自殺列島、日本。

【哀】 3月の自殺者3060人=昨年比4%増-埼玉、沖縄、広島、東京で急増・警察庁

4月27日18時33分配信 時事通信




 3月の自殺者数は3060人で、昨年同期より121人(4.1%)増えたことが27日、警察庁のまとめ(速報値)で分かった。1~3月の累計は8198人で、同309人(3.9%)増加。11年連続で3万人を超えた昨年を3カ月連続で上回り、高止まりしている。

 1日平均の自殺者数は1月に85.7人、2月に88.6人だったが、3月は98.7人に急増した。

 1~3月の自殺者が昨年同期より大幅に増えた都道府県は、埼玉(64人増)、沖縄(51人)、東京と広島(43人)、茨城(40人)など。反対に、減少が目立ったのは北海道(26人減)、長野(24人)、青森(21人)、山形と愛媛(19人)、鳥取(18人)、群馬(17人)、福岡(14人)だった。



麻生総理が政権にしがみついて、無駄な経済対策とやらにうつつを抜かしている間にも、国民の尊い命が次々に失われている。

14兆円を超える巨額な補正予算も、エコカーやエコ家電の買い替えなど、金のある者だけしか視野に入っておらず、本当に困っている人への配慮はなきに等しい。

これで消費税の増税なんかされた日には、自殺者がどれだけ増えるか考えただけでも恐ろしい。

一刻も早く政権交代を成し遂げ、少しでも安心して暮らせる世の中に近づけてもらいたいものだ。

スポンサーサイト

ゾンビシンゾーの勘違い。

【怒】 安倍元首相「集団的自衛権、解釈変更をマニフェストに」

2009年4月25日21時9分



 安倍元首相は25日、愛知県瀬戸市での講演で「集団的自衛権の行使を含めた(憲法)解釈の変更を、私たちのマニフェストに入れて選挙に臨むべきだ」と述べ、行使を禁じた政府の憲法解釈の見直しを自民党の選挙公約に掲げ、総選挙の争点にする必要があるとの考えを示した。






 安倍氏は、北朝鮮が米国に向けて撃った弾道ミサイルに対し、日本が現在の憲法解釈に従って迎撃しなかった場合には「その瞬間に日米同盟は終わりだ」と強調。「解釈を変えていくことによって日本はより安全になる」とし、集団的自衛権をめぐる解釈変更が必要だと主張した。



腹痛坊ちゃんシンゾーが、まだ自分の発言に影響力があると勘違いしたのか、懲りもせず偉そうな事をのたまったようだ。

相変わらず世の中や国民のことはまったく分からないまま、自分の信念だけを念仏のように唱えるだけの、哀れな御仁だ。

まあ、お坊ちゃんの仰るとおり、自民党は憲法解釈の変更をマニフェストに入れてみたらいいだろう。

それが選挙に有利に働くと思っているのだとしたら、やはりお坊ちゃまのおつむはオメデタイと言わざるを得ないだろう。



一方で、高校生の考えは、健全なようだ。

腹痛坊ちゃんにも、見習ってもらいたいものだ。



【喜】 高校生6割「9条変えない方がよい」 教職員組合が調査

2009年4月26日1時12分




 日本高等学校教職員組合が組合員の教職員がいる高校を中心に生徒に憲法への意識をアンケートしたところ、戦争の放棄を定めた憲法9条を「変えない方がよい」とする生徒が61%いた。前回の04年の44%から17ポイント高くなっており、同組合は「この間、イラク戦争後のテロなどのニュースに触れ、戦争はダメだという気持ちが強まったようだ」とみている。


 調査は77年から4~5年間隔で実施。今回は昨年11月に実施し、148校の計1万2千人が回答した。憲法9条を「変える方がよい」は12%で前回04年とほぼ同じ。「分からない」という生徒は前回の43%から今回は27%に減り、その分「変えない方がよい」が増えた格好だ。


