「×」 自衛隊による邦人救出など、机上の空論だ。

「×」 邦人救出へ自衛隊活用=首相、法整備に意欲―衆院予算委
時事通信 1月29日(木)17時33分配信

 安倍晋三首相は29日午後の衆院予算委員会で、過激組織「イスラム国」による日本人人質事件を踏まえ、自衛隊による在外邦人救出を可能とする法整備に意欲を表明した。小川淳也氏(民主)の質問に対し、「領域国の受け入れ同意がある場合は、自衛隊の持てる能力を生かし、救出に対応できるようにするのは国の責任だ」と答弁した。
 政府は、集団的自衛権の行使を容認した昨年7月の閣議決定の中で、「武器使用を伴う在外邦人の救出についても対応する必要がある」との方針を打ち出した。
 ただ、閣議決定は邦人救出を行う自衛隊の活動範囲を領域国政府の「権力が維持されている範囲」などと限定している。このため法整備が実現しても、今回のように国家組織ではない「イスラム国」の支配地域からの人質奪還は困難とみられる。
 

安倍総理は今回の人質事件を利用して、自衛隊による「武器使用を伴う在外邦人の救出」に対応しようとしているようだが、まったくアホらしいとしか言えない。

自衛隊が武器を使えさえすれば、今回の人質を救出できるとでも言うのか。

世界最強(最兇か)の米軍でさえ、武力による人質の救出にはほとんど成功できていないのに、自衛隊が無傷で無事に人質を救出できる可能性は、ほとんどないと言っていいだろう。

日本国憲法前文には、「日本国民は、(中略) 政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」たとあるが、今まさに安倍政権によって、再び戦争の惨禍に巻き込まれる恐れが大きくなっている。

日米同盟の下での自衛隊の武器使用は、徒に敵を作り、国民の安全を脅かすことになる。

集団的自衛権の行使は、絶対に許されない。
   
スポンサーサイト

「×」 米英に頼っていては人質を救うことはできない。

「×」 米英「イスラム国」を強く非難“壊滅へ”
日本テレビ系(NNN) 1月25日(日)12時28分配信

 24日夜、湯川遥菜さんが殺害されたとみられる写真がインターネット上に投稿されたことを受け、アメリカ・オバマ大統領はイスラム過激派組織「イスラム国」を強く非難する声明を発表した。

 オバマ大統領は24日、「『イスラム国』を強く非難する」と述べた上で、「イスラム国」に対して「後藤健二さんと残る人質全員の即時解放」を改めて要求した。そして「我々は同盟国日本とともにある」と強調。「裁きを下すために協力し、『イスラム国』を壊滅させるため、断固とした行動をとる」との決意を示した。

 また、イギリス・キャメロン首相も、「『イスラム国』の凶悪な残虐さを改めて思い起こさせる」と厳しく非難。「日本はテロに屈しないでいる」と支持し、あらゆる支援を行う考えを表明した。


この米英の強硬な声明は、徒にイスラム国を刺激するだけで、人質救出にとって百害あって一利なしだ。

米英はイスラム国の「凶悪な残虐さ」を非難するが、いくら狙いが「テロリスト」だとしても、無人機で非戦闘員である市民もろとも空爆で殺害することは、「凶悪で残虐」なことではないのか。

米英のこの「正義」の押し付けが、「イスラム国」などの過激主義者を産む元凶にほかならない。

いくら軍事力で「壊滅」させようとしても、新たな「テロリスト」を生み出すだけだ。

そしてこの米英、特にアメリカとの同盟関係を深めようとする安倍総理こそに、今回、湯川さんを死に追いやった最大の責任がある。

米英の尻馬に乗って「テロに屈しない」と叫んでいては、人質の命を救うことはできない。

発言を控えながら、水面下でうまく交渉して、せめて後藤さんだけでも救い出して欲しい。
   

「×」 安倍総理の稚拙な外交が、国民を殺す。

「×」 「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か―72時間以内、235億円要求
時事通信 1月20日(火)15時27分配信

 【エルサレム時事】過激組織「イスラム国」と称するグループが20日、日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に出した。日本外務省は信ぴょう性を確認している。
 イスラム国がインターネットに投稿したとされる画像には、湯川遥菜さん(42)、フリージャーナリストの後藤健二さんらしき人物が写っている。
 邦人殺害予告を受けて安倍晋三首相は、菅義偉官房長官に対し、事実関係の確認に全力を挙げるとともに、関係国と協力し、人命第一に対応するよう電話で指示。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。
 声明は、安倍首相について「イスラム国から8500キロ離れた場所から、進んで十字軍(反対運動)に参加を約束した」と非難。要求している2億ドルの身代金について、支援金に合わせる形で「1人1億ドル」と主張した。
 安倍首相は、17日にカイロで行った演説で、イスラム国対策としてイラクなどに2億ドル程度の支援を行うと表明していた。
 湯川さんとみられる男性は2014年7月28日にトルコから陸路でシリアに入国し、イスラム国と交戦している反体制武装組織の部隊に同行した。8月12日から14日にかけ、イスラム国がアレッポ近郊で激しい攻撃を仕掛けた際に部隊からはぐれ、拘束されたとみられている。
 一方、後藤さんは14年10月、自身のツイッターでシリアで取材中と伝えた後、同月23日を最後にツイッターの更新が途絶えている。 


