小泉孝太郎をアフガンへ!!

【怒】【怒】【怒】【哀】【哀】【哀】 アフガンの男性遺体、現地の知人が伊藤さんと確認

8月27日19時52分配信 
読売新聞









 

 アフガニスタン東部で日本の民間活動団体「ペシャワール会」(福岡市)の伊藤和也さん(31)=静岡県掛川市出身=が拉致された事件で、同会の福元満治事務局長(60)は27日午後、福岡市中央区の本部事務所で記者会見し、同国東部の谷間で、銃で撃たれた伊藤さんの遺体が見つかったと発表した。



 バンコク滞在中の現地代表・中村哲医師(61)が、伊藤さんをよく知るアフガン人医師が遺体の顔を見て確認した、と伝えてきたという。



 福元事務局長によると、遺体の発見場所は、アフガン東部ブディアライ村の北3~4キロの谷間。犯人が逃走中に殺害したとみられるという。遺体はその後、同村まで運ばれ、27日午後、同会がパキスタン・ペシャワルで活動拠点にしているPMS病院のズィア・ウル・ラフマン副院長が確認した。副院長は伊藤さんをよく知る人物で、福元事務局長は「伊藤さんの死亡は間違いない」としている。




9.11を口実にしたブッシュのアフガン空爆を、何の躊躇もなく諸手を挙げて支持した小泉総理。

そのとき以来恐れていたことが現実になり、そして最悪の結末を迎えてしまった。

長年に渡ってアフガニスタンを支援し、アフガンの人々の信頼を得てきた中村医師とペシャワール会。

その努力と実績が、小泉政権とその後継政権の愚挙によって灰燼に帰してしまおうとしている。



政府のアフガン支援という名のアメリカ支援ではなく、本当のアフガン支援をやってきた伊藤さんが、政府の対米追従政策のために帰らぬ人となってしまった。



この責任の大半は、誰が何と言おうと小泉元総理にある。

このニュースを聞いて、小泉元総理は何を思っただろうか。

少しでも心の痛みとか、後ろめたさとかを感じただろうか。

とてもそんな人間だとは思えない。



ところで最近、小泉孝太郎をテレビでよく見かける。

あまりテレビを見ない私がよく見かけるんだから、相当よく出ているのだろう。

あのヘラヘラした笑いを見るとオヤジを思い出して腹が立つので、すぐチャンネルを変えてしまうのだが。

この際、小泉孝太郎には、ぜひアフガニスタンに行ってもらいたい。

アフガン支援はヤツのオヤジが言い出した事だし、息子がその意志を体現しても何の不思議もないだろう。

ぜひアフガニスタンで、現地の人たちのために力を尽くしてもらいたい。

そうすれば、テレビであの不愉快な顔を見なくても済むし。

ああ、オヤジがやろうとしたのは現地の人の支援ではなく、アメリカ支援だったか。

まあどちらでもいい。

いずれにしても、くれぐれも安全には気を付けて、頑張ってきて欲しい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示