FC2ブログ

「×」 アメリカも北朝鮮と対話の方向か?アベソーリは苦しい言い訳。

「×」 米副大統領と「圧力」一致=安倍首相
2/13(火) 17:07配信 時事通信

 安倍晋三首相は13日の衆院本会議で、米国のペンス副大統領が米紙のインタビューで北朝鮮との対話に言及したことに関し、「ペンス氏とは平昌でも今後の方策につき、綿密にすり合わせを行っており、北朝鮮の完全に検証可能、不可逆的な非核化に向け圧力を最大限まで高めていくとの方針につき完全に一致している」と強調した。

 共産党の宮本徹氏への答弁。
 

ペンス副大統領が北朝鮮との対話に言及したのは、平昌でのアベソーリとの会談の後のことだから、会談の内容は上書きされたと考えるのが妥当だろう。

文句があるなら、アメリカに直接、対話をやめろと言えばいいだろう。

そんな度胸がないのはミエミエだが。

アベソーリがいくらアメリカとの一致を強調しても、アメリカは常に自分本位で、日本のことなど二の次にしか思っていない。

それが証拠に、トランプ大統領はこんなことを言っている。

報復関税、同盟国にも=日本も対象の可能性―米大統領
2/13(火) 7:25配信 時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、日本や中国などに対する貿易赤字に不満を示し、同盟国であっても「報復関税」を課す意向を表明した。

 詳細は明らかにしていないが、ホワイトハウスでの会合で「数カ月以内に分かるだろう」と語った。年間7兆円超の対米黒字を抱える日本も対象となる可能性がある。

 トランプ氏は「他国が(米国産品に)膨大な関税や税を課す一方で、われわれが(外国品から)何も徴収できていない状況は許せない」と主張。また「われわれは中国と日本、韓国など、多くの国に対して巨額の損を被った」と訴え、政策変更により「(日中韓などは)少し厳しい状況になる」と語った。

  
トランプがアメリカ・ファーストなのは仕方ないが、アベソーリがアメリカ・ファーストでは、国民は報われない。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示