拷問を肯定するチェイニー。

【怒】 チェイニー米副大統領、「グアンタナモ収容施設は存続すべき」 米テレビ



【12月16日 AFP】米国のディック・チェイニー副大統領は15日、キューバのグアンタナモ米海軍基地内にあるテロ容疑者収容施設は無期限に存続させるべきだとの見解を明らかにした。米ABCテレビとのインタビューで語ったもので、同施設で物議を醸している過酷な尋問手法についても肯定した。



 収容施設の閉鎖が取りざたされていることについて質問されたチェイニー氏は、「閉鎖は『テロとの戦い』が終結後に行うべきだ」との考えを示したが、具体的な時期については、「誰にもわからないし、特定することは不可能だ」と述べ、ほぼ無期限の存続を示唆した。



 また、「過去の戦争では、米国は戦争が終結するまで敵兵を捕虜として拘束する権利を行使してきた」と述べ、「第二次世界大戦でも数千、数十万のドイツ兵を捕虜とした。敵を拘束する権利を保持するとの原則は(「テロとの戦い」でも)変わらない」と、グアンタナモ主要施設を正当化した。



 9.11米同時多発テロ事件の主犯格の1人とされ、パキスタンで身柄を拘束されグアンタナモの収容施設に移送されたハリド・シェイク・モハメド
被告については、容疑者を徐々に水中に沈める水責めと呼ばれる手法で尋問が行われたとされるが、これについてもチェイニー氏は、強圧的な尋問が自白を引き出したと肯定する見方を示した。



 チェイニー氏はグアンタナモでの過酷な尋問手法について「承知していた」と述べ、厳しい手法での尋問が行えるよう後押ししたことを認めた。「当該機関が希望する尋問手法とその理由をわたしに提示してきたので、わたしはその手法を支持した」



 尋問方法が行きすぎたと考えることはないかとの質問にも、チェイニー氏は「そうは思わない」と否定した。



先般イラクを訪れたブッシュ大統領が記者に靴を投げつけられたことからも分かるように、イラク戦争は完全な失敗に終わった。

(チェイニーはガッポリ儲けたかもしれないが。)

そしてオバマ次期大統領は、イラクからの撤退を明言している。



そこで問題は、多数の捕虜を無法に拘束しているグアンタナモ基地だ。

そもそも「テロとの戦い」は国家間の戦争ではないので、アメリカが拘束している人たちを戦争の「捕虜」ということにも無理があるし、グアンタナモでの扱いは「捕虜」だとしても非人道的で許されないものだ。



しかし任期わずかとなったチェイニー副大統領は、完全に開き直ったのか、グアンタナモ収容施設の無期限存続だけでなく拷問まで肯定した。

ブッシュはバカだったが、チェイニーは本当にあくどい奴だ。



オバマ次期大統領には、イラク撤退と共に、ぜひグアンタナモ収容施設を閉鎖し、罪もない「捕虜」たちを解放して欲しい。

そうでなければ、ブッシュ政権がぶっ壊したアメリカの威信を回復することは、永遠に不可能だろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示