「○」 日本国憲法を読んで、投票先を判断しよう。

「○」 コミック誌スピリッツ、付録に憲法 漫画家のイラストも
朝日新聞デジタル 6月29日(水)16時58分配信

 小学館は、7月4日発売の青年コミック誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の付録に、憲法の全文を載せたとじ込み冊子「日本国憲法全文」を付ける。同社は「憲法公布から70年。参院選では憲法改正が争点の一つに浮上する中、改めて日本を考えてもらう機会になれば」としている。

 冊子はA5判で44ページ。憲法の各条文を掲載したページと、同誌に連載する13人の作家が「日本の情景」をイメージして描いた見開きのイラストを交互に掲載。吉田戦車さんは「東日本大震災で被害にあった海辺の町」、若杉公徳さんは「熊本・大分復興チャリティーライブ」、浅野いにおさんは「ある日の放課後」と題したイラストを寄せた。

 坪内崇編集長は「読んでみたいと思ってもなかなか機会がない憲法。選挙権が18歳に引き下げられ、若者に近い立場のコミック誌として企画した。政治的な意図はない」と話している。(塩原賢)

7月4日発売の「ビッグコミックスピリッツ」に、憲法全文の小冊子が付録として付くという。

自民党はすでに憲法草案を発表し、今回の参院選の公約にも改憲をこっそり忍ばせているが、街頭演説などでは改憲にはまったく触れず、選挙の争点にすることを避けている。

自民党憲法草案はこちら

自民党草案に関する解説はこちら

第二次世界大戦の甚大な犠牲を教訓に作られた日本国憲法を、自民党の国粋主義憲法に変えさせてはならない。

改憲が参院選のはっきりした争点であることを、しっかりと認識して、投票先を決めてほしい。
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参院選最大の争点は年金!

参院選の争点は、憲法・安保法制・アホノミクスの評価など様々ある。 しかし、現在一番インパクトがあるのは、年金消失問題である。この問題ほど安倍政権の問題点・反国民的本質を浮き彫りにしているものはない。同時に、この問題ほど、イデオロギーや政治的立場を超えて国...
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示