「×」 自衛隊のとんでもない暴走が明らかに!!

「×」 陸自、独断で海外情報活動/首相や防衛相に知らせず/文民統制を逸脱/民主国家の根幹脅かす
(共同通信)

 陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断でロシア、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが27日、分かった。
 陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。

 自衛隊最高指揮官の首相や防衛相の指揮、監督を受けず、国会のチェックもなく武力組織である自衛隊が海外で活動するのは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する。

 衆院を通過した特定秘密保護法案が成立すれば、自衛隊の広範な情報が秘密指定され、国会や国民の監視がさらに困難になるのは必至だ。

 陸幕長経験者の一人は別班の存在を認めた上で、海外での情報活動について「万が一の事態が発生した時、責任を問われないように(詳しく)聞かなかった」と説明。情報本部長経験者は「首相、防衛相は別班の存在さえ知らない」と述べた。

 防衛省と陸自はこれまで別班の存在を認めておらず、 小野寺五典防衛相は27日夜、「陸幕長に過去と今、そのような機関があるのかという確認をしたが、ないという話があった」と述べた。

 関係者の話を総合すると、別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸自小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)、防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。


とんでもない事実が明らかになった。

旧陸軍中野学校の後継に当たる陸自の「別班」という組織が、独断で海外情報活動を行なっており、その活動は首相や防衛相も知らなかったというのだから驚きだ。

記事の指摘の通り、特定秘密保護法案が成立すれば、このような事実も永久に闇に葬られてしまうだろう。

関係者が今このタイミングで証言したのも、この事実を世に知らしめておかなければ、後世に悔いを残すと思ったからではないだろうか。

ろうそくは燃え尽きる前に一番明るく輝くというが、この事実の暴露が、言論の自由・報道の自由の最後の煌めきだった言われることがないよう、何としても特定秘密保護法案は葬り去らなければならない。

 
スポンサーサイト

「○」「×」驕る猪瀬は久しからず。

猪瀬知事、徳田議員から5千万受領…議員会館で
読売新聞 11月23日(土)3時16分配信

 東京都の猪瀬直樹知事(67)が昨年12月の知事選前に医療グループ「徳洲会」側から5000万円を受け取った問題で、知事は22日に記者会見し、徳田毅(たけし)衆院議員(42)から議員会館で直接、現金を手渡されたことを明らかにした。

 東京地検特捜部が、徳洲会側に返却された5000万円を押収していたことも判明。特捜部は、慎重に実態解明を進める。

 猪瀬知事によると、知事は昨年11月6日、徳田議員の父でグループ創業者の徳田虎雄・元衆院議員(75)が入院する神奈川県鎌倉市の病院を訪れ、知事選に出馬することを伝え、支援を要請。その後、徳洲会側から資金提供の申し出を受け、同月中旬、東京都千代田区の衆院議員会館で毅議員から5000万円を受け取った。この際、知事は「借用書を書いた」としているが、借入金は無担保、無利息だったという。


猪瀬都知事が徳洲会から、5千万円を受け取っていたことが分かった。

猪瀬の行為は「×」だが、それが暴かれたことは「○」だ。

知事選に最多得票で当選したことを鼻にかけ、ギネスに申請するなどとバカなことを言っていたが、その陰に徳洲会のカネが動いていたとしたら許されない。

東京五輪招致で伸びるだけ伸びきった猪瀬の鼻っ柱が、根元からポッキリと折れて、元のペチャ鼻に戻ったことだろう。

身から出たサビで、いいザマだ。

検察には徹底的な捜査が求められるし、猪瀬が自ら引責辞任しなければ、都民によるリコール、そして東京五輪返上までやって欲しいものだ。

原発に固執する石破に「×」。

「×」 <石破幹事長>原発新設、全面否定せず
毎日新聞 11月16日(土)18時42分配信

 自民党の石破茂幹事長は16日、原発の新設について「再生可能エネルギーの比率が上がってもなお、エネルギー安全保障の観点から、原発を新設することを全面否定することにはならない」と述べ、否定しない考えを示した。東京都内で記者団に語った。

 石破氏はそのうえで「新設すべきだと言っているのではなく、安心・安全が最高度に確保された最新鋭の原発を全面否定することには理論的にならない」と説明。また、「原発ゼロにすれば最終処分がいらないかのごとき印象を与えることがあってはならない」と述べ、最終処分場の選定を政府主導で決める方針を強調した。

 これに先立ち、テレビ東京の番組では、小泉純一郎元首相の「即時原発ゼロ」発言について「歯切れのいい発言に多くの国民が賛同している状況は絶対に無視できない」と述べ、安倍晋三首相と対応を協議する考えを表明した。【高橋恵子】


