「×」 一億玉砕相 じゃなかった、一億総活躍相が靖国参拝。

「×」 加藤1億総活躍相、靖国神社に参拝
日本テレビ系(NNN) 10月20日(火)13時55分配信

 東京・九段の靖国神社で行われている秋の例大祭にあわせ、超党派の国会議員71人が20日朝、神社を参拝した。

 参拝したのは、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー、71人。国会閉会中のため、昨年の秋の例大祭での111人に比べて大きく減った。

 現職の政府関係者では、井上環境副大臣や渡嘉敷厚生労働副大臣ら5人の副大臣と3人の政務官が参拝したほか、自民党の山谷前国家公安委員長や民主党の羽田前参院幹事長らも参拝した。

 また、20日午後には加藤1億総活躍担当相も参拝した。


太平洋戦争末期、絶望的戦局にも関わらず、時の政府は、国民に「本土決戦・一億玉砕」を強要しようとしていた。

日本の戦争遂行の精神的支柱だった靖国神社に、「一億総活躍」大臣が参拝するとは、何か非常にイヤーな感じがする。

自衛隊が米軍の下請けで地球上のどこにでも出撃し、銃後の国民はTPPで生活を破壊されれば、一億総活躍どころか一億玉砕が現実のものとなりそうだ。

その時は「一億総靖国合祀」となるのだろうか。

そうならないよう、安倍政権を葬り去らなければならない。
  
スポンサーサイト

「×」 農家の皆さんは、傲慢・鉄面皮総理に鉄槌を!!

「×」 JA全国大会で安倍首相「関税撤廃の例外守った」、参加者からヤジも
TBS系(JNN) 10月15日(木)12時44分配信

 全国の農業組合らでつくるJAグループの全国大会に出席した安倍総理は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の大筋合意で「国益にかなう最善の結果を得ることができた」と述べました。しかし、参加者からはヤジも飛んでいます。

 「国益にかなう最善の結果を得ることができた。約束を守ることができた」(安倍首相)

 JA全国大会に出席した安倍総理はこのように述べ、コメや牛肉・豚肉といった重要農産品の関税撤廃の例外を確保したと述べました。

 ただ、15日の全国大会では安倍総理に対しヤジが飛んだほか、14日の大会でも大筋合意の内容について「納得できない」との声や「結果として守っていない」などと政府を批判する声が出ています。

 政府はTPP総合対策本部を発足させ、早ければ11月にも関連対策をまとめる予定です。(15日11:37).


JA全国大会であいさつする総理に対して、参加者からヤジが飛んだ。

アメリカ企業の利益のために、農業を生贄に差し出すのがTPPなのだから、国益にかなうなどとんでもない。

ヤジは当然の行為だ。

それでも総理はシレッとした顔で、席についていた。

7月の沖縄の「慰霊の日」式典でも、8月の広島、長崎の平和祈念式典でも、総理にヤジが浴びせられたが、総理は馬耳東風の知らん顔だった。

一連のヤジに対する対応には、数に奢った総理の傲慢さが、ありありと表れている。

農家の皆さんは、今度こそ目先の「TPP総合対策」などに惑わされることなく、国民困窮の元凶である安倍政権打倒を実現すべく、次回の選挙に臨んでほしい。

原発反対、安保法制廃止、マイナンバー廃止の動きと連動して、ぜひ安倍政権打倒を実現したい。
 

「×」 いいかげんに、騙され続けるのはやめましょう。

「×」 マイナンバー巡り詐欺被害…注意呼びかけ
読売新聞 10月7日(水)6時52分配信

 消費者庁は6日、マイナンバー制度を巡り「数百万円を脅し取られた」とする消費者相談があったとして、不審な電話などに注意するよう呼びかけた。

 同庁によると、南関東に住む70代女性宅に男から電話があり、偽のマイナンバーを伝えられた。その後、別の男から「公的機関に寄付するため、マイナンバーを貸して」と連絡があり、女性は番号を伝えた。翌日、公的機関を名乗る者から「番号を教えたことは犯罪に当たる」として、記録の書き換えを名目に金銭を要求され、現金を支払ったという。

 全国の消費生活センターなどにはこれまでに「制度が始まると振り込み手続きが面倒になるので、口座番号を教えて、という電話があった」など約20件の相談が寄せられている。同庁は「不審な電話や手紙には応じないでほしい」と話している。


国民にとっては何のメリットもないマイナンバー制度だが、メリットどころか実害が発生してしまった。

マイナンバーがなければこの女性は被害に会わなかったわけだが、それでも安易に番号を教えてしまうのもどうかと思わざるを得ない。

あまりにも、無警戒でお人よし過ぎる。

TPPについても、今回の大筋合意に対して農業界から懸念と反対の声が上がっているが、今更の感がぬぐえない。

自民党がTPPをやるつもりなのは選挙前からわかり切ったことなのに、農家の皆さんは何故か自民党に投票してしまうのだ。

今までさんざん叩かれてきながらも、結局お情けを期待するのか、顔なじみの○○さんに入れてしまう。

それでこんなはずではと言っても、手遅れなのだ。

安倍政権の解釈改憲による集団的自衛権容認は、自民党の選挙公約の最後の方にチョコッと書いてあっただけで、選挙戦ではアベノミクスばかりを喧伝しており、安倍自民のやりかたは、まったく悪徳詐欺商法まがいのペテンなのだが、それでも少しの用心深さがあれば、その魂胆は見抜けたはずだ。

国民はもっと賢くならなければ、いつまでも騙され続けることになる。

しかし、今回の安保法制反対の盛り上がりは、国民の目覚めを感じさせる。

国民はいつまでも騙されない、国民は下々の者でもバカじゃないということを、ボンボン政権に見せつけなければならない。

  
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示