高校野球県大会決勝。

【楽】 秋季高校野球県大会最終日、決勝と3位決定戦が行われ、ブロック大会に出場する3校が決まった。

10月末から始まるブロック大会で、来春のセンバツ出場を目指して戦うことになる。

我県は長年出場していないので、今年こそ頑張って欲しい。

その中に我校が入っていないのが残念だが、、、。



全国に目をやれば、今年の夏の甲子園で決勝を戦った佐賀北と広陵も、県大会で破れ来春のセンバツは絶望的となった。

我校も今から来年夏の甲子園に向けてしっかりと練習して、ぜひとも夢の甲子園を掴み取って欲しいものだ。


スポンサーサイト

今日も石破。

【怒】 給油継続「国際社会への責任」=石破防衛相、着任式で訓示

9月26日19時2分配信 時事通信



石破茂防衛相は26日夕、防衛省で行われた着任式で幹部職員を前に訓示し、海上自衛隊のインド洋での給油活動について「高度な技術、能力を必要とする補給活動の継続はわが国の国益であり、国際社会に対する責任だ。継続のために全身全霊を尽くす」と決意を表明した。 



昨日は前任者の踏襲では面白くないだろうと書いたが、結局、同じ事をするみたいで、軍事オタクとしてはイマイチだなあと思う今日この頃だ。

更に海自の給油活動が「「高度な技術、能力を必要とする」というのが眉唾物である事も、 「情報流通促進計画byヤメ記者弁護士」さんのところで明らかにされている。

防衛相たるもの、いい加減なことを言ってもらっては困る。もっと、しっかりして欲しいものだ。



それからもう一つ。




<政治資金>石破氏の団体が収支報告訂正…04年の寄付額

9月27日3時23分配信 毎日新聞










 石破茂防衛相(衆院鳥取1区)が代表を務める資金管理団体「石破茂政経懇話会」と「自民党鳥取県第1選挙区支部」が、組閣があった25日に、04年分の政治資金収支報告書の訂正を、県選挙管理委員会に届け出ていたことが分かった。訂正前は、一部が政治資金規正法違反の内容だった。

 懇話会の報告書では、石破氏が04年1月25日、懇話会に1050万円を寄付していた。このケースでは同法は、個人が寄付できるのは年間1000万円以内と定めており、違反状態。訂正後は、本人からの寄付は850万円、残る200万円は政党支部から石破氏に寄付され、そのまま資金管理団体(懇話会)に寄付した「特定寄付」となった。

 政党支部の報告書ではこれに合わせ、政治活動費として、石破氏への寄付200万円を追加した。

 石破氏は26日夜、毎日新聞の取材に「事務的ミスだが、誤りがあったことは申し訳ない。今後このようなことがないようにしたい」と語った。



入閣が決まってあわてて訂正したようだが、ちょっとおそまつなようだ。

1050万円という金額は明らかに、1000万円+消費税50万円だろう。

だったら訂正も、840万円と210万円にするのが当然なのだが、そこまで頭が回らなかったようだ。

なんて、どうでも良いような事を言いつつ、やっぱり自民党と「政治とカネ」の問題は、切っても切れないと思う今日この頃なのだった。

軍事オタク復帰。

【怒】 福田内閣の陣容が決まったが、またあの軍事オタクの石破が、防衛大臣として復帰した。

テロ特措法延長が問題になっているが、どのような対応を取るのか興味深いところだ。 

軍事オタクとしては、前任者の方針を踏襲するだけでは面白くないだろう。



彼はかつて拉致議連会長をしていたので、テロ特措法と拉致問題をからめてみてはどうかなどと思う。

今アメリカは、拉致問題を置き去りにして、北朝鮮との関係改善に動こうとしている。

そんなアメリカの言いなりに、インド洋での給油を続けてやるなんて、お人よしにも程がある。

アメリカが北朝鮮に拉致問題を解決させなければ、給油はしないくらいのことはやって欲しいものだ。 



もちろん私はテロ特措法・インド洋での給油には反対だし、石破防衛大臣に期待を掛けているわけではないので、念の為。



とにかく軍事オタク大臣の暴走には、要注意だろう。

最後まで「KY」だった哀れな御仁。

【怒】 【哀】 「改めて深くおわび」安倍首相、都内の病院で陳謝の会見




 そのうえで、「辞意表明が国会冒頭で、特に所信表明演説の直後という最悪のタイミングになった。国政に支障を来し、国民に多大な迷惑をかけたことを改めて深くおわびする」と陳謝した。


