「×」 総理の軽挙盲動が、日本を孤立させる。

「×」 首相、A級戦犯ら法要に哀悼メッセージ「祖国の礎に」
朝日新聞デジタル 8月27日(水)5時37分配信

 安倍晋三首相が4月、A級、BC級戦犯として処刑された元日本軍人の追悼法要に自民党総裁名で哀悼メッセージを書面で送っていたことが朝日新聞の調べで分かった。連合国による裁判を「報復」と位置づけ、処刑された全員を「昭和殉難者」として慰霊する法要で、首相は「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と伝えていた。

 メッセージを送ったのは高野山真言宗の奥の院(和歌山県高野町)にある「昭和殉難者法務死追悼碑」の法要。元将校らが立ち上げた「追悼碑を守る会」と、陸軍士官学校や防衛大のOBで作る「近畿偕行会」が共催で毎年春に営んでいる。

 追悼碑は連合国による戦犯処罰を「歴史上世界に例を見ない過酷で報復的裁判」とし、戦犯の名誉回復と追悼を目的に1994年に建立。戦犯として処刑されたり、収容所内で病死や自殺をしたりした計約1180人の名前が刻まれている。靖国神社に合祀(ごうし)される東条英機元首相らA級戦犯14人も含む。


いったいこの安倍総理という奴は、日本をどうしたいというのだろうか。

こんなA級戦犯の法要に哀悼メッセージを送れば、中韓はもとより、アメリカにも反感をもたれるのは自明の理だろうに、なぜやってしまうのだろうか。

日本を、わざと世界の孤児にしようとしているとしか思えない。

いくら終戦記念日の靖国参拝を我慢しても、元の黙阿弥、台無しだ。

ゴルフをやめられないのと同じように、戦犯崇拝はやめられないのだろう。

とても現代人とは思えない。

早く引退してくれ。

 
スポンサーサイト

「×」 国民の命とくらしより、ゴルフが大事だもんね、ぼくちゃん。

「×」 土砂崩れを知りながらも2時間ゴルフをした安倍首相
中央日報日本語版 8月21日(木)7時56分配信

20日未明、広島の住宅街で豪雨による土砂崩れが発生し、36人が死亡、7人が行方不明となった。

19日夜から20日未明にかけて広島市安佐南区と安佐北区の一帯では、1時間あたり130ミリの局地的豪雨による土砂崩れが約10カ所で発生し、土砂が周囲の住宅を覆った。NHKなどによると、死者には救助作業中だった消防署員も含まれていて、犠牲者はさらに増える可能性もある。

山梨県で夏休み中だった安倍晋三首相はこの日朝、土砂崩れによる事故が伝えられた後にもゴルフを楽しんだことに対し、批判が出ている。土砂崩れはこの日午前3時30分ごろ集中的に発生し、午前4時20分に首相官邸に「情報連絡室」が設置された。

広島市は午前4時30分、該当地域の住民に「避難勧告」を出した。安倍首相は午前6時30分▼被災者の救命・救助の災害応急対策に全力で取り組む▼関係省庁が緊密に連携し、住民の避難支援に万全を期す▼国民に情報提供を的確に行う--という3点を政府に指示した。

問題は、指示を出した1時間後に本人はゴルフ場に行ったということだ。安倍首相のこの日のラウンドパートナーは森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相だった。午前7時半にゴルフを始めた安倍首相は約2時間、ゴルフを続けた。すでに午前7時ごろからテレビでは「土砂に埋もれて多数が死亡した」というニュースが出ている状況だった。

事態が深刻であることを遅れて知った安倍首相は午前9時30分ごろゴルフを中断し、東京の首相官邸に急いで向かった。官邸に到着した安倍首相は「現地に数百人単位の自衛隊を派遣することにした」とし、「迅速対応」を強調した。


今年は梅雨の時期から雨が多く、台風も早くから上陸したりして、日本のどこで土砂災害が起きても不思議でない状況だった。

先日書いた通り、近畿でも豪雨災害で死者が出ており、今回の広島の事態もまったく想定外とは言えないだろう。

そんな中で、土砂崩れの報告を受けながら、それでもゴルフに行くとは、安倍総理はどこまで国民の生命財産を軽視しているのだろうか。

人の痛みや苦しみについて、まったく想像ができない、想像しようともしない、人間の感情をもたない、しゃべる人形のような存在のように思えてならない。

ただ、自分に対する批判にはムキになって反論するから、まったく感情がない訳ではないが、そんな感情は子供のわがままと同じだ。

それにしても前日にもゴルフをしているし、5日で4ラウンドとは、どんだけゴルフが好きやねん、もうゴルフ中毒と言えるかもしれない。

このゴルフに対する情熱の、せめて半分でも国民の生活に向けてくれたらと思うが、そんなことは絶対ありえないだろう。

総理失格だ。

  

