「○」 国民の声で「戦争法案」を葬る!!

「○」 安保法案反対、全国で一斉抗議 国会前でも廃案訴え
朝日新聞デジタル 8月30日(日)19時59分配信

 参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民による抗議行動が30日、東京・永田町の国会議事堂前や周辺を埋めた。主催者発表によると、参加者は12万人で、安保法案をめぐる抗議行動では最大。参加者が歩道からあふれて、警察側が車道を開放した。市民らは国会議事堂を真正面に見据えた車道に帯のように広がり、雨の中、「戦争法案廃案」「安倍政権退陣」と叫び続けた。

 国会だけでなく、霞が関や日比谷周辺まで、プラカードやのぼりを持った人たちであふれた。警察関係者によると、国会周辺だけで参加者は約3万3千人。

 主催したのは、平和運動を続けてきた市民らでつくる「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」。5月に立ち上がった都内の大学生らがつくる「SEALDs(シールズ)」のほか、大学教授や研究者らの「学者の会」、子育て世代の「安保関連法案に反対するママの会」など、この夏に次々と出来た団体が加わり、ともに声を上げた。各地から大型バスを仕立てて参加した人たちもいた。


きのう、安保法案反対を掲げて、国会前をはじめ全国各地で国民が声を上げた。

当方も参加したいのはヤマヤマだったが、あいにく仕事だったので、お客さんの途切れた合間にIWJのU-STREAMを見て、心でエールを送った。

この安保法案反対の大きなうねりを、安倍政権はどうとらえるのか。

菅官房長官は、「一部の野党やマスコミから戦争法案だとか徴兵制の復活などの宣伝もされ、大きな誤解が生じていることは極めて残念だ。政府として、誤解を解く努力をしっかり行っていきたい」と言ったそうだが、誤解ではなく、法案のデタラメさが理解されたから反対の声がこれほど大きくなったのだ。

いつまでも、安倍の耳に念仏、菅のツラにショ○ベンを決め込んでいられないよう、更に大きな声を上げ続ける。
  
スポンサーサイト

「○×」 株価暴落でアベノミクス終焉か?

×」 株価急落、終値1万8540円=世界的連鎖で一時900円超安―東京市場
時事通信 8月24日(月)16時26分配信

 週明け24日の東京株式市場は、中国経済への懸念に端を発した前週からの世界的な株安の連鎖が止まらず、全面安の展開となった。日経平均株価は急落し、下げ幅は一時、前週末比937円03銭まで拡大した。終値も895円15銭安の1万8540円68銭と今年最大の下げ幅を記録、2月23日以来半年ぶりの安値となった。
 24日は中国・上海市場でも、市場全体の動きを示す上海総合指数が最大で約9%低下と大幅に下落。東京市場の関係者からは「上海株の急落で、投資家が恐怖心に駆られた」(民間シンクタンク)との声が聞かれた。
 日経平均が終値で1万9000円を割ったのは約5カ月半ぶり。終値の下げ幅は2013年5月23日以来の大きさだった。中国の景気減速で米国の利上げ時期が遅れるとの見方が強まったことも、世界経済全体への不透明感につながり、株式市場から大量の資金が引き揚げられた。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は92.14ポイント安の1480.87。出来高は39億4933万株。売買代金は4兆1075億円。
 24日の東京外国為替市場は、中国経済の減速懸念から、ドルを売って安全資産とされる円を買う動きが強まった。午後5時現在は、1ドル=120円40~41銭と前週末比2円49銭の大幅な円高・ドル安。
 円は対ユーロでは午後5時現在、1ユーロ=138円27~28銭と前週末と同じ水準。


日銀の異次元緩和と年金資金の市場投入で、円安・株高を無理やり演出してきたアベノミクスだが、海外の株価の急落には如何ともしがたく、東京市場も今年最大の下落となり半年ぶりの安値を記録した。

円安・株高で輸出大企業と富裕層のみの利益を図ってきたアベノミクスだが、この株の暴落でいよいよその終わりが始まったのかもしれない。

株の下落で年金に損害が出れば「×」だが、安倍政権の失脚につながるのならそれ以上の大きな「」だ。
  

閣僚の靖国参拝に「×」。

「×」 高市・山谷・有村の女性3閣僚、靖国神社を参拝
読売新聞 8月15日(土)18時4分配信

 高市総務相、山谷国家公安委員長、有村女性活躍相の3閣僚は終戦記念日の15日、東京・九段北の靖国神社を相次いで参拝した。

 いずれも私費で玉串料を納めた。高市氏は参拝後、「国策に殉じてかけがえのない命をささげられた方々に尊崇の念をもって感謝の誠をささげた」と記者団に語った。

 安倍首相は同日、代理の萩生田光一自民党総裁特別補佐を通じて、党総裁として私費で玉串料を奉納した。萩生田氏は記者団に、首相から「ご英霊に対する感謝の気持ち、靖国への思いは変わらない」と伝えられたことを明らかにした。超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久・元参院副議長)も参拝した。


安倍総理の戦後70談話は、まったく心のこもらないうわべだけの言葉の羅列だったが、それでも一応その発表にあたって、「政治は歴史に謙虚でなければならない。政治的、外交的な意図によって歴史がゆがめられるようなことは決してあってはならない。」などと言っていた。

