公安警察の手口。

【怒】 多くのブログが取り上げているように、麻生邸宅を見に行こうとしていたツアーのメンバー3名が、警察に逮捕された。

まったくひどい話だが、公安ならやりかねないなと思った。

というのも、ついこの前、鈴木邦男さんの
「公安警察の手口」(ちくま新書)を読んでいたからだ。





で、公開されている動画を見てみると、20秒あたりで帽子をかぶった男がボードを掲げてしゃべっている人の体に触れてきている。

それに対してしゃべっていた人がその帽子の男の肩に手を掛けて押し返すようにしたところで、「よし、よし、やるぞ」というような声がして、その声を合図に警官が寄ってたかって彼を押さえつけてしまった。

「公妨だ、公妨だ。」と叫んでいる男と、はじめにボードの人に触れた男が私服の公安のようだ。



見ず知らずの人間に体を触れられれば、はねのけようとするのは当然の行為だが、公安はそれを公務執行妨害とこじつけて、目標の人間を逮捕するのだ。

それが「公安警察の手口」なのだ。









また、警察官と事前打合せをしている動画にも、18秒頃から、あの「公妨だ」と叫んだ男が後ろの方にちらちら見え隠れしている。

はじめから捕まえてやろうと狙っていたようだ。









こんな公安の横暴がまかり通っているようでは、日本はとても民主国家とは言えない。

しかし今回のように、逮捕の一部始終がネットで流されるというようなことは、公安も想定外だったかもしれない。

警察とマスコミ報道の嘘は、暴かれた。

逮捕された3人は、一刻も早く解放されなければならない。


スポンサーサイト

コメント

No title

Autre que cela, avec leur modèle culturel que vous simplement pouvez la connaissance pratique même dans les ressources et résidences ce qui peut approvisionnez vous.
http://www.testifyer.com

No title

公安警察のやり口は転がり公妨といわれ鈴木宗男さんや河村たかしさんなど国会で質問されています。

また洞爺湖サミットにおいて公安警察の不当弾圧を記事にしようとしていたロイター通信記者を転がり公防で不当逮捕するシーンが動画で記録され公安警察のデタラメ極まりない異常な弾圧風景が流れました。

これがインターネット監視法制定を策動した権力のあせりなのです。

しかしアメリカ愛国者法がありながらアメリカ民衆は様々な運動をやりきっており日本の民衆も不当な権力の悪辣さを逆にチャンスにして権力を悪者にしながら運動の前進を進めていますので逆に公安警察は散々悪行を重ねて頂きたいものです。
彼ら公安警察は我々にいいネタを提供して下さっている大事なお客様ですから大いに感謝感激しましょう。

当初公安警察には腹をたてていましたが今では逆に大人のオモチャのような感じでいじって遊んでいます。

発想の転換が面白くなってきますからガンガンブログに生かしてまいりましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示