粛々と国民の命を削る谷垣法相に「×」。

「×」 谷垣氏、予定通り消費税10%に 内閣改造では法相退任の見方
産経新聞 8月18日(月)18時22分配信

 谷垣禎一法相は18日、長野県軽井沢町のホテルで開いた自民党有隣会(谷垣グループ)の研修会で講演し、安倍晋三首相が年末、平成27年10月に消費税率を10%へ引き上げるかどうか判断することに関し、予定通り増税すべきだとの考えを示した。

 谷垣氏は「10%にもっていけない状況が生まれれば、経済政策『アベノミクス』が成功しなかったとみられる可能性がある」と強調した。「増税を中止すれば法案を再提出する必要があり、簡単なことでない」とも語った。

 9月上旬に行う内閣改造については「新しい法相が誕生する可能性が多分にある」と述べ、自らが退任するとの見方を示した。

 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定に関しては「韓国の了解を取り付ける努力が必要だ。(日本側に)中国を仮想敵国とみなすような発言があり注意が必要だ」と述べた。


この谷垣法相の言い分を分かりやすく言い換えると、「国民の生活なんかよりも、アベノミクスの成功という名聞の方が大事だし、予定が変わると法案の再提出なんかも面倒だから、国民の命と暮らしは無視して、とにかく増税すべきだ」 ということだろう。

さすがに決まったことだからと、次々に死刑を執行してきた御仁だけのことはある。

アベノミクスの成功とは、景気が回復して財政再建の道も開け、国民の生活が豊かになって初めて成功と言えるのだが、現実は消費増税ばかりでなく、株価維持のための円安誘導による輸入品の値上がりや、中東情勢の不安定化による原油価格の高騰など、一部の大企業以外にはアベノミクスの恩恵などまったくなく、その破たんは目前という状態だ。

こういう現状においてさらに消費増税が行われれば、一部の金持ちを除く国民の生活はますます苦しさを増し、自ら命を絶つ人も増えることは目に見えているのだが、谷垣氏にとってはそんなことはどうでもいいらしい。

虫も殺さぬ弱気なサラリーマンのような顔をしながら、粛々と死刑を執行してきた谷垣氏だが、今度はじわじわと国民の命を削っていくつもりのようだ。

許せん!!

豪雨災害には目もくれず、ゴルフ三昧の総理に「×」。

「×」 全域に避難勧告、川氾濫の恐れ=自衛隊に災害派遣要請-京都・福知山

豪雨に見舞われた京都府福知山市は17日、市内全域の3万5774世帯、8万860人に避難勧告を出した。市内を流れる由良川の水位が上昇し、氾濫の注意水位を超えたためで、同市は府を通じて自衛隊の災害派遣を要請。綾部市でも712世帯、2071人に避難指示が出された。

 府によると、福知山市では16日午前5時から24時間の雨量が観測史上最大に。同市は市営住宅の周辺道路が冠水したため、17日午前7時05分に災害派遣を要請。自衛隊員約50人が出動し、住民をボートで避難させたという。
 同市内では土砂崩れも発生し、住宅7棟に土砂が流入。このうち、同市聖佳町では76歳の女性が頭を打つなどのけがをした。
 府によると、避難勧告は福知山、舞鶴両市で3万7701世帯、8万4972人に上った。


丹波市に災害救助法適用=兵庫県
時事通信 8月17日(日)17時13分配信

 兵庫県は17日、大雨による土砂崩れなどの被害を受け、丹波市に災害救助法を適用することを決めた。避難所設置や避難者への食料支給などの費用を国と県が負担する。

首相動静(8月16日)
時事通信 8月16日(土)8時4分配信

 午前8時現在、山梨県鳴沢村の別荘。朝の来客なし。
 午前9時16分、別荘発。

 午前9時43分、同県山中湖村のゴルフ場「富士ゴルフコース」着。秘書官らとゴルフ。
  午後4時38分、同所発。
 午後5時3分、別荘着。
 午後6時4分、別荘発。
 午後6時41分、同県山中湖村の会員制ホテル「エクシブ山中湖サンクチュアリ・ヴィラ」着。同ホテル内のレストラン「イルコローレ」で昭恵夫人や母親の洋子さんらと食事。
 午後9時11分、同ホテル発。
 午後9時43分、別荘着。
 17日午前0時現在、別荘。来客なし。


首相動静(8月17日)
時事通信 8月17日(日)8時1分配信

 午前7時51分、山梨県鳴沢村の別荘発。
 午前7時55分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。榊原定征経団連会長、御手洗冨士夫キヤノン会長兼社長、渡文明JXホールディングス名誉顧問とゴルフ。
 午後3時49分、同所発。
 午後3時52分、別荘着。
 午後5時37分、別荘発。
 午後5時59分、同県山中湖村のホテルマウント富士着。同ホテル内の宴会場「メヌエット」で日枝久フジテレビ会長、加藤勝信官房副長官らと会食。昭恵夫人同席。
 午後8時31分、同ホテル発。
 午後8時54分、別荘着。

日本各地が豪雨に見舞われ、住民の避難勧告や自衛隊出動要請まで出ているというのに、安倍総理は国民の窮状など全く顧みることなくノンビリとゴルフにふけっている。

集団的自衛権行使の目的は、「国民の命と暮らしを守るため」などと言っていたが、もともと「国民の命と暮らし」などにはまったく関心がないことが、このゴルフ三昧でも証明されたのではないだろうか。

