六ヶ所村の溶融炉不具合に「○」

「○」 <六ケ所村>溶融炉に不具合 核燃料再処理工場
毎日新聞 1月30日(月)21時8分配信
 青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液とガラスを混ぜて溶かす溶融炉に不具合が生じ、稼働試験の準備作業が中断していることが30日分かった。日本原燃の川井吉彦社長が同日の定例記者会見で明らかにした。試験は相次ぐトラブルで08年12月に中断。1月24日、試験再開に向けた炉の確認作業に着手したばかりだった。原因は不明で復旧のめどは立っていない。国の核燃料サイクル政策見直しの動きに影響しかねない事態となっている。

 川井社長によると、4年前のトラブル時は未使用の「B系」の溶融炉を使用。24日から、放射性物質を含まない試験用の「模擬廃液」とガラスを混ぜたビーズを炉で溶かし処分容器に流下させる作業を始めたところ、流下速度が徐々に落ちた。作業を3回中断して炉にかくはん棒を入れ、回復を試みたが、不具合は解消していない。流下するガラスに含まれるはずのない数ミリ大の黒い異物が混入していることも判明。いずれも原因はわからず、試験再開のめどは立っていない。

 川井社長は「しばらく回復作業を続け、回復と原因究明に慎重に当たりたい」と説明。一方で、2月上旬に予定する試験再開や今年10月完工の計画は「目標を変えることなく努力したい」とし、現時点で炉を止めて検証する考えはないことを強調した。【山本佳孝】


高レベル放射性廃液のガラス固化試験再開を目指して、10日にガラス溶融路の熱上げを開始した日本原燃だが、熱上げが完了して試験を開始したとたん、溶融炉に不具合が生じた。

原因が分からないというのだから、致命的だ。

完成の目途のない核燃料の再処理なんかには早く見切りを付けて、自然エネルギーの開発に資源と予算を投入すべきだろう。
スポンサーサイト

辛口書評家 豊崎由美さんに「○」

「○」 書評家の豊崎由美さんが、石原都知事の芥川賞審査員辞任を歓迎した。
都知事の発言に対しても、当然批判的だ。
エライ!!

「×」 それにしても、野田総理の「消費税増税は現政権ではやらないから公約違反ではない」という屁理屈には、心底呆れ返った。

国民を馬鹿にするのも、いい加減にしてもらいたい。

「×」 アメリカでは大統領選の候補者選びが始まり、共和党のロムニー候補に対して、対立候補が「庶民を犠牲にして巨万の富を築いた」などと攻撃しているそうだが、何を今更だ。

高額所得者の減税を進めてきたのは共和党であり、庶民を犠牲にして金持ちを優遇するのが共和党本来の政策なのだから、共和党候補がロムニー氏を批判するなど、お門違いも甚だしい。

著名投資家のウォーレン・バフェット氏の言うとおり、「責められるべきはロムニー氏や私ではなく、政策や法律」であり、共和党自身だ。

野田総理の施政方針演説に「×」

「×」 消費増税、今国会で結論=野党に「決断」迫る―議員定数削減に全力―首相施政方針
時事通信 1月24日(火)13時14分配信
 野田佳彦首相は24日午後の衆院本会議で、就任後初の施政方針演説を行った。消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革に関し、首相は「『決められない政治』から脱却することを目指す」と述べ、今国会で結論を出す決意を表明。野党に対し「この国の未来を切り開くため、『決断する政治』を共に成し遂げよう」と、協議に応じるよう重ねて求めた。消費増税関連法案の成立が困難になった場合などに、衆院解散に踏み切るかには言及しなかった。
 首相は「社会全体の希望を取り戻す第一歩を踏み出せるかどうかは、一体改革の成否に懸かっている」と言明。引き上げ後の消費税収については「全額を社会保障の費用に充て、官の肥大化には決して使わない」とし、理解を求めた。
 首相は、消費税率を「2014年4月に8%、15年10月に10%」とする政府・与党の一体改革素案を基に、与野党協議を経て大綱を策定し、3月に消費増税関連法案を提出する方針。
 演説では野党の協力を引き出すため、自民党の福田康夫、麻生太郎両元首相の施政方針演説を引用。特に麻生氏が09年1月に行った演説で、「消費増税を含む税制抜本改革を行うため、11年度末までに法制上の措置を講じる」と言及したことを逆手に取り、「私が目指すものも同じだ。今こそ立場を超えて、素案の協議に応じることを願ってやまない」と呼び掛けた。
 国家公務員給与削減などの行政改革に加え、衆院議員定数削減など、一体改革と同時に取り組むとする政治改革についても「政治家自身が身を切り、範を示す姿勢が不可欠。私もリーダーシップを発揮する」と決意を示した。


