解散延期か?

【怒】 数日前から新聞に麻生総理の全面広告が出ていて、朝から気分が悪い日が続いたが、昨日の所信表明演説もひどかった。



だいたいあの語尾をだらしなく延ばすしゃべり方は何なのだろうか。

しゃべる内容も不愉快だが、声も、しゃべり方も不愉快だ。



さっさと解散して麻生政権を終わらせて欲しいものだ、、、と思っていたら、アメリカの金融安定化法案が否決されてしまって、解散の期日が延びそうだという。

まったくアメリカのやることなすこと、すべてろくでもないことばかりで往生しまっせ、ほんまに~~。



ブッシュ政権と小泉政権のもと、アフガン戦争、イラク戦争、自殺などで、数え切れないほどの尊い命が奪われた。

一足先に小泉が去り、ようやくブッシュ政権も終わろうとする時に、金融危機が世界を覆おうとしている。

まったくやりきれない。



日米共に、早く殺人政権からの交代を成し遂げて欲しいものだ。


スポンサーサイト

麻生が国連で演説。

【怒】  麻生首相が国連演説、インド洋での給油継続に意欲

9月26日11時23分配信 
読売新聞











  【ニューヨーク=三浦真】麻生首相は25日夕(日本時間26日朝)、ニューヨークで開催中の国連総会で一般討論演説を行い、テロとの戦いのため、来年1月で期限切れとなる海上自衛隊によるインド洋での給油活動継続を目指す意向を表明した。



 演説の冒頭には最近の国際的な金融不安に触れ、国際金融の仕組み作りに貢献する姿勢を強調した。



 日本の首相が国連総会で演説するのは、2005年の小泉首相(当時)以来、3年ぶりとなる。



 テロとの戦いでは、「アフガニスタンの復興支援に当初から力を注ぎ、補給活動を続けてきた。今後とも国際社会と一体となり、積極参画していく」と語った。



 国際金融については、「持てる経験と知識の貢献に心がけたい」と述べた。さらに、「自らの経済を伸ばしていくことに一義的な責務を持つ。これこそは、日本がなし得る即効力のある貢献だ」と語り、経済対策による日本の景気浮揚を通じ、世界経済の安定に寄与する決意を強調した。



 北朝鮮問題では、「日朝関係を前進させる用意がある。待っているのは北朝鮮の行動だ」と述べ、拉致被害者の再調査や核放棄の早期実施が実現すれば、国交正常化に向かう用意があることを明らかにした。



 首相は日本外交の基本方針について、日米同盟を不変の基軸とし、近隣アジア諸国との関係強化に努めてきたと説明した。国連改革に関しては、「(安全保障理事会の)常任・非常任理事国双方の議席拡大を通じた改革を早期に実現しなければならない」として常任理事国入りに意欲を示した。


最終更新:9月26日11時23分

昨日インド洋での給油活動をやめるべきと書いたと思ったら、麻生総理が国連の演説で給油活動の継続を宣言した。

総理就任早々、国連で、今までどおりアメリカの言いなりになるということを宣言したわけだ。



しかしいくらそんなことを言ってみても、麻生内閣の命はあと数ヶ月だ。

早く解散総選挙、政権交代をなしとげなければならない。



それにしても小泉元総理だ。

自分に注目を集めることにかけては、天才的なものがある。

この引退宣言については色々言われているので、私ごときが何かを言うまでもないのだが、ひとつだけ言いたいのはNHKニュースでの取り上げ方だ。

昨日の夜9時のニュースで街の声を聞いていたのだが、5・6人放送された人のほとんどが、期待していたのに残念だとか、やめないで欲しいというものだった。ひとりだけが功罪相半ばというようなことを言っていた。

どれだけの街の声を集めたのかは分らないが、放送されたものはその比率を正直に反映していたのだろうか。

意見を聞かれたほとんどの人が、本当に小泉引退を残念だと思っていたのだろうか。

放送された意見の選択に、恣意的なものはなかったのだろうか。

この街の声の放送には、大きな疑問を持たざるを得ない。


麻生の「義理と人情」

【怒】 ◇ジャーナリスト、上杉隆さんの話

 麻生首相が好きな映画「花と龍」の世界に代表されるような義理と人情を重んじた内閣だ。例えば、鴻池内閣官房副長官は、30年ほど前に麻生首相が 日本青年会議所の会頭選挙に出た時からの腹心だし、鳩山総務相、森法相、松本内閣官房副長官らは2年前の総裁選から麻生首相を推した。彼らの処遇の仕方に 麻生カラーが出ている。しかし、国民の方を向いてはいない。麻生首相は日米同盟を重視しており、来年1月に期限切れになる新テロ特措法の延長が使命だ。大 方の見方と違い、解散は来年初めだろう。



