だまされることの責任

【怒】 今日も朝から不愉快な気分になった。

朝刊に「竹中式マトリックス勉強法」などという竹中の本のクソ広告が出ており、竹中のニヤケタ顔を見てしまったからだ。

あの顔を見るだけでも腹立たしいのに、その本が結構売れているらしいから、ますます腹が立つ。

誰が竹中の本なんか、有難がって買うのだろうか?



竹中・小泉の「官から民へ」「規制緩和」「小さな政府」の新自由主義、弱肉強食の競争万能政策で、日本社会はズタズタに引き裂かれてしまった。

そこまで社会を破壊しておいて、その競争に勝ち抜くために、更に勉強しろ、そのために自分の本を買えと言うのだから、竹中という奴はどこまで貪欲な男なのだろうか。



しかし、郵政民営化に騙されて自民党に300議席を与えてしまい、現在の格差社会を作ってしまいながら、再びその首謀者の竹中に騙されようとしているとは、騙される方もあまりにも学習能力がないのではないのだろうか。



今、「だまされることの責任」佐高信×魚住昭(角川文庫)を読んでいる。

その中の一節。



敗戦直後に、日本人のほとんどが「だまされて」戦争に突入したと言い、自分の責任を溶解させようと思っていたころ、伊丹(万作)は「だまされたものは正しいとは、古来いかなる辞書にも決して書いてはない」と断定し、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」と主張した。

そして、「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう、と喝破したのである。

残念ながら、その後の日本は伊丹のこの指摘通りになった。




確かに竹中を使い続けるマスコミ、出版社も問題だが、それにいつまでもだまされ続けるならば、騙される方にも問題ありと言わざるを得ないだろう。


スポンサーサイト

コメント

No title

残念ですが創価がバックップしているので消えません。しかし、だからといってボケボケしていては駄目です。やつは創価の雑誌に必ず登場しています。
自公政権を潰せば奴は消えるでしょう。そのXデー
(麻生政権崩壊)はもう少しです。支持率も危険水域に入っています。負けずに頑張って下さい。その時は連中を倒す為投票場へ行きましょう。

No title

この記事を見て,全く同感です。ついでに思い出したのが次のような西洋のことわざです。

『あなたが相手から騙されたら、騙した相手が悪い。しかし再度また騙されたら,それは醒されたあなたが悪い』と。

国民もやっと気がついてきました。小泉・竹中改革路線で、日本がズタズタにされたこと、「郵政民営化選挙」で彼等の巧妙なレトリックにまんまと乗せられて2/3の議席を与えてしまったことも。

今度騙されたら二度騙されることになります。西洋流に云えば我々はバカだったということでしょうか? 剣呑! 剣呑!

おおっ,これは.

 トラバありがとうございます.
 すでに2008年の段階で,こういう記事を出されていたんですね.今まさに日本国民の「だまされ易さ」が問題です.日本の民主主義?が抱える最大の問題かもしれません.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示