安倍総理の稚拙な「積極的平和主義」外交によって、日本人がイスラム国の人質にされ、生命の危機に瀕している。

フランスの諷刺画事件によって、ただでさえ中東情勢が緊迫している時に、総理は何の危機感もなくイスラエルを訪問して「積極的平和主義」を宣言して過激主義を非難したが、それは完全に日本がアメリカ・イスラエル側に立つことを表明したことに他ならない。

そもそもイスラム国のような過激主義を生み出したのは、アメリカ・イスラエルによるパレスチナ弾圧やイラク攻撃なのだから、ただその行為を批判するだけでは何の解決にもならないし、いくら武力で攻撃しても逆に恨みはつのるばかりで、新たなメンバーの加入を促すことになる。

日本がなすべきことはアメリカ・イスラエル側に付くことではなく、平和憲法に基づく真の平和主義によって、双方の暴力によらない歩み寄りの手助けをすることだと思うが、もう取り返しのつかない敵対感情を抱かせてしまったかもしれない。

安倍総理の自分勝手なひとりよがり外交が、日本を危機に陥れてしまった。

二人の命が救われるよう、心から願う。
  

サザン桑田の謝罪に「×」。

「×」 サザンオールスターズ・桑田佳祐が年越しライブでの不敬を謝罪
DAILY NOBORDER 1月16日(金)14時36分配信

 2014年大晦日の年越しライブで、歌っている最中に紫綬勲章をポケットから取り出して客に見せるなどのパフォーマンスが批判を浴びていたサザンオールスターズのボーカル・桑田佳祐さんが、15日、所属事務所アミューズのホームページにお詫びを掲載した。

 桑田さんはライブについて「世の中に起きている様々な問題を憂慮し、平和を願う純粋な気持ちを込めました」としながらも、「感謝の表現方法に充分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があった為、不快な思いをされた方もいらっしゃいました」として、「深く反省すると共に、ここに謹んでお詫び申し上げます」とコメントしている。

 また、ライブの内容に関しては「特定の団体や思想に賛同、反対、あるいは貶めるなどといった意図は全くない」と説明している。


サザンの桑田が、年越ライブでの「ピースとハイライト」のパフォーマンスについて謝罪したそうだ。

この歌は、日本も含め世界各国がなかなか仲良くできないことを、やんわりと批判している良い歌だと思うが、その中での勲章の扱いや、ちょびひげをつけたことなどが批判されたようだが、そんなことにイチャモンをつけることがおかしいだろう。

しかしその後に歌った「東京VICTORY」は、去年のアジア大会のテーマソングだったものの、その歌詞から想像できるのは、来たる東京五輪へのエールであることは疑問の余地はない。

以前にも書いたが、桑田は百田尚樹原作の映画「永遠のゼロ」の主題歌も書いたし、少し前はライブに安倍総理夫妻が来ていたそうだ。

自分の気に入らないことには耳をふさぐ安倍総理だから、最近の桑田の姿勢は安倍総理にとっては心地の良いものだったのだろう。

今回の桑田批判は右翼側からのものだったが、当方は、最近の桑田は百田・安倍に接近していて、どうも残念に思っていたところだった。

今回あっさり謝罪したのも、残念だ。

そもそも勲章なんかもらうから、やりたいこともやれないような事態になったのだと思う。

勲章なんか辞退した方が、よっぽどカッコ良かったのになあ。
  

「○」 佐賀県知事選で、与党敗北!!

「○」 佐賀知事に山口氏=自公推薦候補敗れる―農協が反旗
時事通信 1月11日(日)22時53分配信

 前知事の国政転出に伴う佐賀県知事選は11日投開票され、無所属新人で元総務官僚の山口祥義氏(49)が、前同県武雄市長の樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦=ら無所属の新人3人を破り、初当選を果たした。投票率は54.61%で、前回(59.41%)を下回り、過去最低を更新した。
 自民党は樋渡氏の行政手腕を評価し、党本部主導で推薦を決定。しかし、同氏のトップダウン型の手法に反発する農協の政治団体「県農政協議会」など有力支持団体や県議が山口氏を擁立し、分裂選挙となった。農協改革を進める安倍政権にとって推薦候補の敗北は痛手。4月に行われる統一地方選の戦略の見直しも迫られそうだ。


