「×」 でんでんアベに改憲させてはならない!!

「×」 安倍首相、改憲発議に決意=総裁任期3期9年に―自民党大会
時事通信 3/5(日) 10:39配信

 自民党は5日、第84回定期党大会を東京都内のホテルで開いた。

 安倍晋三首相は演説で、党として憲法改正発議への議論を主導していくことに決意を表明。大会では党則と総裁公選規程を改正し、総裁任期を従来の「連続2期6年」から「連続3期9年」に延長することを正式に決めた。これにより、総裁任期が2018年9月に満了する首相は、3選に向け次期総裁選に立候補することが可能となり、長期政権に道が開ける。

 演説で首相は「自民党は憲法改正の発議に向けて具体的な議論をリードしていく。それが自民党の歴史的使命だ」と強調。昨年の参院選で同党が27年ぶりに単独過半数を回復したことに言及した上で、「国政選挙に4連勝しているが、緊張感を忘れず謙虚に力強く挑戦していくことを誓う」と述べ、7月の東京都議選や次期衆院選に勝利することを念頭に長期政権に意欲を示した。

 連立を組む公明党の山口那津男代表も来賓としてあいさつし、「内外の諸課題を考えたときに、政治の安定こそがそれに応える確実な道だ」と述べ、自公両党の結束を呼び掛けた。経団連の榊原定征会長は「安倍政権の政策遂行に全面的に協力したい」と語った。

 総裁任期の3期9年への延長は、昨年秋の党内論議で実質的に決まっていた。安倍首相が総裁3選を果たし、国政選挙も乗り切れば、最長で21年9月まで政権担当が可能となり、通算の首相在任日数は3500日を超える計算だ。19年11月には、明治・大正期の桂太郎首相の2886日を抜いて歴代1位となる。

 大会では「憲法改正の原案発議に向けて具体的な歩みを進める」と明記した運動方針を採択。次期衆院選へ「常在戦場の精神で臨む」ことも盛り込んだ。 


でんでんアベが党大会で演説し、改憲の意思を明確にした。

国政選挙に4連勝しているというが、選挙公約では改憲はまったく争点にせず、ただひたすらアベノミクスを強調して、不景気に苦しむ国民を騙して掠め取った過半数の議席である。

しかしアベノミクスの夢は破れ、国民の生活はまったく良くならないのに、籠池や加計など、でんでんアベのオトモダチだけが甘い汁を吸おうとしていることが明らかになってきた。

こんなデタラメでんでん政権がこれ以上続くなど、国民にとっては悪い冗談でしかない。

ポンコツでんでんアベが、歴代最長政権になったりすれば日本の恥だ。

野党は今回の疑惑を徹底的に追求し、でんでんアベを退陣に追い込まなければならない。
  

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

われらの東アジア平和外交とは

北朝鮮ミサイル4発同時発射、米韓がTHAAD配備開始を受け、新聞各紙の社説・論説でも、この問題が取り上げられている。従来通り、制裁を強化せよと、説く社説等も多い中、 「福井新聞・論説: 北朝鮮ミサイル4発 新たな脅威、戦略見極めよ 3/7」: ・・・北朝...
プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示