 「変えない方がよい」の理由は、「戦争への道を開くおそれがある」が73%で最も多かった。「変える方がよい」生徒の理由は「今の憲法では対応できない新たな国際的問題が生じている」(43%)などだった。


 一方、自衛隊が「9条に違反しない」と答えた生徒は25%と過去8回で最多となり、最少だった87年の12%の2倍に。「違反する」は19%で初めて2割を切り、最多だった87年の38%の半分だった。


 一方、「健康で文化的な最低限度の生活をする上で将来に不安がありますか」との問いについては、「大いにある」が17%、「ややある」が47%で、6割強が不安を感じている。具体的には「卒業後の進路」が56%、「環境問題」が42%で、「戦争」も24%あった。(上野創)






疑わしきは死刑。

【怒】 林被告の死刑確定へ=発生から11年、上告棄却-和歌山毒物カレー事件・最高裁

4月21日15時12分配信 
時事通信



 1998年に和歌山市で発生し、4人が死亡、63人がヒ素中毒を起こした毒物カレー事件で殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑判決を受けた林真須美被 告(47)の上告審判決で、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は21日、「鑑定や状況証拠などから、被告が犯人であることは証明された」として、被告側 上告を棄却した。

地域の夏祭り会場で住民が無差別に殺傷された事件は、発生から11年近くを経て、動機が未解明のまま死刑が確定する。

判決で同小法廷は(1)カレー鍋のものと特徴が同じヒ素が被告宅などから発見された(2)被告の頭髪からヒ素が検出され、取り扱っていたことが推測でき る(3)混入の機会があったのは被告だけで、鍋のふたを開ける姿が目撃された-と指摘。林被告の犯人性について「状況証拠を総合することで、合理的な疑い がない程度に証明されている」と判断した。

一、二審で動機が未解明だった点については「被告が犯人であるとの認定を左右しない」とした。その上で、「楽しいはずの夏祭りで突然前途を断たれた被害 者の無念は、察するに余りある」と言及。「(カレー事件への)関与を全面的に否認し、反省の態度を全く示していない。卑劣、残忍で、刑事責任は極めて重 大」として、死刑判断を是認した。




自供もない、直接的証拠もない、動機も解明されない中での死刑判決。

さらにニュースでは取り上げられていないが、警察の強引な証拠集めや証言の取り方もあったようだ。

日本の裁判には、推定無罪という原則は適用されないようだ。

マスコミは被害者側に立った感情的な報道を繰り返すが、本当に犯人かどうかが分からない時点で、被害者感情を元にした容疑者バッシングを煽ってはならないだろう。



実施が迫っている裁判員制度も、先が思いやられる。


驕る麻生は久しからず。

【怒】 麻生さん「ガハハ」上機嫌、バー通い復活…側近は失言警戒
読売新聞2009年4月18日(土)21:58


麻生さん「ガハハ」上機嫌、バー通い復活…側近は失言警戒

(読売新聞)


 麻生首相が意気軒高だ。


 小沢民主党代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件の影響で、自民党内に吹き荒れた「麻生降ろし」がほぼ収束したことや、内閣支持率の回復に気を良くしているようだ。首相に近い議員からは「いい気になり過ぎて、失言が心配だ」と懸念する声も出ている。


 18日の「桜を見る会」で、首相は多くの招待客と握手を交わしたり、記念撮影に応じたりした。招待客から「総理、人気があるぞ。自信持ってやれ」「頼みますよ」と声をかけられると、首相は「ガハハ」と何度も大声で笑った。

全文はこちら。



小沢氏を陥れて、ご機嫌の麻生総理。

で、ついつい口が滑ったようだ。



首相「迎賓館はロシアに勝った直後できた」IOC委員に


朝日新聞2009年4月19日(日)00:51


 麻生首相は18日夜、国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会を招いて開いた迎賓館(東京都港区)での晩餐(ばんさん)会のあいさつで「元々この建物は、戦争でロシアに勝った直後の1909年に建てられた」と述べた。評価委にはロシア出身の委員が1人おり、晩餐会にも出席していた。