菅官房長官や谷垣幹事長ら自民党幹部の必死の応援も実らず、自公推薦の候補が敗北を喫した。
これで滋賀、沖縄に続いて知事選3連敗となった。

国会では圧倒的多数を誇る自公与党だが、この数字が国民の本当の支持によるものでないことを、知事選の連敗が物語っている。

安倍総理はさぞかし悔しがって、周りの取り巻きに八つ当たりしていることだろう。

自分のやりたいことをやるのではなく、国民のために何をやるかが総理のあるべき姿なのだが、この駄々っ子総理には望むべくもなさそうで残念だ。
 

「×」 数研出版が教科書を「改悪」

「×」 <高校教科書>数研出版「従軍慰安婦」「強制連行」を削除

◇公民科の「現代社会」2点と「政治・経済」1点

 教科書会社「数研出版」(東京都)が昨年11月、高校の公民教科書から「従軍慰安婦」と「強制連行」の記述を削除する訂正申請を文部科学省に行い、同12月に認められたことが分かった。
訂正が反映された教科書は今春から使われる。同社は訂正理由について「今の時点ではお話しできない」としている。(毎日新聞)


第二次大戦時、日本軍が従軍慰安婦を集め、軍の慰安所を設置していたことは厳然たる歴史的事実であるにも関わらず、教科書からその記述を削除して、なかったことにしようとするとは、本当に情けない。

事実を知りながら、安易な自己弁護のためにそれを次世代に伝えなければ、彼らが世界から無知という烙印を押されることになるし、また同じ過ちを繰り返すことになるかも知れない。

事実を隠すことは日本を貶めることであり、事実を認めることこそが、日本が認められる道である。

※ 最近、スパムコメントがもの凄いことになっていたので、コメント投稿時に確認画面を設定しました。
お手数ですがよろしくお願いします。

「○」 麻生氏が企業の内部留保を「守銭奴」と批判!!

「○」 内部留保は「守銭奴」…麻生氏、賀詞交歓会で
読売新聞 1月6日(火)7時43分配信

 麻生副総理・財務相は5日、東京都内で開かれた信託協会の賀詞交歓会であいさつし、企業が手元にためる内部留保(利益剰余金)が増えていることについて、「まだお金をためたいなんて、単なる守銭奴に過ぎない」と述べた。

 麻生氏はこれまでも、黒字企業が積極的に設備投資や賃上げをしていないと批判してきたが、「守銭奴発言」で波紋が広がりそうだ。

 麻生氏は「内部留保は昨年9月までの1年で304兆円から328兆円に増えた。毎月2兆円ずつたまった計算だ」と指摘。「その金を使って、何をするかを考えるのが当たり前だ。今の日本企業は間違いなくおかしい」と強調した。

 一方、経団連の榊原定征(さだゆき)会長は、5日に都内で開かれた連合の賀詞交歓会に歴代の経団連会長として初めて出席し、「賃金の引き上げに向けて最大限の努力をしていきたい」とあいさつした。今後、経済界がどれだけ「本気度」を示せるかが注目される。


麻生財務大臣が、内部留保を増やし続ける企業に対して「守銭奴」と批判した。

まったくその通りだ。麻生もたまには良いことを言う。

良いことを言えば、敵でも褒めざるを得ない。

しかし、安倍総理は性懲りもなく、法人税減税を更に上乗せするなどというたわ言をほざいている。

内部留保を増やす余裕があるなら、法人税は減税どころか増税すべきだし、内部留保自体に課税すれば、日本の財政健全化に大いに役立つだろう。

黒字企業の社会的責任も問われている。


今日、NHKFMのラジオで良い曲がかかった。
パーソナリティの意識次第で、NHKでも頑張れるということか。



「×」 こんなにめでたくない正月は初めてかも。

「×」 改革断行の一年に=安倍首相年頭所感
時事通信 1月1日(木)0時13分配信

 安倍晋三首相は2015年の年頭所感を1日付で発表した。首相は経済再生や外交・安全保障などの課題を挙げ「さらに大胆に、さらにスピード感を持って改革を推し進める。日本の将来を見据えた『改革断行の一年』にしたい」と決意を示した。
 首相は今年が戦後70年に当たることに触れ「先の大戦の深い反省の下、戦後、ひたすら平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してきた」と指摘。「私たちが目指す国の姿を、この機会に世界に向けて発信し、新たな国づくりへの力強いスタートを切る。そんな一年にしたい」と表明した。
 経済政策については「アベノミクスをさらに進化させていく」と強調、「経済最優先で政権運営に当たり、景気回復の暖かい風を全国津々浦々に届けていく」と意欲を示した。


このノータリンの独裁者の思い込みが、ほとんどの国民を不幸に陥れようとしている。

今年ほど、めでたくない正月は初めてのような気がする。
  
プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示