「○」 死もまた社会奉仕。

「○」 岡崎元駐タイ大使が死去、84歳=安倍首相の外交ブレーン
時事通信 10月27日(月)18時50分配信

 元駐タイ大使で安倍晋三首相の外交・安全保障政策のブレーンとして知られる岡崎久彦(おかざき・ひさひこ)氏が26日、東京都内の病院で死去した。
 外務省が27日発表した。84歳だった。中国・大連生まれ。通夜、葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻昭子(あきこ)さん。後日、しのぶ会を開く予定。
 東大法中退。1952年に外務省に入り、情報調査局長、駐サウジアラビア大使、駐タイ大使などを歴任、92年に退官した。
 首相の私的諮問機関で、集団的自衛権の行使容認を求める報告書を提出した有識者懇談会のメンバーだった。


石橋湛山先生のおっしゃる通りです。

他に早く社会奉仕して頂きたいのは、まず真っ先に竹中平蔵。

続いて安倍晋三、そして、原子力規制委員会の田中委員長といったところか。

【追加】 ひとり大事な御仁を忘れていた。
一応医者のようだが、その実態はニコニコ教教祖である山下俊一にも、早急に社会奉仕をお願いしたいものだ。  
  
スポンサーサイト

「○?」 女性2閣僚の辞任で、安倍政権窮地か?

「○?」 異例の「ダブル辞任」…首相、早期事態収拾図る
読売新聞 10月20日(月)14時28分配信

 第2次安倍内閣は、9月の改造からわずか1か月半で、小渕経済産業相と松島法相が「ダブル辞任」に追い込まれるという異例の事態を迎えた。

 安倍首相は早期の事態収拾を図ることで、「辞任ドミノ」の影響を最小限に抑えようと考えたとみられる。首相は20日、任命責任を認めて陳謝したが、今後、野党側の国会での追及は必至だ。

 第1次安倍内閣では、「政治とカネ」の問題などで、佐田玄一郎行政改革相や赤城徳彦農相ら5人の閣僚が次々と辞任・交代した。当時、首相は閣僚辞任による政権への悪影響を懸念し、閣僚を守る姿勢をみせるなどした経緯がある。首相周辺も「あの時は温情もあって対応は後手に回り、政権の弱体化につながった」と振り返る。当時の教訓が、今回の決断につながったとみられる。


今月はいろいろ忙しく、久々の更新となってしまった。

安倍総理が鳴り物入りで起用した女性閣僚だったが、あっという間に2人の首が飛ぶ事態となった。

自業自得だ。

残りの女性閣僚も、靖国神社に参拝したり、今後も問題を起こしそうである意味楽しみと言えるかもしれない。

共同通信の世論調査によると、内閣支持率は6.8ポイント下がって5割を切り、アベノミクス・消費再増税・カジノ法案・原発再稼働・特定秘密保護法・日米ガイドライン等、安倍政権が進める各政策にも反対が過半数を超えている。

安倍政権の行き詰まりが目に見えてきた。

これを政権交代につなげて行かなければならない。

  

「×」 安倍政権の政策が国民を追い詰める。

「×」 暮らしに「ゆとりがない」がアベノミクス前の水準に悪化
Bloomberg 10月2日(木)16時7分配信

  10月2日(ブルームバーグ):1年前と比べて現在の暮らし向きに「ゆとりがなくなってきた」という家計が全体の約半数に達し、安倍政権が誕生する直前の水準まで高まっていることが日本銀行の調査で分かった。

調査は日銀が四半期ごとに行っている「生活意識に関するアンケート調査」。現在の暮らし向き(1年前対比)について、「ゆとりがなくなってきた」との回答が48.5%と、安倍政権が誕生する前に行われた2012年12月調査(50.4%)以来の高い水準となった。

「ゆとりがなくなってきた」と答えた人にその理由(複数回答)を聞いたところ、「物価が上がったから」という回答が66.2%に達し、「給与や事業などの収入が減ったから」の48.5%を上回り、最多の回答となった。「物価が上がったから」という回答は、消費税率引き上げ後に行った前回6月調査(61.9%)をさらに上回った。

日銀は今年度の消費者物価(除く生鮮食品、コアCPI)について、消費増税を含むベースで前年比3.3%上昇、除くベースで1.3%上昇と着実な上昇を見込んでいる。一方、これまで1.0%とみていた実質国内総生産(GDP)の見通しは大幅な下方修正の可能性が強まっている。


アベノミクスの円安株高政策は、輸出大企業だけを潤し、一般庶民には何の恩恵もないどころか、生活を困窮させるものでしかないことが、アベノミクス政策の張本人である日銀の調査で明らかになった。

この上、消費税が10%になろうものなら、国民の生活はさらに追い詰められることになる。

安倍政権のあらゆる政策が国民を苦しめ、日本をアメリカのパシリとしての戦争参加へと向かわせている。

何とかして、安倍政権を打倒しなければならないのだが、、、。
  
プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示