さっそく故障の「もんじゅ」に「×」。

【怒】 「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も

4月27日11時8分配信 読 売新聞



 日本原子力研究開発機構は27日、5月上旬に運転再開を予定している高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、ナトリウム漏れ検出器1台が故障し たと発表した。



ナトリウム漏れはなかった。機構が原因を調査中だが、原因によっては運転再開の時期に影響が出る可能性がある。



機構によると、26日午後11時59分ごろ、原子炉の熱を伝える2次冷却系と呼ばれる区域で空気中のナトリウムを検知する検出器1台の故障警報が作動し た。職員が調べたところ、検出器に空気を送り込むモーターが過熱して止まっていた。



同じタイプの検出器は2次系だけに32台ある。故障したモーターは昨年5月に交換したばかりだった。機構は、故障した検出器でナトリウムを一時的に検出 できない状態になったことが機構の保安規定に抵触したとして、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。検出器は部品を交換し、27日午前5時24分に復 旧した。



もんじゅは1995年12月、ナトリウム漏れ事故で運転を停止した。運転再開を控えた2008年3月にも、ナトリウム検出器で誤警報が発生。この原因と して施工不良が10年以上見逃されていたことなどが判明して、運転再開を延期していた。




きのう、運転再開が事実上了承されたばかりの「もんじゅ」で、さっそく故障が発覚した。

やはり、はじめに再開ありきの、見切り発車だったようだ。

95年のナトリウム漏れ事故以来、今まで再開できなかったのも、技術的な裏づけが無かったからではないのか。

「もんじゅ」は絶対に事故が許されない施設であり、そうであれば、運転を再開すべきではないだろう。




スポンサーサイト

「もんじゅ」の運転再開に「×」。

【怒】 高速増殖炉「もんじゅ」14年ぶり運転再開へ

4月26日10時54分配信 読売新聞



福井県の西川一誠知事は26日、1995年12月のナトリウム漏れ事故で停止している日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運転再開を前提とする地域振興策、安全対策について、川端文部科学相、直嶋経済産業相と都内で協議した。



再開に向けた最後の手続きで、協議の中で西川知事は「遅滞なく前向きに検討する」と語り、事実上了承した。もんじゅは5月の大型連休明けにも14年5か月ぶりに再起動、高速増殖炉を中心とする国の核燃料サイクル計画が動き出す。



西川知事と川端文科相、直嶋経産相による3者協議は午前9時半から開かれた。西川知事は、県の専門家会議が運転再開の条件とした、もんじゅの安全監視の徹底や地元への正確な情報提供のほか、県への財政支援、北陸新幹線の同県内への延伸など地域振興策の拡充を国側に要請した。



これに対し、川端文科相は「安全確保と情報公開に万全を期す。早期に運転再開をすることが重要で、地域振興策も政府として重く受け止めている」と述べた。



協議終了後、西川知事は「国から積極的な回答を頂いた」と述べ、あす27日にも、3者協議の結果について河瀬一治・敦賀市長と話し合う。河瀬市長は既に運転再開受け入れを表明しており、西川知事は28日にも地元で文科相と会談、再開了承を正式に伝える。




「もんじゅ」の運転が再開するという。

原発の危険性を無視した、見切り発車と言っていいだろう。



原発と米軍基地は似ている。

「地域振興策」というアメと引き替えに、地方に危険性を押し付けている。

そこでは原発の、米軍の、本当の必要性が顧みられる事はない。

とにかく存在を前提として、どこに押し付けるかが問題となっている。

しかし、原発も米軍も、必要性こそが問われなければならない。

普通に考えればどちらも必要ないのに、誰かの欲望のために存在させられている。

そのために、負担を押し付けられる人々がいる。



それでいいのか。

いいはずがない。



原発も米軍も、いらない。

舛添新党に「×」。

【怒】 「党首は私だ、舛添新党だ」前厚労相が新党準備

4月21日19時7分配信 
読 売新聞



自民党の舛添要一・前厚生労働相は21日、自民党に近く離党届を提出し、新党を結成する意向を固めた。



23日にも記者会見を開き、正式表明する。新党には自民党と、国会で統一会派を組む改革クラブの両党から、国会議員計5人以上が参加する見通しだ。国民 的人気が高い舛添氏の離党は、自民党には大きな打撃となりそうだ。



