「○」 春香クリスティーン、よくぞ言った!!

×」 春香クリスティーン、靖国参拝に「ヒトラーの墓参り」発言 ネット鎮火せず、朝鮮日報も追随
J-CASTニュース 12月29日(日)18時5分配信

 安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐる、タレント・春香クリスティーンさん(21)の発言が物議を醸している。問題となったのは、参拝当日の2013年12月26日にテレビ番組で行った「もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?」という発言だ。

 春香さんは12月26日の「情報ライブ ミヤネ屋」(よみうりテレビ系列)にコメンテーターとして出演した。この日のトップニュースは安倍首相の靖国参拝で、近隣諸国との関係悪化を懸念する論調で番組は進められた。

 司会の宮根誠司さん(50)は「やっぱり隣国ですから、中国・韓国の歴史認識ってのは一致させたいのが理想」だとしながら、南スーダンでの内戦などを例にだし、春香さんに「隣同士で仲の良い国がどれだけあるのか」と問いかける。

 それに対して春香さんは、

  「海外でよくこの問題と比べられるのが、『もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのか?』という論点で議論されるわけですけれど、まあ難しい問題ですよね」

と答えた。あくまで春香さん個人の意見ではなく、海外で「靖国参拝」と「ヒトラーの墓参り」が同列に扱われることがあると紹介したのみだったが、発言の一部がひとり歩きした結果、多くのネットユーザーから「英霊に対する侮辱」や「事実誤認がある」などと反発を浴びることとなった。

 すぐさまネット上では批判がうずまき、春香さんのブログやツイッターは「炎上」した。ブログには抗議コメントが殺到したが、そのいずれも即座に削除されたことが火に油を注いだ。26日以降、現在まで春香さんはブログ・ツイッターなどで発言をしていない。

 ネット掲示板「2ちゃんねる」では29日の現在もなお、

  「ヒトラーとか極端な例を挙げる必要ないからな」
  「『靖国参拝する日本人、外国人観光客、海外要人はヒトラーの信奉者も同然』と言ってるようなものだ」

などと、発言に対する批判が高まっている。


タレントの春香クリスティーンが安倍総理の靖国参拝に対して、海外では「ドイツの首相がヒトラーの墓に参ったらどうなのか」という議論があると紹介したことが物議を醸しているそうだ。

ネトウヨの諸君は、ヒトラーに例えられているのは靖国に合祀されているA級戦犯であって、他の戦死者ではないということが分からないようで気の毒だが、それとは別に、第二次大戦の戦争責任者はドイツはヒトラー、イタリアならムッソリーニと即答できるが、日本の場合はどうなのだろう。

今回ヒトラーに例えられたA級戦犯の中でも、一番有力なのは当時の首相だった東條英機だろうが、それでもヒトラーやムッソリーニと比べれば小物感を禁じ得ない。

独伊の両者と比肩しうるのは、やはり、昭和天皇をおいてほかにないと思われるが、しかし昭和天皇は、アメリカの占領政策の都合上助命となり、その戦争責任もあいまいにされ、その身代わりとして質より量ということでA級戦犯が断罪されたということだ。

この、日本における戦争責任のあいまいさが、現在まで続く中韓との確執の消えない火種としてくすぶり続ける原因だし、トップが責任を取らない日本の体質の根源かもしれない。

今回の春香クリスティーンの発言は「○」だが、それにイチャモンをつけるネトウヨ諸君には大きな「×」だ。

スポンサーサイト

安倍の靖国参拝と百田尚樹に「×」。

「×」 百田尚樹さん、参拝を歓迎 「国民の代表として当然」
朝日新聞デジタル 12月26日(木)22時39分配信

 零戦パイロットの足跡をたどったベストセラー小説「永遠の0(ゼロ)」の著者で、27日付で安倍首相との対談本を出版する作家の百田尚樹さんは今夏、対談した安倍首相に対し、靖国神社に参拝するようお願いしたと打ち明ける。

 百田さんによると、安倍首相は「第1次内閣で参拝できなかったのは痛恨の極み。その思いは今も変わっていない」と応じた上で、「国のために尊い命を捧げた英霊に尊崇の念を表明するのは当然」と参拝に前向きな姿勢を示したという。

 百田さんは26日の参拝について「ずっと参拝するべきだという思いを安倍さんは持っていた。英霊に手を合わせ、感謝の念を捧げるのは国民の代表として当然だ」と歓迎。「中国や韓国はこれを外交カードにしている。批判は内政干渉にあたる」と語った。


