裁判員裁判で初の死刑を回避。

【喜?】 裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件

毎日新聞 2010年2月26日 12時07分

 鳥取県米子市で起きた強盗殺人事件を巡る鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)での裁判員裁判は4日目の26日、論告・求刑公判が開かれ、検察側は「追いつ められた挙句の犯行で情状の余地はある」として無期懲役を求刑した。被害者が2人のため裁判員裁判で初めて死刑が求刑される可能性があったが、検察側は被 告の情状面を勘案した。判決は3月2日午後3時からの予定。


 起訴されているのは影山博司被告(55)。被害者は勤務先の税理士事務所代表、石谷英夫さん(当時82歳)と同居の大森政子さん(同74歳)。


 検察側は論告で「うらみが原因とは否定しないが、借金返済のため通帳などを奪う目的もあった。事件当時、資金繰りのピンチを乗り切るにはどうして も金が必要だった」と動機を指摘した。一方、被告はこれまでの公判で、2人を殺害したことは認めているが、強盗目的ではなかったと主張している。


 この日は論告・求刑に先立ち被告人質問も行われた。裁判員は影山被告に、事件で奪ったとされる金の使途などを尋ねた。


 午後から弁護側の最終弁論と被告の最終意見陳述があり結審する。裁判官と裁判員らは、同日の結審後と3月1、2日の3日間かけて評議を行う。



裁判員裁判で初の死刑判決となるか注目された裁判で、検察は無期懲役を求刑した。

裁判員裁判は、おおむね重罰化の傾向を示していたので死刑の恐れがあったが、今回は死刑は回避された。

被害者の遺族の中にも死刑を望まない人もいたし、裁判員の反応を見た検察が、求刑を覆されることを避けた面もあるようだ。

実際、一般人である裁判員が、わずか1週間程度の審理で死刑判決を下すのは、あまりにも酷だろう。

今回、自分も裁判員に指名される恐れもあっただけに、尚更この制度の恐ろしさを実感する。



それにしても、日本で初の死刑もあり得る裁判員裁判の開催地が、日本で一番人口の少ない、「牛が多くて人の少ない、日本のチベットみたいな(by石井一)」鳥取県だとは、どういうことなのか。

鳥取県は日本で一番、治安が悪いのか。

そういえば、最近、連続不審死事件が世間を騒がせている。

しかし実際には、鳥取県はのんびりした、犯罪の少ない県だ、、、と思う。



逆に言えば、東京や大阪の大都市で、死刑相当の裁判員裁判がまだ行われていないということが、日本の治安の良さを証明しているのではないだろうか。



最近やたらと治安の悪化が喧伝され、刑の厳罰化が叫ばれているが、現実の犯罪件数は、近年、下降の一途を辿っている。

昨年一年間の殺人事件数は戦後最少だったし、検挙率も98.1%で戦後3番目に高くなっている。

http://www.npa.go.jp/toukei/seiankikaku/h21_ninchi_kenkyo.pdf



にもかかわらず、体感治安だけが悪化しているのだ。



ムードに流されず現実をしっかり見なければ、判断を誤ることになる。

死刑制度、裁判員制度を考えるときにも、まず、事実を基にしなければならない。




スポンサーサイト

「DAYS JAPAN」に朗報か。

【喜】 今日は定休日だったので、家で確定申告の準備をしながらテレビを見ていたら、ABCの夕方の番組で「DAYS JAPAN」の存続キャンペーンについて放送された。

「DAYS JAPAN」のブログによると番組の反響は大きく、放送後は事務所の電話が鳴りっ放しだったそうだ。

どれくらいの定期購読の申し込みがあったのだろう。

ブログでの発表が楽しみだ。

目標が達成され、「DAYS JPAN」が存続されることを祈る。






「DAYS JAPAN」の存続に協力を。

【愛】 3日ほど前、「DAYS JAPAN」が、宅急便で届けられた。

今まではずっと書店で買っていたのだが、定期購読を申し込んだからだ。



「世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌 DAYS JAPAN」が、今、存続の危機に瀕しているという。