野田総理が施政方針演説で、09年の麻生元総理の演説を引き合いに、消費税増税を主張した。

野田総理の目指すものは麻生元総理と同じかもしれないが、国民は麻生元総理の目指すものを否定し、民主党政権を選択したのだ。

その政権交代の意味をまったくないがしろにしようとしているのが、野田政権だ。

野田総理は消費税増税で「この国の未来を切り開く」とか「社会全体の希望を取り戻す」などと、寝ぼけたことを言っているが、消費税増税は国民を絶望の底に突き落とすものに他ならない。

以前も書いたが、斎藤貴男氏の「消費税のカラクリ」によれば、税務署による消費税の過酷な取立てによって自ら命を絶った中小業者は数知れない。

税率5%でも厳しいのに、これが増税されることになれば、どんな悲劇が起きるかは火を見るより明らかだ。

ある所には、たっぷり財源が眠っているのに、なぜ、ない所から搾りとろうとするのか。

週刊金曜日の「不公平な税制をただす会」事務局長へのインタビューによれば、「大企業や高額所得者の大減税をやめてきちんと税金を払わせると、2011年度の資料による試算では、28兆1180億円の財源を創出でき」るという。

消費税増税では、「この国の未来」も「社会全体の希望」も生まれはしない。

無意味な一体改革説明会に「×」。

「×」 質問・意見、4会場で計9件…一体改革説明会
読売新聞 1月22日(日)14時19分配信
 安住財務相らは21日、全国4都市で始めた社会保障・税一体改革の説明会で、消費税率の引き上げに理解を求めた。

 だが、参加者はいずれも地元経済団体を通じて集めた企業関係者で、説明会も約1時間で終わるなど、「国民の理解を広げる」趣旨とはほど遠い内容だった。

 安住氏が訪れた仙台市の会場には、東北財務局の呼びかけで集まった地元経済人ら約160人が参加した。安住氏は社会保障制度の安定・充実には消費増税が必要だとして「ギリシャの危機は明日は我が身。孫、子が100年、200年先にも宮城県で生活できるようにするためにも、消費税(増税)の導入にご理解いただきたい」と訴えた。

 札幌市の会場では、五十嵐文彦副大臣が「いま増税しないことは、将来の大増税を意味する。(増税が)選挙に損でも得でもやらなければならない」と呼びかけた。

 札幌会場では、北海道商工会議所連合会の高向巌(たかむきいわお)会頭(北洋銀行会長)が「社会保障の重点化・効率化や議員定数、公務員人件費の削減もしっかりやってほしい」と注文を付けたうえで「消費税引き上げはやむを得ない」と理解を示した。

 いずれの説明会でも、参加者の質問・意見は2~10分程度、4会場合わせても9件にとどまり、活発な意見交換とはならなかった。

 28日には安住氏が福岡市、五十嵐氏がさいたま市、藤田幸久副大臣が熊本市、吉田泉政務官が名古屋市、三谷光男政務官が広島市で説明会を開く。2月4日は五十嵐氏が横浜市、藤田氏が新潟市、三谷氏が高松市に赴く。

まったく茶番劇としか言いようのない、アホらしさだ。

郵政民営化のやらせタウン・ミーティングや、原発のやらせ討論会・説明会と、まったく同じことの繰り返しだ。

過去の過ちに何の反省もなく、これだけ馬鹿げた事を繰り返すと言うことは、やはり発案者は官僚なのかもしれない。

この説明会にも、巨額な税金がつぎ込まれることは、想像に難くない。

消費税増税をどうのこうの言う前に、無駄な説明会など即刻やめにして、高額所得者の税率を上げることを緊急課題としてもらいたいものだ。

島根原発の停止に「○」だが、、、。

「○?」 島根原発:2号機定検へ 「原発必要」姿勢変えず 中国電、13カ月ぶり稼働ゼロに/島根
毎日新聞 1月20日(金)15時41分配信
 中国電力は19日、島根原発2号機(沸騰水型、出力82万キロワット)=松江市鹿島町片句=の定期検査を今月27日に開始すると発表し、10年12月末以来、13カ月ぶりに営業運転中の原発が中国地方からなくなることになった。福島第1原発事故以降、定期検査中の原発の再稼働について慎重な声が高まっているが、中国電は「原子力が必要だという当社の姿勢は変わらない」と従来通りの姿勢を示した。【曽根田和久】
 この日は島根原子力本部の綿貫孝彦広報部長らが会見。燃料約130体の交換など定期検査の詳細について説明した。中国電は昨年11月、この冬の電力安定供給のめどが立っていることを公表しているが、中国電は「(電力の)供給責任をまっとうするために、さまざまな調整をした結果」と説明した。
 猛暑となった10年夏も最大1201万キロワットの需要を5・6%の予備率を残してまかなっているが「(全国で原発が運転停止している)今のような状況ではなく、当社の営業運転がゼロになった。その点をご了解いただきたい」と話し、現状との違いを強調した。
 2号機は26日夕方から出力低下し、27日未明に運転を停止する予定。