最近やたらとテレビに出まくっている「永遠の0」の作者、百田直樹が、安倍総理の靖国参拝を歓迎している。

中韓はもとより、アメリカからも批判されている安倍の靖国参拝は、外交的な観点から見てもまったく稚拙で、日本の国益を損なうものでしかないが、それを称賛する百田の小説がベストセラーになっていること、そして映画も大々的に宣伝され、ヒットしそうなことも厭な感じだ。

さらに残念なのが、映画の主題歌をサザンの桑田が担当していることだ。

桑田も映画を見てそれなりに感動したのだろうが、特攻隊を主題にすれば観客の涙を誘うのはしごく当然であり、それを美化することは非常に危険だ。

「永遠の0」は読んでいないし、映画も見ていないが、安倍総理を支持する人物の作品であれば、その内容は推して知るべしだろう。

現代の物語だから、あからさまに戦争を肯定しているわけではないだろうが、安倍総理だって「不戦の誓い」などと恥ずかしげもなく言って見せる。
それと似たようなものだろう。

桑田がその片棒を担いでしまったとすれば、非常に残念だ。

特攻はあってはならない戦法だし、それを心理的に強制したのが靖国神社だった。

日本の進路を誤らせる安倍政権と、きな臭い空気に要注意だ。

  

「×」 北朝鮮との違いは縮まっている。

「×」 違い過ぎてあぜん…張氏処刑、閣僚から驚きの声
読売新聞 12月13日(金)11時27分配信

 北朝鮮国防委員会の張成沢(チャンソンテク)前副委員長が処刑されたことについて、13日午前の閣議後の記者会見では情報収集や情勢分析の必要性を強調する声が相次いだ。

 菅官房長官は「関係国と密接に連携を取りながら冷静に情勢を注視し、引き続き情報収集に努めたい」と述べ、冷静に対応する考えを強調した。小野寺防衛相は「軍の影響力が強化されることにつながれば、北朝鮮の動向がより先鋭化する。ミサイルや核実験も予断を許すような状況でない。引き続き警戒監視をしっかりしていきたい」と述べて警戒感をあらわにした。

 驚きの声も上がった。稲田行革相は、「(日本と)あまりに違い過ぎてあぜんとすると同時に、そういう国であることを常に認識して付き合わなければならない」と述べた。新藤総務相も「突然の解任と即時死刑は日本ではあり得ない残虐なことだ。それだけ北朝鮮が安定していないということだ」と語った。


北朝鮮のNo.2が粛清された。

言うまでもなく酷いことだが、果たして稲田行革相のように、日本と「違いすぎてあぜん」とすると言っていていいのだろうか。

確かに今の日本と北朝鮮は、政治体制や国民の自由度において大きな違いがあるが、戦前・戦中の日本と比べれば、それほど大きな違いはないだろう。

そしてこの度の特定秘密保護法の制定で、日本は確実に北朝鮮に一歩近づいたし、安倍政権の目指す方向は日本の北朝鮮化に他ならない。

軍国日本を賛美し、靖国神社の国家護持を主張する稲田行革相のような輩こそが、日本の北朝鮮化を推進する張本人であり、北朝鮮の粛清に驚いて見せるなどお門違いもいいところだろう。

早く辞めろ!!

「×」 嘘つきシンゾーと正直シゲル。

「×」 石破氏「特定秘密報道抑制すべき」…直後に撤回
読売新聞 12月11日(水)21時39分配信

 自民党の石破幹事長は11日、日本記者クラブで記者会見し、特定秘密保護法に関連して、報道機関が特定秘密を報じることについて「報道によって我が国の安全が極めて危機に瀕(ひん)するなら、何らかの方法で抑制されるべきだろう」と述べた。

 報道が処罰対象になる可能性を記者団に問われると、「最終的には司法の判断になる」と、否定しなかった。

 石破氏は直後に党本部で記者団に「特定秘密を漏えいした公務員は罰せられるが、報道した当事者は全く処罰の対象にならない。抑制は求めない」と述べ、発言を訂正した。その上で「(報道で)国家の平和や安全、人々の生命に影響が及ぶことは決して好ましいと思わない。そういうリスクを承知で報道するのは、報道機関の責任だ」と説明した。


石破幹事長がまたやった。

先日の「デモテロ」発言に続いて、今度は「報道抑制」発言だ。

特定秘密保護法には、「報道の自由に配慮する」規定があるが、そんなものは何の歯止めにもならないことを、政権党の幹部がバラしてしまうのだからお笑いぐさだ。

この法律の危険性を自ら証明したもので、言ってしまってから、いくら取り繕っても後の祭りだ。

それにしても、石破氏は隠し事のできない性格なのか、粘着質な口調ながら本音をズバズバ言ってしまって、逆にこの人の口から、日本の秘密が外国に漏れるのではないかと心配になるが、この法律を葬るためには更にドンドン本音を吐いて欲しいものだ。

