「永遠の0」に占領された日本アカデミー賞に「×」

「×」 第38回日本アカデミー賞に「永遠の0」旋風巻き起こる!作品賞、監督賞、主演男優賞など8冠
映画.com 2月27日(金)22時52分配信

 [映画.com ニュース] 第38回日本アカデミー賞の授賞式が2月27日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われ、「永遠の0」が最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞など8部門を制した。同作に主演した岡田准一は最優秀主演男優賞とともに、「蜩ノ記」で最優秀助演男優賞を獲得。男優でのダブル受賞は史上初の快挙となる。

 興行収入87億6000万円を記録した山崎貴監督の大ヒット作「永遠の0」が、第38回日本アカデミー賞で旋風を巻き起こした。最優秀作品賞を筆頭に、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞(岡田准一)、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀美術賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞を戴冠。作品賞を発表するために登壇した日本アカデミー賞協会の岡田裕介会長が「意外な作品です」と口にしたことから場内をどよめかせたが、大本命が栄冠を手にした。

 山崎監督は「岡田さんが怖いことを言うからドキドキしました」と苦笑いを浮かべたが、「本当に多くの人に愛していただいて嬉しいです」と安堵の面持ちで主演・岡田と握手を交わした。そして、「日本アカデミー賞がものすごく好きなんです。というのも、この賞の存在意義は、僕らがつくるエンタテインメント作品にも光を当ててくれるということ。皆が死に物狂いでつくった作品に賞を頂けて誇りに思う。これからも監督を続けていいんだと言われた気がします」と感慨に浸った。

受賞作品リストは下記の通り。

最優秀作品賞:「永遠の0」
最優秀監督賞:山崎貴(「永遠の0」)
最優秀主演男優賞:岡田准一(「永遠の0」)
最優秀主演女優賞:宮沢りえ(「紙の月」)
最優秀助演男優賞:岡田准一(「蜩ノ記」)
最優秀助演女優賞:黒木華(「小さいおうち」)
最優秀脚本賞:土橋章宏(「超高速!参勤交代」)
最優秀撮影賞:柴崎幸三(「永遠の0」)
最優秀照明賞:上田なりゆき(「永遠の0」)
最優秀美術賞:上條安里(「永遠の0」)
最優秀録音賞:藤本賢一(「永遠の0」)
最優秀編集賞:宮島竜治(「永遠の0」)
最優秀音楽賞:周防義和(「舞妓はレディ」)
最優秀外国作品賞:「アナと雪の女王」
最優秀アニメーション作品賞:「STAND BY ME ドラえもん」
新人俳優賞:池松壮亮、上白石萌音、小松菜奈、登坂広臣、能年玲奈、福士蒼汰
話題賞:作品部門「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」、俳優部門:岡田准一(「永遠の0」)


百田尚樹原作の映画 「永遠の0」が、日本アカデミー賞の8部門を獲得した。

一方、山田洋二監督の「小さいおうち」は、最優秀助演女優賞の1部門受賞にとどまった。

去年は宮崎アニメ「風立ちぬ」に最優秀アニメ作品賞を与え、良識を示した日本アカデミー賞だが、今年は安倍総理のオトモダチのトンデモ右翼作家、百田尚樹の「永遠の0」に占領されてしまった。

マスコミに続いて、映画界も安倍翼賛体制に取り込まれていくようで、非常に危うく恐ろしい。

 
スポンサーサイト

「×」 軍部暴走の悪夢が甦るのか?!

「×」 防衛省、背広組優位を転換 「文官統制」規定廃止へ

 防衛省が、内部部局(内局)の背広組(文官)が制服組自衛官より優位を保つと解釈される同省設置法の条文は不適切として、改正する方針を固めたことが21日、分かった。設置法12条は大臣が制服組トップに指示する際、内局の官房長、局長が大臣を補佐するなどとし、文官優位の規定となっていた。制服組や制服OBの国会議員からの強い要求を受け入れた形だ。

 3月上旬、通常国会に防衛省設置法改正案を提出する。12条を改正するほか、分担してきた自衛隊の部隊運用(作戦)を制服組主体に改める「運用一元化」も盛り込む。
2015/02/21 18:42 【共同通信】


安倍政権の前のめりの軍事化が、止まるところを知らない。

軍部が暴走した先の大戦の反省から文官統制が行われてきたのだが、それを廃止してしまおうというのだから穏やかではない。

政府は集団的自衛権行使の地理的制約もなくすというし、文官統制をなくしてしまえば、好戦的な安倍政権のもと自衛隊の制服組が暴走してしまう可能性は限りなく高い。

戦後70年間、平和を維持してきた日本だが、今年がターニングポイントになってしまうのか。

それにしても政府がこんなに軍事化に突っ走ろうとしているのに、身の回りでは何の変化もなく穏やかな日常が続いていることが、逆に不気味で恐ろしいような気がする。

先の大戦の開戦前も、こんな風だったのかと思ったりして、うすら寒い。

  

「×」 国会で総理が「日教組」と野次る!!