総理の関心事は、株価とアメリカの顔色でしかない。

こんな奴に、総理の資格などない。

  

「不戦の誓い」なき「平和への誓い」に×。

「×」 <終戦記念日>69回目の夏、平和誓う 武道館で追悼式
毎日新聞 8月15日(金)12時20分配信

 ◇安倍首相は式辞で今年も「不戦の誓い」には触れず

 69回目の終戦記念日の15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館であり、天皇、皇后両陛下や遺族ら約6000人が参列した。安倍晋三首相は式辞で、歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者への加害責任や「不戦の誓い」には、昨年に続き触れなかった。一方、7月に閣議決定した集団的自衛権の行使容認への言及はなかった。

安倍政権は今年7月、憲法の解釈変更で集団的自衛権の行使を認めた。昨年12月には国家機密の漏えいに厳しい罰則を科す特定秘密保護法を成立させた。戦後70年の節目を来年に控え、国のかたちが変わりつつある中での追悼式となった。

 安倍首相は式辞で「歳月が流れても変えてはならない道がある。今日は平和への誓いを新たにする日だ」と終戦記念日の意義を強調。「世界の恒久平和に能(あた)うる限り貢献し、万人が心豊かに暮らせる世の中の実現に全力を尽くす」と述べた。太平洋戦争の激戦地パプアニューギニアを先月訪ねたことにも触れ、「いまだふるさとへの帰還を果たされていないご遺骨のことも忘れない」とも述べた。

 過去の式辞で、1993年に細川護熙首相は「戦争を永久に放棄することを国家の意思として宣言する」、94年に村山富市首相は「自らの歴史を反省し、不戦の決意のもと恒久の平和を確立する」など、加害責任や不戦に言及してきた。安倍首相も第1次政権の2007年には「アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」「戦争の反省を踏まえ、不戦の誓いを堅持する」とし、前例を踏襲していた。


安倍総理は全国戦没者追悼式で「平和」を強調したが、歴代総理が言及してきた「加害責任」や「不戦」には触れなかった。

総理は集団的自衛権の行使さえ、「国民の命と暮らしを守るため」だと強弁するが、集団的自衛権行使は即戦争であり、戦争というものは「国民の命と暮らしを守る」どころか、「国民の命と暮らしを犠牲にして国家・国体を守る」ものであることは歴史が証明している。

総理が本当に「歴史に謙虚に向き合い、その教訓を深く胸に刻」むつもりなら、自分勝手な「積極的平和主義」ではなく、憲法に基づいた戦後の平和主義を堅持すべきだ。

日本を戦争のできる国にする、解釈改憲も明文改憲も許されない。

  

冷血な上に足りない総理に「×」。

「×」 被爆者7団体、集団的自衛権「撤回を」 首相と面会
朝日新聞デジタル 8月6日(水)15時5分配信

 被爆者7団体の代表は6日、他国を守るために自衛隊が海外で戦う集団的自衛権の行使は認められると閣議で決めた安倍晋三首相に対し、閣議決定を撤回するよう申し入れた。安倍首相は「目的は国民の命と暮らしを守るためだ」と述べ、理解を求めた。

 平和記念式典後に広島市内のホテルであった「被爆者代表から要望を聞く会」で申し入れた。政府側は安倍首相のほか、岸田文雄外相や田村憲久厚生労働相らが出席した。

 7団体は首相に出した要望書の冒頭で「政府は憲法の精神を消し去ろうとしている」と非難。7団体の代表が意見を述べる場では、広島被爆者団体連絡会議の吉岡幸雄事務局長(85)が「69年間、1人の戦死者も出していないのに、殺し殺され、戦争の出来る国にするものだ。失われるものがあまりに大きい」と語った。安倍首相は「戦争をする国になるという考えはない」としたうえで、「丁寧に国民の理解を得られるよう説明したい」と答えた。

 要望を聞く会の終了後、広島県原爆被害者団体協議会(被団協)の坪井直(すなお)理事長(89)は「要望にきちんと応えてくれなかった。首相は戦争することはないと言っていたが、解釈改憲はごまかしだ」と批判した。


安倍総理は被曝者団体の申し入れに対して、いつもの調子でケロリと否定してみせた。

この人には人間の感情、思いやりや共感というものが、すっぽりと抜け落ちているとしか思えない。

そしてその冷血さとは別に、物事に対する理解力の問題もある。

総理の言い分だと「集団的自衛権の行使」と「戦争をする」ということは、違うことのように聞こえるが、そんなバカなことはない。

「集団的自衛権の行使」とは、同盟国と他国の戦争に、日本が参戦するということに他ならないからだ。

「集団的自衛権の行使」自体が、「戦争をする」ことそのものなのだ。

そんなことも分からないのに「国民の理解を得られるよう説明する」とは、まったくアホらしい。

理解していないのは、国民ではなく総理の方だ。

ゴルフばかりやってないで、少しは勉強したらどうだ。

  
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示