ブッシュが犬なら小泉は?

【楽】【怒】 <米大統領>靴投げられる…イラク記者に「犬」呼ばわりされ

12月15日10時32分配信 
毎日新聞



 【カイロ高橋宗男】ブッシュ米大統領は14日、バグダッドを電撃訪問し、イラクのマリキ首相らと会談した。首相との共同記者会見で、イラクのテレビ局の 男性記者が「犬め」と叫びながら履いていた左右の靴を大統領に投げつけた。大統領はよけて無事。地元メディアは「英雄的行為」などと伝えており、ブッシュ 大統領への根深い反感を示している。



男性記者は大統領から6メートルほど離れた席に座っていたが、突然、「これはイラク人からの別れのキスだ。犬め」とアラビア語で叫び、靴を投げつけた。記者は警備員に取り押さえられ、連行された。



イラクで犬はさげすまれている動物の一つ。一般的にイスラム教徒の間では靴を投げつけたり犬呼ばわりすることは、最大級の侮辱にあたる。



ブッシュ大統領は靴を二つとも巧みによけ、「事実を得たいなら(投げられた靴の)サイズは10だ」と冗談を飛ばす余裕を見せた。傍らのマリキ首相はこわばった表情で「あなたはイラクを長期にわたって支持し続けてくれた」ととりなした。



イラクからの情報によると、この記者は独立系テレビ、バグダディヤのムンタダール・ザイディ記者(29)。同記者は昨年11月に何者かに誘拐され、3日間拘束されている。靴を投げた動機は分かっていない。



国営テレビ・イラキヤや有力政党系列のテレビは「事件」を報じていないが、ほかのテレビ局は多くの国民の心情を代弁した「英雄的行為」と伝えている。バグダディヤは事件後に拘束されたザイディ記者の釈放を求めている。



ブッシュ大統領は今回の訪問で、両国が締結した地位協定や治安改善などの成果を強調したい意向だった。大統領のイラク訪問は03年3月開戦のイラク戦争後、4度目で、任期中最後とみられる。




ブッシュがイラクで、記者会見中にに靴を投げつけられた。

カナダde日本語さんで、動画を見ることもできる。



これこそが、アメリカを中心とする有志連合に対する、イラク国民の偽らざる心情だろう。

イラク国民は、ブッシュのイラク侵攻に、一瞬の躊躇もなく脊髄反射的に支持を表明した小泉元総理にも、靴をぶつけたいと思っているのではないだろうか。

日本のイラク侵攻支持、イラク復興支援が、イラクのためではなく、アメリカに恭順を示すためだったことは、イラク国民はお見通しだろう。



それにしても、小泉元総理はブッシュのポチと言われていた訳だが、飼い主のブッシュの方も犬だったとすれば、小泉の方は犬ではなくて、、、犬に寄生する蚤といったところだろうか。

恥ずかしいことだ。


スポンサーサイト

コメント

No title

記事のリンクありがとうございます♪

>それにしても、小泉元総理はブッシュのポチと言われていた訳だが、飼い主のブッシュの方も犬だったとすれば、小泉の方は犬ではなくて、、、犬に寄生する蚤といったところだろうか。
恥ずかしいことだ。

蚤には、大笑いしてしまいました。でも、それも蚤に失礼かも(爆)。

No title

あの靴攻撃はまさにイラク人の気持ちを代弁するものである。世界中から賞賛の声があがっている。それほどブッシュは憎まれ嫌われているわけだ。あの馬鹿のけつなめこいずみも靴攻撃されたらいい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示