舛添氏は21日夜、川崎市内で記者団に、「新党を作るにはタイムリミットがある。工程表を作って、いろんな政治家と『大人の話』をしている」と語った。 政党助成法上の政党要件を満たすために必要な5人以上の国会議員の確保に自信を示し、政治団体の名称が保護され、夏の参院選で使える26日から5月2日ま での間に新党として届け出る意向を示した。また、「私が党首になるから『舛添新党』という話だ。今のていたらくの鳩山内閣を打倒する」と明言した。



関係者によると、新党には、舛添氏のほか、自民党の矢野哲朗・元外務副大臣が参加を検討している。改革クラブからは、いずれも参院議員の渡辺秀央代表、 荒井広幸幹事長、山内俊夫氏が参加を予定しているという。



自民党には、「3月に離党した鳩山邦夫・元総務相も合流するのではないか」(閣僚経験者)という見方もあり、参加議員はさらに膨らむ可能性がある。



舛添氏は東大助教授を経て、2001年の参院比例選で初当選した。



最近は自民党執行部への批判を繰り返していた。15日には国会内で東国原英夫宮崎県知事と会談し、自民党について、「なかなか改革、解党的な出直しが進 んでいない」と指摘した。新党結成に含みを持たせた発言も繰り返していたため、党内では舛添氏への反発が高まり、離党勧告を求める声も出ていた。




舛添氏も新党か。

少人数のハグレ者が集まって、どれほどの影響力を発揮できるのだろうか。

目立ちたがり屋の、勘違いでしかないだろう。



先日旗揚げした「日本創新党」も、党首の山田宏氏は、「つくる会」の教科書を採用したような人物だし、ろくなもんじゃない。



新党の帰趨は、無党派層を騙せるかどうかに掛かっているだろうが、そう甘いもんじゃないだろう。



今朝の日テレスポーツニュースに「×」。

【怒】 昨日の阪神巨人戦は、前日の打撃戦での勝利とはまた一味違う投手戦を制して、阪神が連勝を飾った。

機嫌よく今日の朝食を摂りながら、まずはABCのスポーツニュースで昨日の勝利の喜びを再確認し、次に日テレにチャンネルを替えて、昨日の敗戦をどういう風に伝えるかなと見ていると、なんとスポーツニュースで取り上げたのは水泳とゴルフだけで、野球はなしだった。

負けたら放送なしとは、読売、情け無いぞ。恥ずかしい。



それにしても、舛添や東国原や橋下の新党騒ぎには呆れる。

コメントするのもアホラシイ。



普天間問題も、「アメリカにご理解をいただく」とか「日米同盟の深化」などと言っていては、解決不可能だろう。

もうあっさりと、基地の撤去を提案するしかないのではないか。

フィリピンの基地は、撤去後の跡地が経済的に大発展しているらしい。

沖縄も、基地に依存した経済では未来がないのではないか。

鳩山総理はここまで支持率が下がっているのだから、起死回生の思い切った策を打ち出して欲しいものだ。




二つの選挙に注目。

【楽】 明日は、鳥取市長選と京都府知事選の投票日だ。

鳥取は「自民・公明対民主・社民・共産」の構図となっており、参院選の前哨戦として注目を集めている。

自民は小泉Jrや丸山弁護士などを応援に送り込み、必死の体勢だが、民主側はあまり派手な応援はしていないようだ。

結果に注目したい。



一方の京都は自民と民主がともに現職を支援しており、過去幾度となく繰返された、「共産対非共産」の構図となっている。

京都府知事選といえば、私が京都の大学に行っていた頃、蜷川知事が引退し、その後継者を選ぶ選挙があった。

蜷川府政の継承を目指す杉村氏と、府政奪回を目指す自民の林田氏の戦いになったが、自民の林田氏が当選して28年間の「革新府政」が終わりを告げた。



今回、それ以来続いている自民府政の「転換」か「継続」かが問われる。

「革新府政」の復活に期待したい。


今更「新党」にちょっかいを出す石原に「×」。

【怒】 平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」

4月7日12時41分配信 読売新聞 


 平沼赳夫・元経済産業相(無所属)と自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らが10日に結成する新党の名称が、「たちあがれ日本」に決まった。



与謝野氏と園田博之・元官房副長官が10日発売の月刊誌「文芸春秋」5月号への寄稿で明らかにし、平沼氏も7日、都内で記者団に党名が決まったことを認めた。



平沼氏は「(新党を支援する)石原慎太郎東京都知事の命名だ」と語った。



また、自民党の中川義雄参院議員は7日昼、新党に結党時から参加することを記者団に明らかにした。平沼、与謝野、園田各氏と藤井孝男・元運輸相の参加がすでに固まっており、中川氏が加われば、「国会議員5人」という政党助成法に基づく政党要件を満たすことになる。