毎日新聞 2008年9月25日 東京朝刊



麻生内閣が発足し、色々な人がコメントしているが、この上杉氏の話が目に止まった。

麻生氏が「花と龍」が好きだとは知らなかったが、調べてみるとカラオケでも「花と龍」を好んで歌うらしい。

しかし、ただの論功行賞人事を、「義理と人情を重んじた」とは、ちょっと持ち上げすぎではないだろうか。


そして「花と龍」で思い出すのは、モデルの玉井金五郎の孫である、ペシャワール会の中村哲医師である。

周知のとおり、中村氏はアフガニスタンで医療活動や井戸を掘る活動などで、現地の人たちを支援している。

これこそが「花と龍」の精神を受け継ぐ、究極の「義理と人情」だろう。



そしてその活動をおびやかしているのが、米軍を中心とするアフガニスタンでのテロ掃討作戦であり、テロ特措法に基づいてそれを支援する日本のインド洋での給油活動だ。

先日もペシャワール会の伊藤さんが銃撃されて亡くなったが、日本がアメリカの支援をしていることで現地での対日感情が悪化した事が、その大きな要因だ。



身内を贔屓することと、困っている人を親身になって助ける事と、どちらが本当の「義理と人情」なのだろうか。

麻生氏が本当に「花と龍」の世界のような義理と人情を重んじるというのなら、中村氏のアフガニスタンでの活動を阻害する新特措法の延長を放棄すべきではないのだろうか。



解散を来年初めまで持ち越すなどとんでもない。

一刻も早く、民意を問わねばならない。

お祭りにもならない空騒ぎ。

【怒】 自民新総裁に麻生氏を選出、351票獲得

9月22日15時1分配信 
読売新聞









 

 自民党総裁選は22日午後、党本部で開いた両院議員総会で、麻生太郎幹事長(68)を第23代総裁に選出した。



 総裁選は党所属国会議員票386票と各都道府県連に3票が割り当てられた地方票141票の計527票で行われた。無効票は2票だった。



 内訳は、麻生氏351票、与謝野馨経済財政相(70)66票、小池百合子・元防衛相(56)46票、石原伸晃・元政調会長(51)37票、石破茂・前防衛相(51)25票だった。



 総裁に選出された麻生氏は両院議員総会で「(総裁選に立候補した)5人の間の対立はこの瞬間をもって終わった。お互い手を携えて頑張っていかないといけない。次期総選挙に勝って初めて天命を果たしたことになる。先頭に立って戦う」と決意を述べた。



最終更新:9月22日15時22分




自民党の総裁選は大方の予想通り、麻生氏の圧勝で幕を閉じた。

他の4候補の得票を合わせても麻生氏ひとりに遠く及ばない、一方的な結果だった。

自民党は総裁選の実施によって、国民に政策論争と党内民主主義をアピールするつもりだったようだが、結果はお祭り騒ぎにもならない白けた空騒ぎに終わった。

他の候補も総裁選で知名度を上げるつもりだったかも知れないが、哀しいピエロを演じただけだったようだ。

小池氏支持を表明した小泉元総理など、まったくの哀れな笑い者だ。



自民党の空騒ぎがあまりにも馬鹿らしかったのでアメリカの大統領選に目を転じると、こちらは共和党の副大統領候補にペイリン氏が指名されたことで大いに盛り上がり、本当のお祭り騒ぎになっているようだ。(少しというかかなり古い話題だが)

「暗いニュースリンク」に面白そうな動画があったので紹介する。

ハリウッド女優
ジーナ・ガーションがサラ・ペイリンのパロディ選挙ビデオに主演し、大熱演!というものだ。







See more Gina Gershon videos at Funny or Die



当方英語が分からないので、残念ながら面白さが理解できない。

どなたか教えて頂けませんか?



それにしてもアメリカの歌手や俳優は、政治に関してもはっきりものを言う。

日本では難しいのだろうか。

その点沢田研二の新曲発表は、素晴らしいと思う。






総裁選のラジオCMに喝!!