「DAYS JAPAN」には、われわれが普段目にすることのできない、世界各国の「現場」が広がっている。

沖縄、原発、イラク、アフガン、中東、アジア、アフリカ、中南米等々の人々が、一枚の写真から生身の人間として立ち現れてくる。

この貴重な写真誌を、なくしたくない。



3月9日までの存続キャンペーン中は、年間8700円の定期購読料が1000円引きで7700円となっています。

ぜひ、多くの方のご協力をお願いします。

申し込みは、ホームページからどうぞ。



DAYS JAPAN 公式サイト



DAYS存続まで、あと250人。



あと225人。






「政治とカネ」には、もうウンザリ。

【怒】 このところマスコミと自民党が、鳩山総理と小沢幹事長の「政治とカネ」の問題ばかり取り上げているが、いい加減、もうウンザリだ。

国民生活はギリギリのところまで追い詰められているのに、予算審議もそっちのけで何十年も前から続く「政治とカネ」の問題に、かまけている暇はないだろう。



自民党は今までの与党時代、どっぷりとカネに浸かって政治をやってきたのに、どの面下げて民主党を批判するのか。

自民党に、民主党を批判する資格などないだろう。



マスコミも「政治とカネ」を批判するばかりでなく、どういう政治が行われればいいかを、国民に示すべきではないのか。



もちろん、贈収賄や買収が良いと言っているわけではない。

しかし、政治にカネがついて回るのは、そう簡単にとめられるものではない。



ウソをつくのが悪いのは当たり前だが、ウソをついたことのない人はいないだろう。

問題は何の為にどういうウソをつくかであり、どこまで許されるかも、厳密に線を引けるものではない。



「政治とカネ」もウソと似ているように思う。

「政治とカネ」にとらわれすぎて、もっと大切なことを見失わないようにしなければならない。



「政治とカネ」の問題を解決するには、政治家を罪に問うよりも、国民の側が政治家に見返りを求めないようにすることだろう。

国民の側が変わらなければ、いつまでもイタチごっこの繰り返しだ。

なかなか難しいことだろうけど。






田村氏、民主入り。

【怒】 田村参院議員 民主に入党 統一会派、過半数に

2月8日20時23分配信 
毎日新聞




 自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)は8日、民主党本部に小沢一郎幹事長を訪ね、同党への入党要請に応じることを伝えた。民主党はこれを 受け役員会で田村氏の入党を了承した。政権交代後、自民離党者の民主入党は初めて。今夏の参院選では田村氏を比例代表で擁立する方向で調整する。



これにより参院(定数242)で民主党が国民新党などと組む統一会派は121議席となり、民主会派を離脱中の江田五月議長を除く過半数に到達。民主会派 は社民党の協力がなくても参院での法案可決が可能となった。社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は8日、国会内で記者団に「社民党としては今ま で通り生活再建や平和や雇用問題について全力を挙げて頑張っていくだけ」と述べ、連立の枠組みには影響しないとの認識を強調した。



田村氏は小沢氏との会談後、国会内で記者会見し「できるだけ早く今の経済政策を正していくには、この選択肢しかなかった」と説明した。【近藤大介】



田村氏の民主入党が正式に決定した。

田村氏は経済に強いイメージを持たれているようだが、果たして本当にそうなのか。



彼は自民党時代の2007年12月に、日本に政府系投資ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド=SWF)を創設することを求める議員連盟設立の中心的役割を果たし、事務局長を務めた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-29210720071205



しかし政府系ファンドの話はなかなか具体化せず、その内にアメリカでサブプライムローンが破綻し、リーマンショックが起きた。

政府系ファンドの運用でイケイケだったドバイも、リーマンショックのあおりを受け、債務返済繰り延べを要請する事態に陥り、ドバイ・ショックとして世界経済に打撃を与えた。



もしも田村氏の構想どおりに日本が政府系ファンドを作り、外貨準備の他に公的年金基金や特別会計の積立金、政府保有の不動産などを運用していたらと思うとゾッとする。

リーマンショックですべて吹っ飛び、我々の年金と日本の財政は壊滅的な打撃を受けていたのではないか。



民主党は参院で過半数を獲得し、国会運営をスムーズにするために田村氏を入党させたのだろうが、経済政策では、あまり彼の言うことを鵜呑みにしない方がいいだろう。



こんな記事も。



http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/Entry/384/



常識人?石原都知事。

【怒】 石原氏、元朝青龍に「さっさと辞めて」

[日刊スポーツ 2010年2月6日7時51分 紙面から] 


 東京都の石原慎太郎知事(77)が5日の定例会見で、大相撲の横綱朝青龍(29=高砂)の引退について「さっさと辞めてもらったらいい」とし、突 き放した。また、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で不起訴となった小沢一郎民主党幹事長(67)については「不愉快、不透明、不可解だ」と厳しく批判した。


 会見では4日の2大ニュースが話題となった。


 石原都知事は、以前から大相撲についてはたびたび批判してきている。朝青龍問題について「見て見ぬふりをしてきた協会に責任がある。(相撲協会の)自業自得だと思う」と日本相撲協会の責任も指摘した。知事就任時には横綱審議委員会から2度の要請があったが、いずれも断ったとも明かした。


