安倍が復活とは悪い冗談。

【哀】 テンション高い安倍前総理、外相ねらって猛ハッスル中

2008年6月26日 
週刊文春


 自民党に新たな頭痛の種が生まれた。安倍晋三前首相が元気すぎて、早晩「暴走」しそうな気配なのだ。

 山崎拓元自民党副総裁を「百害あって利権あり」とこき下ろしたように、もともと「育ちがいいわりに、興奮し調子に乗ると、かなり口が悪い」(親しい同僚議員)安倍氏だが、近頃は、周囲が戸惑うほどハイテンションである。「あんな形で辞めたのだから、世間はまだ怒っている。せめて一年は謹慎した方がいい」。こういう親身な忠告にはまったく耳を貸さない。むしろ、来るべき政界再編に向けて体調復活をアピールしようとしてか、やたらハッスルしている。

 政治家の会合をはしごし、メディアへの露出も全開。

 二十二日にはラジオの深夜放送に生出演して、十代のリスナーの悩み相談に回答した。安倍氏が人生指南とはほとんどブラックユーモアだが、本人は大真面目だった。

 首相時代は官邸を「お友だち」議員で固め顰蹙を買ったが、今ではすっかり疎遠だ。「代わって別の若手議員やマスコミ関係者が接近。『福田康夫首相より安倍さんの方が人気は高い。再登板も十分ありうる』とおだてるので、本人もすっかりその気になっている」(同前)という。

 かつて「兄貴分」と慕った中川昭一元経産相より、今は「ポスト福田」最有力候補の麻生太郎元外相と連携しているのもその一例だ。

「麻生政権で外相に就任し、福田外交の軟弱路線を元に戻そうと狙っている」(政治部記者)のだそうだが、中川氏といえば、「安倍晋三前首相が掲げた『戦後レジームからの脱却』路線を継承し、定期会合を続けていく」ため、派閥横断の勉強会「真・保守政策研究会」を立ち上げた中心人物。そんな中川氏の配慮をよそに、「ポスト福田」最有力の麻生氏についたことに、党内からは、「余りにも義理を欠いている」との声も上がる。

 今月二十日、朝日新聞の某論説委員が、「前首相の一番大事な仕事は、現総理の邪魔をしないこと」という安倍氏の講演での発言を、感心したとして夕刊紙上で紹介している。

 だが、果たしてそれが前首相の「仕事」なのか。これは暗に「福田政権は気に食わないが黙っている」と言っているに等しい。山崎氏への攻撃も、福田批判を我慢しているうっぷん晴らしなのだろうか。



もうKYというよりもJC(自己中)としか言えない。

こんな奴をいつまでも国会議員にしておくのは、税金の無駄遣いでしかない。

早く辞めて欲しいものだ。

次の総選挙では、山口の皆さんにぜひ落選させて頂きたい。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント

No title

はじめまして。いつも読んでます。
安倍晋三氏、ソウウツ病で間違いないと思います。私の親類に長い間その病気にかかって者がいるのでよくわかります。
身近な人間がケアを怠らなければなんとか日常生活は行えると思いますが、政治的な判断を任せることは危険だと思います。それは安倍氏のこれまでの言動の中身とは別に一般的な意味で、です。
担当医師はわかっているはずで家族には忠告していると思うけど、本人が暴走して手を焼いているんでしょう。
いざとなったら病気の事をメディアは明らかにするべきでしょう。政治的な判断を任せることは大変危険ですから。

No title

はじめまして。私などは、安倍さんが復活されて本当に喜ばしいと思っております。日本の未来のためには、安倍さんはどうしても必要です。マスコミはこぞって安倍さんをこき下ろすことばかり書き、それに国民は踊らされてしまった感は否めません。確かに失敗もあったかもしれません。しかし、総合的に見ると、この人ほど日本のために政治を行った人はいないように思います。5年後10年度に必ず復活し、きっときちんと手腕は評価されると信じています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示