上関原発阻止に「○」、、、だが。

 【喜】 上関原発、大幅見直しも=山口知事、埋め立て免許の延長拒否―「計画自体が不透明」

時事通信 6月27日(月)10時5分配信



 中国電力が山口県上関町で計画している上関原発の建設予定地埋め立て免許に関し、二井関成知事は27日の県議会代表質問への答弁で「計画自体が不透明な状況にある。新たな手続きに入ることはできない」と述べ、現時点では免許の延長を認めない方針を表明した。公有水面埋立法に基づく免許は来年10月に失効するため、建設計画は大幅な見直しを迫られる可能性が出てきた。

中国電の計画では、上関原発は2基を建設し、1号機は2018年3月、2号機は22年度内に営業運転を開始する予定。同社は09年10月に埋め立て工事に着手したものの、地元反対派の抵抗に加え、東京電力福島第1原発事故への配慮から、今年3月以降、作業は中断したままとなっている。

二井知事は答弁で原発事故の発生に言及し、「まず、国が新しいエネルギー政策の中で原発をどう位置付け、上関を含む原発の新増設計画をどう定めるのかを示すべきだ」と主張した。 


悪いニュースばかりの昨今だが、久々の良いニュースだ。

知事にはこのまま、上関原発を完全に葬って欲しい。

昨日のNHKスペシャル
「ホットスポット 最後の楽園」は、日本を「私たちの奇跡の島」として紹介していた。

そして上関原発の予定地も、瀬戸内の最後の楽園と呼ばれる、自然豊かな場所だ。

そんな貴重な自然を破壊して、危険で汚い原発など、絶対作らせてはならない。

そして良いニュースの後には、また悪いニュースが。



貴重な干潟を破壊して作られた、諫早湾の潮受け堤防排水門に関する訴訟で、長崎地裁は排水門開門を命じた佐賀地裁、福岡高裁の両判決に反し、開門を認めない判決を下した。




【怒】 長崎地裁は開門認めず=高裁判決と異なる判断-「因果関係なし」・諫早干拓訴訟



 国営諫早湾干拓事業(長崎県)で有明海の漁場環境が悪化したとして、長

崎、佐賀両県の沿岸漁業者41人が国に潮受け堤防排水門の即時開門や損

害賠償を求めた訴訟の判決が27日、長崎地裁であった。

須田啓之裁判長は「干拓事業と諫早湾内の漁獲量減少の因果関係は認めら

れない」として請求を棄却し、開門を認めなかった。原告は控訴する方針。

排水門開門を命じた佐賀地裁、福岡高裁の両判決と異なる内容で、開門に

方針転換した国の動きに影響を及ぼす可能性もある。(2011/06/27-19:46)


この裁判長は一体何を考えているのか。

「干拓事業と漁獲量減少の因果関係は認められない」とは、事実に目をつぶっ

ているとしか思えない。

裁判所は原発は安全だという判決を出し続けたが、それと同じ流れを感じて

怒りを禁じえない。









スポンサーサイト

岩手で強い余震。

今朝の東北の地震のニュースには驚いた。



この春消防士に合格した長男が、研修で3日前から石巻にボランティア(?)に行っているからだ。

現地の方々のことも思いつつ、やはり子供の身を案じてしまう。



予定では、今日の午後4時まで作業をした後バスで帰途につき、車中泊を経て明日帰還することになっている。

東北地方は、強い雨の予報が出ているようだし、無事に帰って来ることを祈っている。




ジブリの横断幕に「○」。

 【喜】  スタジオジブリ屋上に横断幕「原発ぬき電気で映画をつくりたい」

オルタナ 6月17日(金)11時7分配信
















写真を拡大写真を拡大


スタジオジブリ屋上に横断幕「原発ぬき電気で映画をつくりたい」
スタジオジブリの屋上に登場した横断幕「原発ぬきの電気で映画をつくりたい」(17日)



アカデミー賞作品「千と千尋の神隠し」など、数々の名作アニメ映画で知られるスタジオジブリ(東京都小金井市)の屋上に「原発抜きの電気で映画を作りたい」と書かれた横断幕が登場した。付近にはJR中央線の高架橋があり、電車からも見える。同スタジオは横断幕について「取材には応じていない」と話している。



横断幕の存在は16日正午頃からツイッター上で話題に。7月公開予定の最新作「コクリコ坂から」で企画と脚本を手掛ける宮崎駿氏は、東日本大震災後の3月28日に開かれた記者会見で東電原発事故に触れ「考えなければならないのは、プロメテウスの火をどうしたらコントロールできるか。私はこの地を一歩も退かないと決めています」と語った。



ちなみに同スタジオの過去の作品には、原発事故後の世界を思わせるかのような短編アニメ映画もある。(オルタナ編集部=斉藤円華)




社会的影響力のある人の、こういう発言を待っていた。

他の人も、どんどん声を上げて欲しい。



原発の最も根本的な問題は、廃棄物を処理できないことだ。

なぜこの問題をスルーするのか。


今語られている安全性とは、所詮、地震や津波や停電に対する安全性だが、地震が起きようと起きまいと、津波が来ようと来まいと、電源を確保しようとしまいと、廃棄物が処理できない以上、原発を動かしてはならないのだ。