寄稿では結党の目的について、「参院選で与党を過半数割れに追い込み、与野党の衆参ねじれ現象に持ち込むのが第一の狙いだ。その上で、政策プロフェッショナルを結集する政界再編の起点となっていきたい」としている。



新党の政策目標としては、〈1〉日本の国際競争力を強化・増強させ、富を増やして豊かさを維持する〈2〉国の財政を再建しつつ、持続可能性のある社会保障制度を作り、医療制度や年金制度の不信感を払拭(ふっしょく)する――などを挙げている。

選挙目当てに自民党から逃げ出して作る新党の命名者が、あの石原慎太郎だという。

新党といえば、過去、事あるごとに取り沙汰されたのが「石原新党」だった。

その当時、石原氏は総理候補として持て囃されたりもしたが、結局新党も総理候補もはぐらかしたままで、都知事に納まってやりたい放題、新銀行東京や五輪招致、三宅島バイクレースなど、派手なアドバルーンばかりの放蕩政治で都民に莫大な損害を与えた。



そんな石原氏が、今更、平沼新党の名付け親とは、どういう了見なのだろうか。

自分が新党をつくれなかったものだから、せめて、名付け親になってエエカッコしようということなのかもしれない。

どこまで行っても、外面ばかりで中身のない御仁のようだ。


小林よしのりファン?のおそまつに「×」、、、いや「○」か。

【笑】 以前、小林よしのりの「天皇論」について書いた関係で、今でもそちら方面からのアクセスがけっこうあるし、たまにコメントが付いたりもする。

まあ、小林ファンらしきコメントが多いので、そんなものだろうと思って読んでいるが、今回ちょっとあまりにおそまつなコメントがあったので、紹介してみる。



無題

>by 敷島マモル 2010/04/01



第一、「両陛下ご即位20周年」を「昭和天皇崩御から20年」だなんて言っている時点で、 そもそも、おそまつなんですよ?



第一、平成二十一年という元号から考えれば簡単な算数じゃないですか?



小学校からやり直された方がよろしいのではないでしょうか?




「昭和天皇が亡くなってから20年」というのは、別に私が言い出したわけではない。

当時の新聞記事を引用してみる。



昭和天皇の20年式年祭/両陛下、武蔵野陵を参拝


2009/01/07 12:33



 昭和天皇が亡くなって20年の命日に当たる7日午前、皇居と武蔵野陵(東京都八王子市)で「昭和天皇二十年式年祭の儀」が行われた。



式年祭のうち、武蔵野陵での「山陵の儀」には天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻ら皇族のほか、麻生太郎首相ら三権の長、昭和天皇の五女島津貴子さんら親 族、宮内庁幹部や元側近ら約80人が参列した。



モーニングにコートを着た天皇陛下が陵前で拝礼し、昭和天皇をしのぶ御告文を読んだ。宮内庁によると、御告文は「国家、国民をお守り下さい」との趣旨と いう。



歴代天皇の霊を祭る皇居の皇霊殿では「皇霊殿の儀」が行われ、皇太子ご夫妻が両陛下の名代として、古式にのっとった装束で拝礼。療養中の雅子さまが、宮 中三殿での祭祀に参列するのは2003年9月の「秋季皇霊祭・秋季神殿祭」以来。



皇室では天皇の死後、節目の年に天皇陛下が陵を参拝。そのほかの年には使者を派遣するのが慣例となっている。



私がブログに「マスコミでも皇室ネタが目立っていた」と書いたのは、この「昭和天皇二十年式年祭の儀」や「皇霊殿の儀」に関することが新聞やテレビで報道されていたことを指しており、「昭和天皇が亡くなってから20年」というのは、厳然たる事実だ。



敷島マモル氏は、この儀式のことも知らなかったらしい。

「小学校からやり直」せとは言わないが、コメントするなら、もう少し事実を調べてからにした方がいいだろう。




4月1日の妄想。

【楽】 平野官房長官、電撃更迭。

在日米軍、完全撤退。

原発完全廃止。

消費税廃止、物品税復活。



阪神優勝。、、、これは可能性高いな。






















4月1日の妄想。
プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示