FC2ブログ

でんでんの私利私欲解散に「×」。

「×」 衆院選、来月22日軸=安倍首相、山口公明代表と協議
9/18(月) 14:29配信 時事通信

 安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸で、公明党の山口那津男代表と会い、衆院解散・総選挙をめぐり協議した。

 首相は、28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散し、「10月10日公示―同22日投開票」を軸に、衆院選に踏み切る意向を伝達。山口氏は了承した。これを受け、自公両党は、幹部が集まり選挙準備に入る。

 山口氏と会った後、首相は自民党の二階俊博幹事長と会談した。早期解散を検討しているとした上で準備を急ぐよう指示し、二階氏は「できる準備はする」と答えた。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らが目指す新党結成の動きについても情勢分析した。

 首相はこの後、米ニューヨークに向け羽田空港を出発。これに先立ち同空港で記者団に「衆院の解散については帰国後に判断したい」と語った。22日に帰国する予定。


アベでんでんが、臨時国会冒頭での解散を決めたようだ。

あからさまな疑惑隠し、権力の乱用、私利私欲解散だ。

もう腹は決まっているのに、ニューヨークからの帰国後に判断するなど見え透いた嘘までついて、どこまで腐った奴なのか。

しかしこの時期の解散は、野党にとってはかなり厳しいものになるだろう。

国民は、Jアラートで煽られた北朝鮮のミサイル危機なんかに惑わされず、アベ私利私欲政権に鉄槌を下さなければならない。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野党勢力が共闘できる政策理念への一提案

今回の解散劇。安倍政権及び自民党の憲法無視・国会無視・国民無視の姿勢は明白だ。どう見ても、彼らに正当性はない。 しかし、解散総選挙は行われる。そして、その結果は出る。どんなに不合理で理不尽であっても、その結果に基づいて政治は行われる。【勝てば官軍】の世界である。 政治のリアリズムとはそういうもの。だとするなら、野党勢力は、勝つために全精力を注入しなければならない。巨大で強い敵を相手に戦う...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示