嘘つきシンゾーは、正直シゲルのこの発言をどう思っているのだろうか。

 

「×」 平気で嘘をつく安倍には、総理の資格なし。

「×」 懸念払拭に全力=「一般人巻き込まず」―秘密保護法に理解求める・安倍首相会見
時事通信 12月9日(月)18時21分配信

 安倍晋三首相は9日夜、第185臨時国会の閉幕を受け、首相官邸で記者会見した。首相は特定秘密保護法について、6日の成立後初めて見解を示し、「国民の生命、財産を守るには一刻も早く制定することが必要だった」と理解を求めた。同法への批判が続く中で成立させたことに関しては、「今後とも懸念を払拭(ふっしょく)すべく、丁寧に説明していきたい」との意向を表明した。

 同法について首相は、「格段に(秘密保全の在り方の)透明性もルールも明確になる」と意義を強調。「今回の法律で、今ある秘密の範囲が広がることはなく、一般の人が巻き込まれることはない」とも説明した。日本維新の会、みんなの党との修正合意に関しては「大きな成果であり、良い法律にすることができた」と語った。
 一方で、国会審議が不十分だったとの指摘に対し、「真摯(しんし)に受け止めなければならない。もっと時間を取って説明すべきだったと反省している」との認識を示した。

 政府は4日に発足した国家安全保障会議(日本版NSC)の実効を上げるため、秘密保護法成立を急いでいた。首相はNSCの事務局となる国家安全保障局の体制を年明けに整備する意向を示すとともに、トップには「谷内正太郎内閣官房参与を任命する予定だ」と明言。谷内氏に対し、国家安保局発足後、直ちに米英両国をはじめ主要各国のNSCを訪問し、緊密な連携を確認するよう指示する方針を示した。 


きのうの夕方、たまたま点けたテレビで安倍の記者会見をやっていたのでしばらく見ていたが、顔と話し方が気持ち悪いので耐えられず、質疑応答の途中でスイッチを切った。

まず、この記者会見を見た第一印象は、これはどこかで見たなということだった。

この特定秘密保護法について、「(秘密保全の)透明性もルールも明確になる」「秘密の範囲が広がることはなく、一般の人が巻き込まれることはない」などという明らかな嘘を平気な顔で断言する姿からは、あの五輪東京招致スピーチで、福島の汚染水は完全にコントロールされているという大ぼらを吹いた姿を思い出さずにはいられなかった。

そしてあろうことか西山事件を引き合いに出して、こういう法律がなかったから密約の責任の所在が明確にならなかったなどという詭弁を弄する始末だ。

総理がNSCのトップに任命すると言っている谷内内閣官房参与こそ、その密約文書を破棄した張本人である可能性が高い人物だというのに、あきれて物も言えない。
ブラックジョークにしても酷過ぎるというものだ。

どうすれば、こういう白を黒と言いくるめる屁理屈を口にできるのか、脳の回路が歪んでいるとしか思えない。

尻の栓だけでなく、頭のネジもゆるんでいるのではないのか。

いずれにしても、こんな嘘が服を着て歩いているような人間に、一国の首相を務める資格があるとは思えない。

早く辞めろ!!

「×」 特定秘密保護法の強行採決で実現される「美しい国」とは?

「×」 昨夜、テレビでボクシングを見ていたら、画面上に「参議院で特定秘密保護法案可決」というテロップが流れた。

自公の圧倒的多数という状況では、可決は時間の問題ではあったが、国民の反対の声を一顧だにしない自公与党の姿勢は、まさに麻生副総理の発言通り、「ナチスの手法」そのものだった。

この法律の悪辣さは各方面からの指摘通りだが、この法律を通すことで安倍総理が「取り戻」そうとした「美しい国」とは、一体何なのだろうか。

一般庶民の生活などまったく考えることなく、大企業と金持ちの利益に奉仕することだけを目的とした安倍政権の政策でできあがるのは、「美しい国」とは程遠い、醜くく腐りきった国でしかない。

与党は数に驕り、やりたい放題やれると思っているかもしれないが、必ず国民からの反撃を受けるだろう。

いや、受けさせなくてはならない。

 

石破にもう一言.

