「×」 御嶽山の噴火を教訓にせよ。

「×」 御嶽山が7年ぶり噴火 気象庁「収束の判断難しい」
朝日新聞デジタル 9月27日(土)13時8分配信

 気象庁は27日、長野と岐阜県境にある御嶽山(標高3067メートル)が噴火した、と発表した。御嶽山の噴火は2007年3月以来。気象庁は、噴火警戒レベルを入山規制のレベル3とした。午後3時50分現在、噴火は続いているものとみられ、岐阜、長野、山梨の3県で降灰に注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると、噴火は27日午前11時53分。国土交通省中部地方整備局が御嶽山の南側に設置しているカメラでは、噴煙が南側斜面を3キロ以上流れ降りている様子が観測された。山頂の火口付近から周囲4キロ程度の範囲で、噴火に伴う大きな噴石への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、噴火の約10分前に、火山活動が活発になる際にみられる「火山性微動」を観測した。また、御嶽山では9月に入って火山性地震が急増。10日に52回、11日には85回の火山性地震を観測していた。

 今後、大規模な噴火につながる可能性について、気象庁の北川貞之・火山課長は記者会見で「地殻変動もみられていないので、それほど大規模な噴火に至るとは考えていないが、今回と同程度には至る可能性があると考えている。活動がいつごろ収束するかを判断するのは、なかなか難しい」と話した。

 御岳山では1979年10月、剣が峰の南西側の斜面で、マグマが地下水を熱することで起こる水蒸気爆発が発生、登山者1人が軽いけがをした。


御嶽山が噴火し、多くのけが人が出た。

今後どうなるかも不明で心配だ。

そしてこのあたりは、リニア新幹線のルートにも近い所だろうから、工事にも何らかの影響を与えるだろうというよりも、この火山列島、地震列島でリニア新幹線などというバカな物を作ること自体に対する、自然からの警告と思わずにはいられない。

東日本大震災のあれほどの大被害を忘れてしまったかのように、原発再稼働に突っ走る安倍政権や原子力規制委員会は、今回の噴火を天からの啓示ととらえ、謙虚に反省して全原発廃炉へと進まなければ、日本にとどまらず、全人類の破滅の扉を開くことになるだろう。

火山が眼の前にある川内原発の再稼働など狂気の沙汰、言語道断だ。

自然の力を甘く見るな!!
 
スポンサーサイト

次世代原発の研究再開に「×」。

「×」 次世代型原子炉、研究開発を再開へ…政府
読売新聞 9月17日(水)7時32分配信

 政府は、次世代型原子炉として期待される高温ガス炉の試験研究炉(茨城県大洗町)の運転を2015年度に再開し、研究開発を本格化させる方針を固めた。

 東日本大震災を受けて停止中だが、早ければ10月にも原子力規制委員会に安全審査を申請する。産官学による協議会を年内に設置して研究開発の工程表を作成し、実用化に向けた取り組みを後押しする考えだ。

 高温ガス炉は軽水炉と違い、冷却に水ではなく、化学的に安定しているヘリウムガスを使う。このため、水素爆発などが起きず、安全性が高いとされる。

 日本は1990年代から、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構)を中心に高温ガス炉の研究開発を行っており、世界有数の技術の蓄積がある。試験研究炉では98年、核分裂を連続して発生させる「臨界」に初めて成功した。ただ、震災を受けて2011年3月に運転を停止して以降、研究は進んでいない。


「次世代型原子炉として期待される」って、いったい誰が期待しているというのか。

原発は現在のものだろうが次世代型だろうが、放射性廃棄物の処理の目処は立たず、また安全設備にも莫大なコストがかかることに変わりはないのに、カネモウケ第一の奴らがそれを無視して研究を再開するとは狂気の沙汰だ。

福島の事故の処理もできるのかどうかさえ分からないのに、またこんなバカげたことを始めようとは、安倍政権と原子ムラの連中は、危険ドラッグでもやってラリッてるんじゃないだろうな。

ああ、それとも、原発自体が抜けることのできない危険ドラッグなのかもしれない。

一度そのカネの魔力に憑りつかれると、実現不可能な幻覚を見るようになり、危険は他人に押し付けて、自分だけが良い目をみようとするようだ。

早くクスリを抜かないと、世界全体が原発ドラッグ中毒者の巻き添えとなって、滅ぶことになってしまう。

いい加減にしろ!!

「×」 日本の名誉を傷つけているのは安倍政権だ!!