この期に及んで、いまだに原発に固執する石破幹事長。

原発の新設など、正気の沙汰とは思えない。

最終処分場を政府主導で決めるというのは、地元住民の意向は無視して、強制的に決めると言う事なのか。

東電の株を多数保有し、娘が東電に勤務する石破にとって、原発の存続は東電救済にとって欠かせないことなのだろう。

日本国民、人類の存続よりも、東電の救済に血道を上げる醜悪さ。

鳥取の恥だ。

鉄道「人身事故」多発に「×」。

「×」 東海道本線 藤沢駅で人身事故 運転再開
レスキューナウニュース 11月12日(火)19時5分配信

藤沢駅で発生した人身事故の影響で、東京~熱海駅間の運転を見合わせていましたが、18:58頃、運転を再開しました。なお、ダイヤが乱れています。

このところ、毎日のようにというよりも、本当に毎日、鉄道での「人身事故」が起きている。

これほど国民が苦しんでいるというのに、安倍総理の興味の対象は、経済指標と日米同盟でしかなく、国民生活の実態にはまったく無関心かのようだ。

東京は五輪バブルで騒がしく、カジノだリニアだと浮かれているようだが、消費増税を控えた庶民の生活は不安だらけだ。

7年後の日本がどんな世の中になっているのか。

貧富の格差拡大によって社会不安が増大し、地震や火山噴火や豪雨災害などの天変地異によって、大地もインフラも荒れ果てているかもしれない。

アベノミクスや五輪の夢が、幻想に終わる可能性も小さくないだろう。

遠くばかり見過ぎて、足元の石に躓かないようにしなければならない。

「×」 楽天の優勝で再認識された被災地の窮状。

まずは楽天の優勝に「○」だが、それを紹介するテレビ番組に映し出されたのは、宮城、岩手の仮設住宅で不便な生活を余儀なくされながら、楽天を応援する被災地の人々の姿だった。

あの地震と津波から2年半も経つのに、被災地の方々の窮状がまだまだ続いていることを、改めて目の前に突き付けられた。

その間、政治はいったい何をしていたのか。

ただ予算だけつけては見たが、なかなか有効に使われることがないまま、安倍政権はアベノミクスによる景気対策や原発輸出、更には東京五輪招致にかまけてばかりで、被災者の方々のことは置き去りにされているようだ。

楽天の優勝も、一時的な気晴らしにはなるだろうが、根本的な解決とは別問題だ。

安倍政権の姿勢には、まったく、腹立つ!!!

山本太郎議員批判に「×」。

「×」 山本太郎議員を聴取 閣僚、与野党は批判の嵐…議員辞職要求も産経新聞 11月1日(金)12時48分配信

 山本太郎参院議員(無所属)が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した行為について1日、閣僚や与野党幹部から、「(天皇の)政治利用そのもので、議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)などと、批判が相次いだ。自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で、山本氏が辞職しない場合は辞職勧告決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。

 参院議院運営委員会は同日午前の理事会で、山本氏に対する処分をめぐり対応を協議。岩城光英委員長らが山本氏を国会内に呼び、事情を聴取した。山本氏はこの後、記者団に対し「マスコミが騒がなければ、政治利用といわれることはなかった。議会の沙汰があれば受け止める」と述べ、自ら辞職する考えがないことを強調した。

 古屋圭司国家公安委員長は記者会見で「常軌を逸した行動だ。国民の多くが許されざる行為だと怒りをこめて思っているのではないか」と批判。新藤義孝総務相は「皇室へのマナーとして極めて違和感を覚える。国会議員ならば、新人とはいえ自覚を持って振る舞ってほしい」と語った。安倍晋三首相も周囲に「あれはないよな」と不快感を示したという。

 与野党でも厳しい意見が上がり、自民党の石破茂幹事長は記者会見で「見過ごしてはならないことだ」と言明。公明党の井上義久幹事長は「極めて配慮に欠けた行為だ」と指摘した。

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は市役所で記者団に対し「日本の国民であれば法律に書いていなくてもやってはいけないことは分かる。しかも国会議員だ。信じられない」と批判を強めた。民主党の松原仁国対委員長も記者会見で「到底許されない」との認識を示した。


山本太郎参院議員が天皇に手紙を渡したことに批判の声が上がっているようだが、いったい何が悪いというのか。

「天皇の政治利用」とのことだが、天皇が政治に介入できないことは憲法で規定されているのだから、利用したくてもしようがないだろう。

以前、米長邦雄が、全国の学校で君が代を歌わせると言ったことの方が、よほど政治利用ではないか。

もし天皇が「強制は良くない」と言われなかったら、米長氏は天皇のお墨付きをもらったとして、ますます日の丸・君が代の強制に暴走しただろうことは想像に難くない。

これこそが、天皇の政治利用そのものだ。

また先日の東京五輪招致での、高円宮妃のIOC総会での演説は、皇室の政治利用ではないというのか。

これらのことはまったく批判しないで、今回の件を問題にするのは、恣意的なダブルスタンダードでしかない。

大日本帝国憲法には、「天皇は神聖にして侵すべからず」と書いてあったが、今回山本議員を批判する人々の頭の中身は、いまだに戦前の帝国憲法の時代から一歩も進んでいないようだ。

安倍政権は、憲法解釈を歪曲して戦争準備に精出すよりも、今上天皇の平和主義を見習って、憲法を順守しなければならない。

 
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示