「×」 自民・石破幹事長、自身のブログの表現を撤回し陳謝
フジテレビ系(FNN) 12月2日(月)20時26分配信

自民党の石破幹事長は2日、特定秘密保護法案に反対するデモを「テロ」になぞらえた自身のブログの表現を撤回し、陳謝した。
石破幹事長は、自身のブログで、国会周辺で行われている特定秘密保護法案の反対デモについて、「単なる絶叫戦術はテロ行為と本質においてあまり変わらない」と表現した部分を撤回し、「自民党の責任者として、行き届かなかった点があったことをおわびする」と陳謝した。
ただ、デモについては、「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」と記述し、批判的な考えをあらためて示した。
記者会見した石破幹事長は、「一般の方々に畏怖の念、恐怖の念を与え、静穏に仕事をすることを妨げることは、いかなる主張であれ、やっていいことと思わない」と述べ、大音量でのデモをあらためて批判した。


きのう引用した記事にはなかった石破のブログの記述に「一般の方々に畏怖の念、恐怖の念を与え、静穏に仕事をすることを妨げることは、いかなる主張であれ、やっていいことと思わない」という言葉がある。

石破にとって、デモに参加しているのは「一般の方々」ではなく、何か特別の人間だと決めつけていることが、この記述から分かる。

彼にとっての「一般の方々」とは、政府のやることに楯突かず仕事だけに専念する人、つまり政治に関心のない仕事人間と、そうでなければ自民党の支持者ということなのだろう。

しかし、本当の「一般の方々」とはそういう人だけではない。

今、デモに参加している人達の多くも、普通に仕事をしながら生活を送っている「一般の方々」に違いない。

普通に生活を送りながら、秘密保護法の危険性に気付き、止むに止まれずデモに参加しているのだ。

そんなことも分からない奴に、民主主義を語る資格はない。

早く辞めろ。

 

デモを敵視する反民主主義者・石破に「×」。

「×」 <石破幹事長>「テロ」文言を謝罪…大音量デモ改めて批判
毎日新聞 12月2日(月)11時45分配信

 自民党の石破茂幹事長は2日付の自身のブログで、11月29日付の同ブログで特定秘密保護法案に反対する市民団体らの絶叫調のデモを「テロと本質的に変わらない」と批判した部分を撤回して謝罪した。一方で大音量デモについて「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」と改めて記した。

 石破氏は「お詫(わ)びと訂正」と題したブログを公表。テロになぞらえた部分について「『一般市民に畏怖(いふ)の念を与えるような手法』に民主主義とは相いれないテロとの共通性を感じて『テロと本質的に変わらない』と記した」と釈明。「整然と行われるデモは、いかなる主張であっても民主主義にとって望ましい」とした。そのうえで「自民党の責任者として、行き届かなかった点があったことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

 野党各党は2日午後に幹事長・国対委員長会談を開き、追及する構え。訂正は法案審議への影響を最小限にする狙いがある。


石破自民党幹事長がデモをテロになぞらえた発言を訂正したが、特定秘密保護法案への影響を危惧した上辺だけの訂正に過ぎない。

あくまでも「大音量のデモ」については「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」などとほざいているが、石破にとって「本来あるべき民主主義の手法」とはいかなるものなのか。

奴は先ごろ沖縄に行って、普天間基地の辺野古移転反対を公約にして当選した自民党の国会議員・県会議員を恫喝し、辺野古移転容認に転向させた。

沖縄の人たちの民意を無視し、力ずくで自民県連をねじ伏せた訳だが、果たしてこれは「本来あるべき民主主義の手法」なのか。

「大音量」に問題があるのなら、大音量を撒き散らして沖縄の空を飛行するオスプレイには問題はないのか。

これも国民の反対を無視して、自民党が勝手に導入したものだ。

他人の行動を民主主義に反すると批判しながら、みずからは平気で民意を踏みにじる石破に、民主主義を口にする資格はない。

早く辞めろ。

 

「×」 石破がデモを「テロ行為」呼ばわり。

「×」 反対デモは「テロ行為」=自民幹事長
時事通信 12月1日(日)11時42分配信

 自民党の石破茂幹事長が11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案の成立に反対するために国会周辺で行われている市民団体のデモに関し「単なる絶叫戦術は、テロ行為とその本質においてあまり変わらない」と批判していたことが分かった。市民の言論活動を「テロ行為」になぞらえた発言で、反発を招きそうだ。

非暴力のデモに対して「テロ行為」呼ばわりするとは、石破幹事長の脳ミソは腐っているのではないか。

「テロ行為」というのは、暴力によって相手に恐怖感を与えて威嚇する行為のことだ。

そんなことも分からないほど、石破幹事長はデモに脅威を感じているのだろうか。

ヘタレである。

民意を歪める小選挙区制によって自公は巨大与党となり、国民の声を聞くというパブリックコメントや公聴会も単なる形式的なアリバイ作りに過ぎず、その結果はまったく国会の議論に反映されることはなく、何もかも与党のやりたい放題になろうとしている。

こんな状況の中で、国民はデモで絶叫する以外にどんな方法があるというのか。

与党の暴走こそが、国民に脅威を与える「テロ行為」に他ならない。

プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示