 その上で、相撲は日本の国技であり文化、様式を重んじることが重要とし「外国人を受け入れるのは、結構であるが、私は思わしくないと思うところも ある。文化というものを理解できずに、ただ強いということだけで、文化の様式を壊すのであれば、さっさとやめてもらったらいいと思う」と述べた。


 また小沢幹事長の不起訴処分については「常識的に考えても不可解だ。こういった問題が不問になされるのは分からない」と話した。かつて田中派に属した小沢氏とは、自民党時代から政治姿勢が相いれない。


 知事は「わたしたちが一生かかっても使い切れない金の問題が不透明なままで、非常識な説明でまかり通っている。国民は反発しますよ」とも批判。「強化された検察審査会で、国民の常識をふまえ、国民が抱えている不快感、疑義を、手を尽くして解明してほしい」などと述べた。


石原都知事がまた好き放題言っているようなので、都知事の記者会見の動画を見てみた。

相変わらず上から目線でゴーマンかましているが、小沢氏の資金問題を批判するのに、国民の常識を引き合いに出したのには驚いたというか呆れてしまった。

都知事自身の、東京五輪招致に関わる税金の浪費や、豪華海外出張、4男の絵の買取りなどは国民の常識に合致しているとでも言うのだろうか。



それにしても「わたしたちが一生かかっても使い切れない金」とは、よく言えたものだ。

4億くらい、都知事にかかればあっという間に使い切られてしまうだろう。

国民の常識から最もかけ離れた人に、国民の代表のような顔をして発言して欲しくないものだ。



朝青龍問題では、日本文化の様式を破壊する横綱に対して、拝金主義から強い対応を取れなかった相撲協会の体質を批判していたが、過去に八百長問題で協会と揉めたことも私怨として残っているらしい。



協会の商業主義は批判する都知事だが、オリンピックは儲かるからぜひ誘致したいと公言していたのはどこのどなただったのか。



都知事は日本の様式美を好むようだが、たしかに都知事の振る舞いは、時代劇で悪徳商人と結託して私腹を肥やす悪代官とソックリだ。

これこそ、まぎれもない日本の様式美ではなかろうか。

時代劇では、最後に水戸黄門や桃太郎侍が現れて、悪代官はめでたく成敗されるわけだが、現代には彼らは存在しない。

それこそ国民ひとりひとりの常識で、悪代官を追放しなくてはならないのではないだろうか。



自民離党の田村議員が民主党へ?

【怒】 田村氏に民主入り要請=実現なら参院会派は過半数に-小沢氏

2月5日17時32分配信 時事通信



 民主党の小沢一郎幹事長は5日午後、自民党を離党した田村耕太郎参院議員(鳥取選挙区)と民主党本部で会い、「経済や財政に明るい君の力を貸してほし い」と入党を要請した。田村氏は「考えさせてほしい」と答えた。実現すれば、民主党が国民新党などとつくる参院会派の勢力は121議席となり、社民党抜き でも事実上の過半数に達することになる。

小沢氏はまた、夏の参院選で民主党が鳥取選挙区に新人候補を擁立しようとしていることに触れ、「(田村氏と合わせて)2人が立てば、結果として自民党に 議席を与えることになる。何とかそこを調整できないか」と指摘。田村氏が入党すれば、比例代表候補として処遇したいとの意向を暗に示した。

会談後、田村氏は「週末に地元で主要な(支援者の)方と話し、決断しなければならない。非常に魅力的な話だ」と記者団に語り、入党を前向きに検討する考えを示した。田村氏は週明けにも小沢氏に会い、要請への回答を伝える考えだ。




昨年自民党を離党した田村耕太郎参院議員に、小沢氏が民主党入党を要請したというが、これにはガッカリだ。

以前も書いたが、田村氏は自分の都合で、コロコロ行き先を変える人だ。

こういう人を入党させることは、小沢氏にとって、カネの問題よりも更に大きなイメージダウンになるのではないか。

もともと民主党と自民党の境界はあいまいで、参院選鳥取選挙区の新人も、元自民党議員の孫娘だし、県連会長も元自民党の郵政造反組だ。

民主党が自民離党者の受け皿に過ぎないとしたら、国民にとってよい事ではないと思う。



二大政党ではなく、第三極として護憲勢力が結集してくれればいいのだが、、、。


検察のやり方は違憲?

【喜?】 検察の強引なやり方に様々な批判が集まっているが、小林節慶大教授が法的な観点から疑問を呈している。

検察の恣意的運用が可能になるようであれば、政治資金規正法自体が違憲・無効になるという。



現在の日本の状況は、まさに検察のやりたい放題、法治国家の体をなしていないのではないのか。

検察の暴走を許してはならない。






だれが立法者なのか?
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示