マスコミはなぜこの事を、もっと言わないのか。

やはり、「感電」しているからなのだろうと、思わざるを得ない。

原発「再起動」に「×」。

 【怒】 経産相、原発政策堅持を明言 「再起動に全力」

エネルギーと環境政策の議論を始めた7日の新成長戦略実現会議で、海江田万里経済産業相が原発の「再起動に全力を挙げる」と発言し、将来も原発を主要なエネルギー源とする姿勢を明確にしていたことが14日、未公開の議事録で明らかになった。


 政府は実現会議の下に新たに「エネルギー・環境会議」を設けてエネルギーと環境政策の検討を始めたばかり。菅直人首相は、原子力政策の白紙からの見直しと同時に、省エネと再生可能エネルギーを「大きな柱として育て上げる」と表明。自然エネルギー推進庁の創設にも言及したが、経産省側からの強い巻き返しが明らかになった形だ。

2011/06/15 02:02   【共同通信】



海江田経産相が、原発の再起動に全力を上げると発言していたことが分かった。

国民の安全よりも、経産省の立場を代弁した形だ。

福島の事故で、周辺住民に塗炭の苦しみを味わわせておきながら、それでも原発を維持させようとは許しがたい。

野田財務相もそうだが、菅内閣は完全に官僚に牛耳られている。

国民が政権交代に託したのは、官僚支配から脱却し、政治主導で国民本位の政策を実現することだったが、今やその期待は完全に裏切られた。

菅内閣は一刻も早く退陣し、国民本位の政治を行なう政権が誕生して欲しい。

そして原発については、イタリアのように国民投票で存廃を問うてもらいたい。

すべてが官僚の利益のために決められたのでは、国民の生活は破壊されてしまう。




「AKB48総選挙」に「×」。

 【怒】 菅総理の居座りだの、後継総理は誰だの、大連立がどうだの、消費税を増税するだの、いやなニュースばかりが目に付く昨今だが、それ以上に頭に来るのが「AKB48総選挙」と、それを取り上げるマスコミの大騒ぎだ。



この選挙権を得るために、若者は同じCDを何枚、何十枚、下手をすると百枚単位で購入している。

買う方も買う方だが、やはり買わせる方に罪があるだろう。



メンバー同士を争わせて興味を煽り、総選挙と称して選挙権つきCDを売りつける悪徳商法。

豊かな大人が貧しい若者を食い物にする、まさに弱肉強食の極み。

かくして元締めの秋元康は、ますます肥え太る。



AKBの「総選挙」に熱狂する若者たちのどれだけが、実際の総選挙で投票したのだろう。

しっかり自覚しなければ、若者はますます搾り取られるばかりだ。


原発に固執する愚かな政府。

 【怒】 原子力は六つの重要戦略の一つ 国家戦略室が原案

東京電力福島第1原発事故を受け、政府が新たに設けた国家戦略室がまとめた「革新的エネルギー・環境戦略」素案が4日、判明した。


 六つの「重要戦略」の一つとして原子力を挙げ、「世界最高水準の原子力安全を目指す」など、原発推進路線を堅持する姿勢を鮮明にしたのが特徴。国家戦略相が議長となる「エネルギー・環境会議」を新たに設置し、7月中に戦略の「中間整理」をまとめ、来年中の決定を目指す。


 原子力政策の大幅修整には踏み込まないため、抜本的なエネルギー、環境政策の見直しにつながらないことを危惧する声が政府内からも出ている。

2011/06/04 16:45   【共同通信】



この期に及んで、いまだに原発推進路線を捨てないとは、なんと愚かな政府なのだろう。



事故を起こした当事国が、なぜ原発廃止に向かわないのか理解に苦しむ。



2022年までに脱原発を目指すドイツとは雲泥の差だ。






「裏切りの日」に見事な裏切り。

 【怒】 6月2日は、本能寺の変にちなんで「裏切りの日」だそうだが、現代日本でも見事な裏切りが行われた。



菅内閣不信任案の採決において、民主党から70名程度の賛成があり、不信任案が可決されるとの見通しもあったが、ふたを開けてみれば何のことはない、大山鳴動してねずみ一匹、造反は松木謙公氏ひとりだけという体たらくだった。



思えば政権交代以来、国民は民主党に裏切られ続けてきた。



その元凶はといえば、やはり鳩山前総理だろう。

沖縄の米軍普天間基地を、国外、最低でも県外と言いながら、結局アメリカの言い分を飲んでしまって、沖縄県民・国民を大きく失望させ、政権交代の意義をぶち壊した。



さらに総理を辞める際には、菅氏や岡田氏の批判に屈して小沢氏を道連れにしてしまい、民主党の公約実現も大きく後退することとなった。



そして今日の菅鳩対談によって、内閣不信任案賛成から反対に寝返り、菅政権の延命に手を貸してしまった。



鳩山前総理がなぜこんなことばかりするのかと考えてみれば、彼にとって一番大事なものが民主党だからだろうとしか思えない。

とにかく民主党を分裂させたくない、消滅させたくないの一念で、国民への約束を破ってしまうのだろう。

鳩山氏の責任は重大である。




菅総理は一応辞意を表明したようだが、時期は明示されていない。

なんだかんだと屁理屈をこねて、総理の座にしがみつくことは想像に難くない。

一体いつまで菅政権が続くのか、まったくいやになってくる。



党利党略、私利私欲を捨てた、国民のための政治が行われる日は、果たしてやって来るのだろうか。


プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示