【怒】 事故米の偽装、リーマン・ブラザーズの破綻による金融不安、厚生年金の改竄判明など、国民にとって重大な問題が次々に明らかになって大変な事態だが、ひとつだけいい事があるとすれば、自民党の総裁選があまりマスコミに取り上げられなくなったことだ。

候補者の顔写真が新聞に載る事も少なくなり、さわやかな朝を迎えられるようになった。



、、、と思っていたら、今度は数日前から民放ラジオで総裁選のラジオCMが始まったではないか。

「政策論争12日間」などとほざいている。

自民党内の論争なんて聞いても、まったく無意味なのだが。



候補者の声が入ったものと入らないものの2種類あるようだが、朝から あのダミ声や猫なで声を聞かされる身にもなって欲しいものだ。



だいたい党員・党友だけが対象の総裁選を、なぜ全聴取者に対して広告しなければならないのか。

党員・党友以外には、迷惑この上ないCMだ。

これは明らかに、衆院選を標的にした事前運動だ。

しかしそんなことは、国民も承知の上だと思いたい。



姑息な手段ばかり弄する自民党に、はっきりとノーを突きつけなければならない。

事故米問題の根源は?

【怒】 農水省が事故米に関係した業者を発表し、波紋が広がっている。

我が家の近所の和菓子店の名前も上がっていた。風評被害が心配だ。

ついに自殺する業者まで出てしまった。



そもそもこれほど米が余る余ると言われているのに、なぜ米を輸入しなければならないのか。

農家は政府に減反を強要され、米を作りたくても作れないのに、なぜ食用にもならないクズ米を輸入しなければならないのか。



条約で決まっているというのなら、なぜそんな条約を結ぶのか。

外務省や農水省は何のためにあるのか。

国民の利益を代弁するためではないのか。

外務省や農水省は農民や国民の利益を犠牲にして、外国や大企業の利益の代弁者になっているのではないのか。

 

無駄な米の輸入は、即刻やめるべきではないのだろうか。

今日は一句。

【哀】 名ばかりの「敬老の日」があるお国。



今日が終われば、また老人いじめの日々が始まる。

政権交代で、「敬老の世」を作りたいものだ。



小池批判・総裁選批判のエントリーにエロコメントが来ている。

まったく分りやすいお方たちだ。

イラクから空自撤収。

【喜】 イラクの航空自衛隊の年内任務終了を政府が発表



政府は、イラクへの復興支援として航空自衛隊が行っている物資などの輸送活動を年内に終了させる方針を発表しました。



 町村官房長官:「年内をめどに、航空自衛隊の任務を終了させる検討に入ることにした」

 日本政府は、イラク復興支援特措法に基づいて、2003年から航空自衛隊の輸送機がバグダッドなどに物資や多国籍軍の兵員を輸送する活動を行っています。政府は、イラク国内の治安状況が改善しつつあり、多国籍軍がイラク国内で活動する根拠となる国連決議の期限が年内に切れることから、撤収する方針を固めました。今後、イラクやアメリカなど関係国と具体的に調整を進めることにしています。
[11日20時27分更新]ANN



9.11から7年目の今日という日に、政府は空自のイラク撤退を発表した。

アメリカのテロとの戦いは完全に行き詰っている。

石破前防衛大臣は、総裁選でインド洋での給油の重要性を力説していたが、アフガニスタンも泥沼化は必至だ。

インド洋での給油も早くやめなければならない。

NHKラジオで、投稿が読まれた。

【喜】 民主党代表に小沢氏が3選、無投票で

9月8日12時9分配信











[東京 8日 ロイター] 民主党代表選が8日告示され、小沢一郎代表(66)のほかに立候補者はなく、無投票で小沢氏の代表3選が決まった。自民・公明の与党内では、自民党総裁選での新総裁選出、首相指名を経て臨時国会冒頭での衆院解散が模索されており、新首相と小沢代表とが対決する政権を賭けた総選挙が国内政局の最大の焦点になる。

 小沢氏の3選は、21日に開かれる民主党の臨時党大会で正式に承認される予定。任期は2010年9月までの2年間。

 小沢氏は、今週中にも総選挙に向けた第1次公認候補を発表する意向で、総選挙に向けた態勢整備を一段と加速させる。

 一方、与党幹部からも「11月上旬か中旬か新首相に(総選挙の)適切な判断を仰ぎたい」(古賀誠・自民党選対委員長、6日のNHKテレビで)との声が出ており、早期解散の声が台頭している。