島根原発2号機が定期検査に入ることに伴い、中国電力の原発はすべて停止することになった。
このまま再稼動することなく廃炉にしてもらいたいものだが、中国電力側は往生際悪く「原子力が必要だ」などとほざいている。

先日のストレステストの意見聴取会も傍聴者を締め出して、はじめに再稼動ありきの姿勢が見え見えだった。

17日は阪神大震災から17年で、みんなが震災を教訓とし防災の誓いを新たにしたが、今回の原発事故からは何の教訓も得ようとしない奴が多くて呆れるばかりだ。

奴らの思い通りにならないよう、原発の再稼動を許してはいけない。

ゴーマン石原の芥川賞選考委員辞任に「○」

「○」 石原都知事に“反論” 芥川賞受賞の田中さん
テレビ朝日系(ANN) 1月18日(水)12時54分配信
 第146回芥川賞に決まった田中慎弥さん(39)は、候補作品全般を「リアリティーがない」と批判した石原東京都知事にやんわりと反論しました。

 「共喰い」で芥川賞を受賞・田中慎弥さん:「(シャーリー・マクレーンが)アカデミー賞を何度も候補になって、最後にもらった時に『私がもらって当然だと思う』と言ったそうですが、だいたいそういう感じ」
 一方で、選考委員の石原都知事が、候補作品全般について「人生を反映したリアリティーがない」などと発言したことについて、「受賞を断ったら都政が混乱する」などとかわしました。
 「共喰い」で芥川賞を受賞・田中慎弥さん:「断ったって聞いて気の小さい選考委員が倒れたりしたら都政が混乱しますので、都知事閣下と東京都民各位のためにもらっといてやる」
 芥川賞は、ほかに円城塔さんの「道化師の蝶」が受賞しました。


芥川賞を受賞した田中さん、なかなか面白いことを言ってますねえ。
この批判が影響したかどうかは知らないが、石原氏が芥川賞の選考委員を辞めることにしたそうだ。

石原氏「刺激にならない」と芥川賞選考委員辞意
読売新聞 1月18日(水)13時38分配信
 芥川賞の選考委員を務めている東京都の石原慎太郎知事は18日、報道陣に対し、「全然刺激にならない」と述べ、選考委員を今回限りで退く考えを明らかにした。

 石原知事は、「いつか若いやつが出てきて、足をすくわれる戦慄を期待していたが、刺激にならない。自分の人生にとって意味合いもない」と語った。

 石原知事は、1995年から同賞の選考委員に加わっていた。


それにしても石原氏、すべてが自分中心、自分の為になるかどうかだけが行動の基準という、ゴーマンの塊のような男だ。

かつて堀江謙一氏の太平洋単独横断にもケチをつけた様に、結局自分以外の者は評価できない、田中氏の言うように、「気の小さい」、度量の狭い男なのだろう。
大きな口は叩くが。

選考委員だけでなく、都知事の方も、早く辞めてもらいたいものだ。

「ちゃぶ台返し」はお前だろ!!

「×」 消費増税「やり抜いて民意問う」…首相
読売新聞 1月16日(月)20時30分配信
 野田首相は16日、都内ホテルで開かれた民主党大会であいさつし、消費税率引き上げを柱とした社会保障・税一体改革に関し、「出直しをして衆院解散しろという野党に対しては、やるべきことはやって、やり抜いて民意を問うことをはっきり宣言したい」と述べた。

 早期解散を求めて一体改革の与野党協議を拒む自民、公明両党などをけん制したものだ。首相は、消費増税の前提となる議員定数や議員歳費、政党交付金の削減を進める方針も表明した。

野田総理は、自分は消費税増税を掲げて代表に選ばれたのだから、民主党員が消費税増税に反対するのは「ちゃぶ台返し」だとしきりに強弁する。

それなら民主党は、先の衆院選で消費税増税を掲げていたのか?
当面消費税増税はしないと言って、当選したのではなかったのか。
マニフェストに反することを強行しようとする野田総理の方こそ、まったくの「ちゃぶ台返し」に他ならない。

