益から含み損に転落し、10大学が含み損を拡大させている。



 約69億円の含み益から一転して、約225億円の含み損になった慶応大。収入を安定させる目的で株や投資信託、仕組み債などに分散投資しているといい、有価証券の取得額も1250億円と、23大学中で最も多い。広報室では「市場環境の変化で含み損が膨らんだ。長期保有が原則なので、現実の損失にはなっていない」と説明している。


全文はこちら



私立大学が金融取引で巨額の損失を出している。

その中でも、さすが「貯蓄から投資へ」「投資減税」を主張している竹中センセイのいる慶応大学は、積極的な投資を展開しているようだ。

その結果は、惨憺たるもののようだが。

慶応大学は、投資を薦めた竹中センセイに対策を聞いてみたら如何なものだろうか。

所詮、特効薬などないのだろうが。



あれほど投資を薦めた竹中センセイが、何の責任も取らないで良いものだろうか。

慶応大学は、即刻竹中をクビにすべきだろう。

学生にとっても、彼から学ぶことは何もないはずだ。

ウソばかり教えているのだから。

それとも、口先三寸で要領よく世の中を渡っていく方法を教えているのだろうか。

しかし、世の中はそう甘くないだろう。



竹中の化けの皮は剥がれた。

サッサと退場しなければならない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示