にもかかわらず、安倍政権の閣僚がA級戦犯が祀られている靖国神社を参拝したことは、総理の70年談話にも反することになるだろう。

総理は、靖国神社に参拝した閣僚を即刻クビにすべきだ。

でなければ、70年談話など何の意味もない。

まあ、もともと自己満足のための談話に過ぎなかったのだが。
   

責任のたらい回しに「×」

「×」 川内原発再稼働、菅官房長官「判断するのは事業者」
ロイター 8月11日(火)13時1分配信

[東京 11日 ロイター] - 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、九州電力<9508.T>の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)について「再稼働を判断するのは事業者であり、政府は万が一事故が起きた場合に先頭に立って対応する責任がある」と述べた。川内1号は同日午前10時半に原子炉が再稼働した。

菅長官は、国際原子力機関(IAEA)の基本原則に「安全の一義的責任は許認可取得者にある」と明記されていると指摘。政府は、原子力規制委員会が新規制基準に適合すると認めた場合に、原発の再稼働を進めることを閣議決定していることから、災害の際には国が迅速に対応する責任があると語った。

その上で、「再稼働にあたっては地元の理解が得られるよう丁寧に取り組んでいくことが極めて重要」との見方を示した。


川内原発が再稼働された。

全く、狂気の沙汰としか言いようがない。

規制委員会の田中委員長は、「新規制基準は安全を保証するものではない」と言って責任を放棄し、政府はその基準に基づいて再稼働を進めると閣議決定しながら、再稼働の判断は事業者に押し付ける。

万一、事故となれば一事業者で対応できないことはフクシマの例で明らかだから、結局国民の税金で尻拭いすることになる。

そんな重大な再稼働の判断の責任を、政府が負わないなどというふざけた事が許されるのか。

新国立競技場でも、さらに遡れば先の大戦でも、責任の所在があいまいだから、いいかげんな対応がまかり通り、同じあやまちを繰り返すことになる。

「責任者、出てこ~~い!!」 by 人生幸朗
   

自民の「敵前逃亡」に「×」!! でも「○」もありか?

×」 岩手知事選 平野氏不出馬 県政界に衝撃「残念」「選挙を冒涜」
産経新聞 8月8日(土)7時55分配信

 県政界に7日、衝撃が走った。20日告示の知事選に出馬表明していた参院議員の平野達男氏(61)が突如、出馬断念を表明した。自公が支持する平野氏と生活と民主などが支持する現職の達増拓也氏(51)の与野党対決で注目された知事選は一転、史上初の無投票の公算が大きくなった。

 「大変、驚いています。同志議員と一緒に戦ってくれると信じていただけに、困惑するとともに大変残念に思います」

 こう言葉を絞り出したのは、平野氏を知事選に擁立した県議会会派のいわて県民クラブ代表の小田島峰雄県議だ。

 突然の出馬断念に、盛岡市の県議会議員会館に会派の現職と28日告示の県議選に出馬する新人の計10人が集まった。6日夜に平野氏から直接、出馬断念を伝えられた小田島代表らがこれまでの経緯などを説明、善後策を協議した。

 会合後、小田島代表と平野氏の支援団体「開かれた県政を創る会」会長の佐々木博県議が取材に応じ、小田島代表は「推測するに参議院で審議中の安保法制の問題があるんだろうと思いますけど、本来、知事選の争点に国政マター(課題)を持ち出すのはいかがなものか」と話し、第2の候補擁立を見送ることを明らかにした。

 一方、達増知事は「あってはならないことだと感じている。取りざたされているように、安全保障関連法案を守るためということであれば、選挙を冒涜(ぼうとく)するもの。安全保障関連法案を白紙撤回するのが筋だ」と厳しく批判した。


岩手県知事選に出馬表明していた平野氏が、形勢不利とみて出馬を取りやめた。

この知事選に負けると、安保法案の成立に影響が出るという自民党の意向を反映したもののようだが、これは完全な敵前逃亡だ。

以前、自民党の石破氏は「敵前逃亡は死刑」というようなことを言っていたと思うが、今回の自民党の「敵前逃亡」にはどう対応するのだろうか。

たとえ党としてうやむやにごまかしたとしても、国民の厳しい鉄槌が下されるだろう。
 

「×」 家庭内野党の化けの皮が剥がれた!!

「×」 安保で安倍首相を援護射撃=昭恵夫人
時事通信 8月1日(土)15時31分配信

 安倍晋三首相夫人の昭恵さんは1日、三重県いなべ市で講演し、首相が最重要視する安全保障関連法案について「必要なことだ。主人は絶対に、戦争をしたいと思っているわけではないとご理解いただきたい」と述べ、首相に代わって安保法案への理解を求めた。
 
 昭恵さんは「若いお母さんたちの中には、自分の子どもを戦争に送るような法案を絶対に通してはいけないと思っている方もいる」と指摘。自身の知人が安保法案に反対するデモに参加したと明かす一方、「日本はきちんと自立し、強い国にならなければ、他の国を助けることもできない」と訴え、首相を援護射撃した。 


居酒屋をやったり、自然農法をやってみたり、反原発を唱えてみたりもして、家庭内野党などとのたまっていた安倍夫人だが、安保関連法案には賛成だそうだ。

いくらリベラルそうなパフォーマンスを繰り返してみても、安保法制を認めた時点で、全部パー。

結局はバカな旦那と同じ穴のムジナだったということだ。

今後、家庭内野党と言うことは許されない。
 
プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示