こんな屁理屈で、国民に負担を押し付けようとする野田政権の横暴を許してはならない。

それにしても、消費税増税の前提が、議員定数や議員歳費、政党交付金の削減だけに限定されようとしているのも危険だ。
政治家関連の予算を削っても、金額はたかが知れている。

それよりも、減税によってたっぷり資産を蓄えている金持ちや大企業への増税によって、税収を増やすべきなのだ。

それ以外に道はない。

岡田副総理には何も期待できない。

「×」 改造内閣支持率は横ばい35% 59%が岡田氏期待

 共同通信社が野田改造内閣発足を受けて13、14両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、内閣支持率は35・8%で7、8両日の前回調査より0・1ポイント増の横ばいだった。不支持率は2・7ポイント減の47・8%。24日の通常国会召集を控え、野田佳彦首相は改造による支持率回復で政権運営に弾みをつける狙いだったが、効果は全く得られなかった格好だ。

 一方、首相が改造内閣の目玉として起用した岡田克也副総理兼一体改革・行革担当相に「期待する」と答えた人は59・4%に上った。一川保夫、山岡賢次両氏を閣僚から退任させたことには「評価する」が67・1%、「評価しない」が21・8%だった。


野田内閣の支持率が、改造にも関わらず上がらなかったのは当然だとしても、岡田副総理に期待する人が6割近くもあるとはいただけない。

野田総理と共に、何が何でも消費増税に突っ走ろうとしているだけなのに、そんな人物の何に期待しようというのだろうか。

目先が変われば、何か良くなるように思うのは、消費増税論者の思うつぼだ。

この期に及んで、まだ再処理にしがみつく日本原燃。

「×」 日本原燃、ガラス固化試験再開へ溶融炉の熱上げ
読売新聞 1月10日(火)23時0分配信
 日本原燃は10日、青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液をガラスで固める試験を再開するため、ガラス溶融炉の熱上げ作業を始めたと発表した。

 作業は2週間程度かかり、試験再開は1月下旬から2月上旬となる見通しだ。試験に成功すれば、本格稼働の準備が整う。

 同社によると、A系とB系があるガラス溶融炉のうち、B系溶融炉の加熱装置を10日午後1時35分に起動させた。溶融炉の温度を1000度以上まで上げた後、試験用ガラスを入れて溶融炉と関連機器が正常に作動するかを確認する。問題がなければ、まず模擬廃液を使って試験を行う。

 使用済み核燃料からウランやプルトニウムを取り出す再処理工程では高レベル放射性廃液が生じるため、ガラスで固めて保管する必要がある。


世間がオウムでバタバタしているドサクサに紛れて、日本原燃が六ケ所村で何やら良からぬ事を始めたようだ。

どうせまた頓挫することは想像に難くない.

性懲りもない悪あがきだ。

一刻も早い、核発電からの撤退を望む。

マグロの高値には驚いたが。

大間マグロ最高値奪還、報われた地元の熱意
読売新聞 1月5日(木)21時31分配信
 東京・築地の中央卸売市場で5日行われた初競りで史上最高値を2400万円上回る5649万円(269キロ)で競り落とされた青森・大間産の本マグロ。

 昨年、北海道・戸井産に譲った「最高値の座」を取り戻した陰には、休漁期間短縮などに取り組んだ地元の熱意があった。

 大間漁協によると、大間産は2001年に2020万円(202キロ)をつけて以来、10年まで初競り最高値の座を守ってきた。しかし、昨年の初競りで北海道・戸井産に3249万円(342キロ)の史上最高値が付き、「王座」を奪われた。

 昨年の初競りで高値がついた戸井産は、大間産と同じ漁場の津軽海峡で捕獲されたものだった。しかし、戸井産は大間漁協の正月休漁中だった1月4日に水揚げされたもので、年末の水揚げを出荷した大間産が苦杯をなめる形となった。

 昨年の雪辱に向け、漁師たちは今年の年始の休漁期間を短縮し、初出漁を例年の「1月6日」から「1月3日」に前倒しした。3~4日に水揚げした4本などを陸送し、築地に鮮度の良いマグロを届け、最高値更新に結びつけた。


マグロの最高値に沸く大間だが、大間と言えばもうひとつ大きな問題がある。

建設中の大間原発だ。

もし大間に原発が出来れば、風評被害は避けられないのではなかろうか。
マグロの価値は暴落し、漁師の努力も水泡に帰すだろう。

それ以前に、原発の温排水によって漁場の環境が変わり、マグロ自体が捕れなくなる恐れもある。

大間原発の完成を阻止しなければならない。







プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示