強欲なCEOたち。

【怒】 今日の毎日新聞のコラム「発信箱」で、アメリカの経営者について述べられている。

経営危機に際して、年俸を1ドルにカットしたCEOについてだ。

しかし年俸のカットは、決して彼らの本意ではない。



「彼らに共通するのは、こうなったのが、金融危機とか経営環境のせいだと訴えている点だ。

被害者顔で、反省の色ナシ。これまで得た何百億円という財を、進んで返上したトップは米国では見当たらない。」

全文はこちら



このコラムを読んで頭に浮かんだのが、明治の銀行家・松本重太郎を描いた、城山三郎の「気張る男」(文春文庫)だ。

松本は、自らの創立した第百三十銀行が経営危機に陥った時、それを助けようとした安田善次郎に個人資産について、「それは、みな出しなさるか」と問われ、「悉皆(しっかい)出します」と答える。

松本はその言葉どおり、広大な家屋敷をはじめ、そこにあるめぼしい家財類だけでなく、妻と養子の名義になっている物件のすべてを潔く引き渡し、小さな借家に移り住んだ。



なんでもアメリカの真似をしたがる日本だが、こんな強欲なCEOの真似ではなく、松本重太郎のような、立派な先人を見習ってもらいたいものだ。



そしてアメリカの意向を最も反映したのが、小泉・竹中の新自由主義政策だった。

彼らは国民の生活をメチャクチャにしておいて、後は野となれ山となれと、サッサと逃げ出してしまった上に、竹中はいまだに性懲りもなく競争を唱えている。

昨日のラジオ番組では、東大の民営化を主張していた。

競争によって大学のレベルを上げるのだそうだ。なんとかの一つ覚えでしかない。



また、今日の新聞に月刊「潮」の広告が載っていたが、その目次に竹中と茂木健一郎氏の対談が出ていた。

どんな話なのかは知らないが、茂木氏も竹中なんかと対談すると、脳がおかしくなるからやめた方がいいですよ。



竹中、早く消えろ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示