「×」 「日本の名誉傷つけた」=安倍首相、朝日報道を批判
時事通信 9月11日(木)18時28分配信

 安倍晋三首相は11日のニッポン放送の番組で、朝日新聞が従軍慰安婦報道の一部を取り消したことに関し、「慰安婦問題の誤報で多くの人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられたことは事実と言っていい」と批判した。その上で「わが国の名誉を傷つけることがあることも十分認識しながら、責任ある態度で正確で信用性の高い報道を行うことが常に求められている」と指摘した。

総理は慰安婦問題の誤報というが、それは朝日新聞が掲載した「吉田証言」(原発と紛らわしいが)が間違っていたということであり、それによって日本軍の慰安婦強制がなかったということになるわけではない。

吉田証言の嘘が日本の名誉を傷つけたというのなら、あったことをなかったと嘘をつくことも、同じように日本の名誉を傷つけることになるだろう。

そもそも日本軍が慰安所を置かざるを得なかったのは、日本軍が進軍に伴う兵站の補給を行わず現地調達したことにある。

現地の民家を襲って食糧を略奪し、行きがけの駄賃にと女性を凌辱し、住民を殺害し、家に火をつけて焼き払うという蛮行を繰り返したのだ。

その傍若無人ぶりに頭を痛めた軍の上層部が兵士の性欲処理のために設置したのが、軍の慰安所だったのである。

総理など慰安婦強制否定派は、そこで働く女性の調達に、軍が直接暴力的に強制したかどうかだけを問題にしているが、その強制がなければ「日本の名誉」が守られるとでも言うのだろうか。

慰安所を作らざるを得なかった日本軍の蛮行こそが、「日本の名誉」を最も傷つけるものに他ならない。

NHKの籾井会長は、戦時下ではどの国でもあったことなどとうそぶいたが、そんな理屈で「日本の名誉」が語られるとしたら、あまりにも情けない。

やったことを否定し隠すのではなく、やったことはやったと潔く認め謝罪することこそが、「日本の名誉」を高めることになる。

そして今の日本が保持する最大の「名誉」は、戦争放棄を謳った日本国憲法に他ならない。

その憲法を破壊しようとする安倍政権こそが、「日本の名誉」を傷つける張本人なのである。

  

「×」 死んだ目をした田中委員長が国民を殺す。

「×」 川内原発、規制委が許可 新基準審査で初めて

朝日新聞デジタル 9月10日(水)11時6分配信

 原子力規制委員会は10日、九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)について、安全対策の主要部分が新規制基準を満たすとする「審査書」を正式決定し、法に基づく設計変更の許可を出した。再稼働に向けた主要な審査を正式に終えたことになり、今後は残りの認可手続きと地元の同意手続きが焦点になる。

 審査書の決定は全国の原発で初めて。ただ、九電は残る認可手続きに必要な書類を提出しておらず、再稼働が可能になるのは早くても年明けになる見通しだ。

 規制委は7月16日に川内原発の審査書案をまとめ、30日間にわたり意見を募集していた。この日は寄せられた1万7819件の意見の概要が公表され、主に記載漏れや文言の修正など一部の意見を反映したことが報告された。


もはや人間の心を失った原子力規制委員会のメンバーたちが、自らのカネモウケだけのために、国民の生命と生活を破壊しようとしている。

規制委員会の連中は、自分たちが作った「安全を保証するものではない」規制基準に合格したとして、全会一致で原発の再稼働にゴーサインを出した。

奴らの目に真実は映らず、奴らの耳に反対の声は聞こえず、奴らの口からは再稼働のための言い訳だけが語られる。

そこには人間らしい思いやりや温かみは微塵もなく、理論的な思考もなく、ただわが身の保身だけが存在する。

なぜそんな奴らによって、無辜の市民の安全が脅かされなければならないのだろう。

怒りしかない。

  

「×」 内閣改造?それが何か?

「×」 第2次安倍改造内閣が発足=12人交代の大幅

 第2次安倍改造内閣は3日夕、皇居での認証式を経て正式に発足する。18の閣僚枠のうち12ポストが交代する大幅改造となった。安倍晋三首相は同午後6時半に記者会見し、今後の政権運営の基本方針や内閣改造の狙いについて説明。同7時15分から初閣議に臨む。(時事通信)

マスコミは安倍内閣の改造がどうのこうのとかまびすしいが、国民にとってはまったく関係ないどうでもいいことでしかない。

安倍内閣の対米従属、中韓敵対、株価最優先、国民軽視の方向性はまったく変わっていないのだから当然だ。

一刻も早い、安倍内閣打倒、国民優先の政権誕生が望まれるが、、、。

プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示