「×」 安倍首相、目に余るヤジ連発で議長から注意受ける
2015年02月20日(金)【ノーボーダー編集部】

19日の衆議院予算委員会で安倍晋三首相は、民主党の玉木雄一郎議員が西川農林大臣の献金問題を追及している時に「日教組! 日教組!」と関係のないヤジを何度も飛ばし、玉木議員が抗議すると「日教組はどうする!」などとさらにヤジを加え、議長から「総理も静かに」と注意される一幕があった。

 玉木議員はブログで「与野党の枠を超えて政治の信頼をいかに確保するのかを議論しているときに、関係のないヤジを飛ばす総理の態度は残念なものでした。驕りが出てきているのではないでしょうか」と述べている。

 安倍首相は12日の施政方針演説の冒頭で岩倉具視の言葉を引用して「戦後以来の大改革」を行うと宣言したが、16日の代表質問では民主党・岡田代表の質問中に答弁の練習をしている様子が映されて話題となるなど、国会を軽視した態度が問題視されている。
(DAILY NOBORDER編集部)


大変長らくのご無沙汰になってしまいました。

今月に入ってから、家族が次々にインフルエンザにかかってしまい、色々バタバタしまして、ブログの方に手が回りませんでした。

日ごろ、政治や国際情勢などに文句をつけていますが、目の前、足元で不都合が起きると、やはりどうしてもそちらの方が優先になってしまうのものです。

それでも、日々の生活に対しても、政治が深く関わっていることを自覚しなければ、目先の生活に追われて、安倍政権のやりたい放題を許してしまうことになるでしょう。

世論調査で安倍内閣の支持率が落ちないのも、安倍政権の政策を自分に引き付けて考えることができていない人が多いからではないかなどと考えます。

さて、昨日の国会での安倍総理の「日教組」というヤジ。

ここまで下劣でレベルの低い総理が、かつていただろうか。

本当にこんな総理に好き勝手をやられたら、日本は終わりだ。

  

政府批判はテロリストを利するという検閲に「×」。

「×」 テレビ朝日「報道ステーション」に外務省が“強く抗議”申し入れ 「報道内容、事実と異なる」
ねとらぼ 2月4日(水)22時24分配信

 外務省は2月3日、テレビ朝日に対し「事実に反する報道」が行われたとして、文書および口頭で申し入れを行ったと発表しました。

 問題となったのは2月2日放送の「報道ステーション」内。同番組では安倍晋三首相の中東・エジプト訪問について「外務省は総理官邸に対し中東訪問自体を見直すよう進言していた」と報じましたが、外務省によれば「事実と全く異なる」とのこと。

 外務省の発表によると、首相の中東訪問についてはさまざまな観点を総合的に判断して決めたもの。今回のような報道は「国民に無用の誤解を与えるのみならず、テロリストを利することにもつながりかねないものであり、極めて遺憾と言わざるを得ません」と、番組に対し強く抗議するとともに、速やかな訂正を求めています。

 テレビ朝日によると、今後の放送内容については答えられないが、少なくとも2月3日の放送時点では特に訂正・謝罪などは行っていないとのこと。「報道ステーションの放送内容は取材に基づくものです。今後も正確な取材とていねいな報道にあたってまいります」(テレビ朝日 広報部)。


政府筋に対する批判的なマスコミの報道に対して、「テロリストを利する」などと言いがかりをつけてくるとは、いよいよ日本の言論統制も厳しさを増してきたということか。

国会の質疑でも、安倍総理が批判に対して「イスラム国寄りに思える」などと言っていたが、政府に従わないものはすべてテロリスト扱いとは、まるで独裁国家のような有り様だ。

特定秘密保護法の施行によって、政府は言いたくないことは何でも秘密指定にして隠せるようになったのだから、このままではもうやりたい放題になってしまう。

テレビ朝日には、批判に臆することなく頑張ってもらいたい。
  

「責任」の意味を知らない安倍総理に「×」。

「×」 人質殺害犯に法の裁き、自衛隊の邦人救出に意欲=安倍首相
ロイター 2月2日(月)10時8分配信

[東京 2日 ロイター] -安倍晋三首相は2日の参議院予算委員会で、過激派組織「イスラム国」とみられるグループに日本人2人が殺害された事件について、法によって裁く意向を明らかにした。また、日本人の生命を守るのは政府の責任だとして、自衛隊による在外邦人の救出を可能にする議論を進めていく考えを改めて示した。

