「×」 「でんでん」が「李下に冠を正さず」とは片腹痛い。

「×」 昭恵氏本人の関与ない=森友学園との国有地取引―安倍首相
時事通信 3/24(金) 16:22配信

 学校法人「森友学園」(大阪市)に格安で払い下げられた国有地をめぐり、安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、夫人の昭恵氏付の政府職員が財務省に定期借地契約延長の可否を照会したことについて、「夫人付が財務省に問い合わせた行為が、国有地の払い下げに私の妻が関与したことにはならない」と述べ、昭恵氏本人の関与を否定した。

 社民党の福島瑞穂氏は、自民党が24日公開した昭恵氏と籠池氏の妻のメールを取り上げ、昭恵氏が籠池氏に100万円を寄付したのではないかとただした。

 これに対し、首相はメールの文面を読み上げ、「妻(昭恵氏)は『100万円の記憶がない』と(籠池氏の妻に)問い掛けているが答えはない。どうして答えがないのかということだ」と指摘。籠池氏の証言を否定した。 


「でんでん」がアッキーのメールに関連して、「李下に冠を正さず」の趣旨だなどと答弁しているのをテレビニュースで見たが、いったい何を偉そうに(byひょっとこ)言っているのやら。

たまたま今読んでいる内田樹さんの「呪いの時代」に、「李下に冠を正さず」に触れている箇所があったので引用する。

 公人は「推定有罪」
 俚諺に「李下に冠を正さず、瓜田に履を納れず」という言葉があります。 (中略) 「公人のたしなみ」についての教訓です。
それが教えるのは公人というのは「推定有罪」の心構えでいなければならないということです。何もやましいことをしていなくても、他人から見て「泥棒」に見えるような所業をしたら、それは「泥棒をした」のと同じ意味を持つ、ということです。そんなの理不尽だと言っても始まりません。それが一般人から権利を受託され、税金の使い道を決められ、個人情報を占有できる公人であることの「有利」さとトレードオフされる「不利な条件」だからです。 (中略) 私人なら李下や瓜田で何をしようと「泥棒なんかしてないよ」と胸を張って言えますけれど、公人は李下で冠のひもを直した時点で「アウト」です。


「でんでん」が言った、「私や妻が(売却に)関係していたとなれば、首相も国会議員も辞める」というのは、私人の考えであり、公人ならば、「売却に関係したと思われるような所業」をしたら、つまり、疑惑が噴出している現状ですでに完全に「アウト」なのだ。

そんなことも分からずに「李下に冠を正さず」を持ち出すとは、自分の首を絞めるだけだ。

潔く辞める方が身のためだ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「共謀罪」と国民監視システム

安倍政権(第二次)になって、それまでの自民党とは異なる矢継ぎ早の法案提出(ほとんどは国会で可決)と、国家を私物化する如きスキャンダルの嵐に、60年以上生きてきた高齢の私でもあっと驚く。 安倍首相のキャラもさることながら、これまでにもましてアメリカとの一...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示