 首相は、突然の退陣を表明した翌日の13日に「機能性胃腸症」と診断されて入院して以降、初めて公の場に姿を見せた。


 辞任の決断について、「この一か月間、体調は悪化し続け、自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じるに至った。もはや首相としての責任を全うし続けられないと決断し、辞任表明に至った」と述べた。


 (中略)



 次期衆院選への対応については「地元の皆様のご理解をいただき、政治家を続けていきたい」と語った。


2007年9月24日21時26分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070924i111.htm





この会見の中の、「自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じるに至った。もはや首相としての責任を全うし続けられないと決断し、辞任表明に至った」という言葉が、安倍総理が国民のことなど全く考えていなかったことを示している。



彼にとって「首相としての責任を全う」するということは、国民に対する責任を果たすことではなく、「自らの意志を貫く」ことだったのだ。

実際に「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」などという「ワタクシ」の意志に基いて、国民投票法案や教育基本法改正案などの時代錯誤法案を、度重なる強行採決で通過させていった。



国民のことを考えない首相が国民の支持を失うことは当然であり、それが参院選の惨敗に繋がったのだが、それでもこのボンボン総理は「自らの意志を貫」こうと続投を表明し、臨時国会で所信表明演説までしておきながら、結局逃げ出してしまった。



その上この期に及んでまでも、「地元の皆様のご理解をいただき、政治家を続けていきたい」などと寝言を言っている。

これだけの醜態を演じておきながら、まだ政治家にしがみつこうとするとは、どこまでも「KY」だとしか言えない。

潔く議員辞職して身を引くのが、身の為だと思うのだが、、、。

哀れだ。


惜しかった。

【楽】 【哀】 昨日は地区の運動会と高校野球が重なってしまい、運動会の役員になってしまった関係上、非常に残念ながら野球の応援に行けなかった。

野球も勝ったし運動会も好成績だったが、野球の祝勝会に出れなかったのが残念だった。

祝勝会の酒ほど、うまいものはないからなあ。



そして今日は野球の応援に行けたが、残念ながら一点差で負けてしまった。



冬に鍛えて、来年の甲子園を目指して欲しい。

真実は国民には隠されている。

【怒】  海自補給艦、イラク作戦の米艦に給油 元艦長が証言

2007年09月22日15時03分



 テロ対策特別措置法の補給対象となるアフガニスタン周辺の対テロ作戦だけでなく対象外の対イラク作戦にも従事していた米軍艦船が、海上自衛隊の補給艦からインド洋で直接、補給を受けていたことが、この艦船の当時の艦長の証言でわかった。同じ艦船が複数の作戦にかかわることは米軍の運用上、かねて指摘されており、「対テロ」目的に限定して補給しているとする日本政府の説明と実態が食い違っていることを示している。



 ペルシャ湾に展開する米空母エンタープライズのロナルド・ホートン艦長(47)がこのほど艦上で、朝日新聞記者のインタビューに応じた。ホートン艦長によると、艦長は05年当時、佐世保基地に所属する米軍揚陸艦ジュノーの艦長としてペルシャ湾周辺に展開。「当時は、いまよりも頻繁に海自の補給艦から給油を受けた。日本の貢献は絶大だった」と述べた。 

http://www.asahi.com/politics/update/0922/TKY200709220136.html



米空母の艦長の証言によって、海自の給油活動がイラク作戦に参加する米艦船にも行われていたことが確実になった。

先日は、実際の給油量が政府発表の4倍だったということも報道された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000143-mai-pol



最近こういう情報がようやく明らかになり始めたが、イラクやクウェート、アフガニスタンで、自衛隊や米軍有志連合が一体何をやっているのかは、我々にはほとんど伝わってこない。

それなのに、テロ特措法延長に賛成か反対かなどという世論調査が行われる。

何が行われているのかが分からないのに、正常な判断が下せる訳がない。

マスコミは無意味な世論調査をする前に、政府や軍の発表の垂れ流しではなく、中東やアフガンで実際に何が起きているかを国民に知らせなければならないのではないか。



【楽】 ブログを引っ越しました。

以前の所はTBがほとんど通らないので、こちらに変えてみました。

ブックマークして頂いている奇特な方がおられたら、変更をお願いします。



以前の記事はこちらでどうぞ。



プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示