このところ自民党の乱立総裁選の話題ばかりだったが、今日は久々に民主党の話題がニュースになった。

しかし代表戦が無投票で政策論議がないことに批判的な論調の報道が多かったので、これはひとこと言いたいと思って、NHKラジオの
「私も一言!夕方ニュース」に投稿したら、なんと紹介されてしまった。

投稿の冒頭部分、「代表戦をすれば本当に国民に政策が伝わるのか。自民党総裁選の候補者乱立は国民のためではなく、自分達が目立つためではないか。」 というところが読まれた。

後半の「マスコミは自民党のお祭り騒ぎのような総裁選ばかり報道して、自民党に利用されているのではないか」という部分はカットされたが。

それにさすが皆様のNHKのバランス感覚は大したもので、しっかりと小沢批判の意見と抱き合わせてあった。



それでも、自分の意見が全国に放送されるというのは嬉しいものだ。

少しでも聴取者の判断の材料になればありがたい。

皆さんもどんどん投稿してみては如何ですか? 

出ればいいってもんじゃなかろうに。

【怒】 昨日の朝刊の一面は小池百合子の始球式だったが、今日のトップは麻生、与謝野、石原、小池の四人の顔がアップで載っていた。

今日も朝から、食欲のなくなる写真で大迷惑だ。

特に小池百合子。この人の顔はどう見ても夜向きだ。朝見るもんじゃない。

冗談はさて置き(半分本気だが)、明日の朝刊はさらにとんでもないものになりそうだ。



総裁選候補はこの4人でも多すぎるほどなのに、さらに石破軍事オタク氏や、何をトチ狂ったのか山本一太氏まで出馬するつもりだという。

これはもう真面目に総裁を選ぼうというよりも、ただただバカ騒ぎをして、国民の関心を引きつけようとしているだけのようだ。

自民党も落ちたものである。



福田総理は政治の空白をなくすために辞任したと言ったが、この自民党総裁選のバカ騒ぎこそ政治の空白以外の何物でもないだろう。



どうせ麻生が当選する総裁選などやめて、早く解散総選挙をやらなければならない。

自民党総裁選の政策論議などまったく無意味である。

総選挙での与野党の政策論争にこそ意味がある。



早く解散しろ!!


茶番劇に踊るマスコミ。

【怒】 小池元防衛相が始球式 「小池総理!」の声も



 小池百合子元防衛相が始球式を務めた。  練習では高田監督が球の握り方を指導。ゆるやかなカーブを描いた投球は、ワンバウンドで捕手のミットに収まり、スタンドからは「小池総理!」などの声も挙がった。  小池氏はソフトボールの経験もあり、自身の選挙区にある豊島区少年野球連盟の顧問を務めている。(神宮)

2008/09/03 20:22 【共同通信】




今日の朝刊の一面に、小池氏の始球式のニュースが写真入りで載っていた。

朝からキモイものを見てしまって、一日の始まりが憂鬱になってしまったではないか。

それにしても始球式の人選は、誰がするのだろう。

この時期にこの人を選ぶとは、まったくアンフェア極まりないことだ。

以前から決まっていたなら仕方ないが、なんともセンスの悪い人選だ。



この始球式に関わらず、自民党総裁選のニュースがうっとうしい。

麻生氏以外の候補には始めから当選する気などなく、ただニュースをにぎわす為に立候補するに過ぎない。

どんな政策を主張したところで、ねじれ国会の元では空手形に終わるだけだ。

国会の正常化のためには、一刻も早い解散総選挙しかない。



マスコミもそんなことは百も承知の上なのに、政策論争がどうのこうのと騒ぎ立てる。

正に自民党の思う壺だ。



あとは国民がこの騒ぎをどう受け止めるかだ。

まさか小泉郵政選挙の二の舞はしないだろう。

自民党は柳の下のドジョウを狙っているだろうが、果たしてうまくいくだろうか。

国民の良識が問われている。

臨時国会冒頭で解散を!!

【怒】 福田総理辞任!!



自民党による、これ以上の政権たらい回しは許されない。

臨時国会冒頭で、即刻解散すべきだ。

プロフィール

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示