 あいさつは英語。麻生首相は晩餐会場を選んだ理由として、迎賓館の建物が「ちょうど100年前」に建てられたことを説明。その中で、1905年に終わった日露戦争に触れた。発言を知った東京五輪招致委員会の幹部は「ヨーロッパでは戦争もジョークになることがあるようだが、首相が冗談のつもりだったかはわからない」と話した。



五輪の東京招致が失敗したら、麻生総理のせいかもしれない。

その時は石原都知事にも、潔く辞めてもらいたいものだ。




どうなる、五輪招致。

【哀】 IOCの評価委員会が来日し、五輪開催地に立候補している東京の現地調査が始まった。

開催地決定に向けての重要な視察であり、石原都知事も「
久しぶりに緊張している。こういう戦いは神経を使う。イチローの気持ちがわかる」などと、日頃の傲慢さはどこへやらの低姿勢のようだ。(笑)



この評価委員来日を受けて、NHKラジオの
「私も一言!夕方ニュース」が、立候補4都市のうち、どこが開催地にふさわしいかというアンケートを生放送で募集、約400通の回答が寄せられた。



その結果は、アナウンサーも意外だと言っていたように、なんとリオデジャネイロが53%を獲得して堂々の一位。

東京は35%程度、マドリッドとシカゴは10%前後という結果だった。

国民の支持が重視されるという五輪の開催地決定だが、この現状では石原知事がいくら力んでみても、実現は難しいかもしれない。



しかもこちらでも、招致委員会の思惑どおりに行かない事が。


<東京五輪招致委>海外メディア参加ゼロ 相撲見学など中止

4月14日22時59分配信 毎日新聞









 16年夏季五輪の立候補調査のため、国際オリンピック委員会(IOC)評価委員会が視察に来日したのに関連し、東京都オリンピック・パラリンピック招致委員会は14日夜、15日に海外メディア向けに予定していた相撲部屋見学などのプログラムを中止すると発表した。招致委は中止理由を「参加申し込みがゼロだったため」としている。「海外メディアに東京の文化を理解してもらうことが招致に不可欠」と意気込んでいただけに、出はなをくじかれた形となった。



評価委の15日の予定は内部ミーティングで、メディア取材は不可。このため招致委は「空き時間ができる」と海外メディア向けとして、都内の相撲部屋や浅草寺、江戸東京博物館の見学ツアーを昼食付きで企画していた。しかし14日時点で海外メディアの来日が少なく、それに伴って見学ツアーの申し込みもゼロだった。招致委は「来日のピークが15日になっているようだ」とこぼしている。



18、19日に予定されている築地市場見学などは実施するという。評価委は16~20日、開催計画の説明を受けたり、競技会場の視察を行う。【江畑佳明】




せっかく準備していたのに、肩透かしを食ったようだ。(笑)

しかし、築地市場見学を実施するとは、招致委員会はいったい何を考えているのだろうか。

市場を紹介した後で、ここはぶっ潰してメディアセンターにして、市場は毒物汚染された土地に移転するつもりですと言うのだろうか。

正直でよろしいと高評価が得られて、開催地に決定!!、、、とは行かないと思うのだが。

ご無沙汰しました。

【哀】 更新を1ヶ月休んでしまった。

「身の回りから世の中まで」と言いながら、主に世の中について偉そうな事を書いてきた当ブログだが、身の回りに気掛かりなことがあると、世の中について偉そうな事なんか言ってられなくなってしまったというわけだ。

世の中のことと身の回りのことが結びついている事も多いが、そうでないこともまた多い。

今回はそうでない場合だったので、更新する元気がなかった。

まだ完全に解決したわけではないが、一応落ち着いたようなので、久々に更新してみた。



更新していない間にここに来てくださった皆様には、大変申し訳ありませんでした。

まだ以前のようには行かないかもしれませんが、徐々にペースを戻して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。


プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示