安倍首相は、「国民の命、安全を守るのは政府の責任。その最高責任者は私」と発言。1月下旬に事件が発生して以降、自衛隊による在外邦人の救出に向けた法整備に意欲を示してきたが、この日も「邦人が危険な状況に陥ったときに、受け入れ国の了承の(ある)なかで、救出も可能にする議論をこれから行いたい」と語った。


何年か前、年末恒例の今年の漢字一字を問われた安倍総理は、何を血迷ったか「責任」と答えた。

それほど「責任」が好きな安倍総理だが、本当に意味が分かって言っているのか大いに疑問だ。

「責任」という言葉には、「自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。」という意味がある。

安倍総理は、去年の憲法解釈の変更による集団的自衛権容認に関する国会答弁でも、「最高責任者は私だ」と豪語したが、今回また、「政府の最高責任者は私」と発言した。

「国民の命・安全を守るの」が「政府の責任」なのは当然だが、今回の人質事件で政府はその責任を果たしたかと言えば、人質の命を救えなかったのだから完全に失敗だったと言える。

では「政府の最高責任者」たる安倍総理は、今回の結果についてどう責任を取ろうというのか。

人質が殺害された後も、この「最高責任者」の発言からは、事件の責任を取ろうという意識はかけらも感じられない。

安倍総理は、「責任」という言葉を、「権力」とか「権限」という言葉と取り違えているとしか思えない。

自衛隊の派遣に意欲を燃やす総理だが、自衛隊員に死傷者が出た時には、「最高責任者」はどうするつもりなのか。

自分の責任は棚に上げて、ただ「最高責任者」という言葉に酔っているだけだ。

今回の安倍総理の中東訪問が、人質殺害につながったことは明らかであり、「最高責任者」だというのなら、その重大な結果の責任を取って、直ちに総理を辞めるべきだろう。

それが本当の「責任」というものだ。
  

「×」 後藤さん救出ならず。

「×」 <後藤さん殺害か>安倍首相の発言全文
毎日新聞 2月1日(日)8時43分配信

 安倍晋三首相が1日朝、日本人人質事件に関して記者団に語った発言の全文は次の通り。

【日本人人質事件の経過】

 湯川遥菜さんに続いて、後藤健二さんを殺害したとみられる動画が公開されました。ご家族のご心痛を思うと言葉もありません。政府として全力で対応してまいりましたが、誠に痛恨の極みであります。非道、卑劣きわまりないテロ行為に強い怒りを覚えます。

 テロリストたちを決して許しません。その罪を償わさせるために国際社会と連携してまいります。

 日本がテロに屈することは決してありません。食料支援、医療支援といった人道支援をさらに拡充してまいります。

 そして、テロと戦う、国際社会において、日本としての責任を毅然(きぜん)として果たしていきます。今回のテロ行為に対して、日本に対して強い連帯を表明し、また、解放に向けて協力をしていただいた世界の指導者、日本の友人たちに心から感謝申し上げたいと思います。

 またヨルダンのアブドラ国王には惜しみない支援をいただきました。国民を代表して御礼を申し上げます。今後とも国内外の日本人の安全に万全を期してまいります。


身代金交渉行わず=菅官房長官
時事通信 2月1日(日)12時19分配信

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人人質事件に関し、イスラム国側と身代金の交渉は「全くしなかった」と否定した。 

今朝起きてテレビを点けると、後藤さん殺害のニュースが流れていた。

昨日まで救出の淡い期待を抱いていたが、最悪の結果となってしまった。

イスラム国の行為が許されないのは当然だが、安倍政権の対応にも怒りを感じる。

総理は全力で対応してきたというが、具体的には何をやったというのだろうか。

菅官房長官によれば、身代金交渉は全くしていないというし、要求が身代金から人質交換に変更になってからは全部ヨルダンに丸投げで、日本政府がやったことといえば、情報収集と他国との連携の確認ぐらいではなかったか。

そしてアメリカの顔色を窺うが如く、二言目には「テロには屈しない」と繰り返して、逆に人質の安全を脅かす有り様だ。

さらに今日の総理の発言、「罪を償わさせるために国際社会と連携してまいります。テロと戦う、国際社会において、日本としての責任を毅然(きぜん)として果たしていきます。」とは、何たることか。

日本が有志連合の一員と見做されたことが、今回の人質殺害の原因だというのに、何の反省もなく、日本をテロとの戦いの泥沼に引きずり込もうというのか。

殺害された後藤さんも、そのご家族も、そんなことは少しも望んでいないのではないだろうか。

人質の犠牲を、日本の海外派兵の口実に使うことは、彼らの死を冒涜することに他ならない。

日本はテロとは戦わないと宣言することが、安倍総理がなすべきことだ。
  
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示