福島第一原発、吉田元所長死去。

「×」 <福島第1原発>吉田元所長が死去 事故時に現場対応
毎日新聞 7月9日(火)16時44分配信

 東京電力福島第1原発事故の際、収束作業を指揮した元所長の吉田昌郎(よしだ・まさお)さん=執行役員=が9日、食道がんのため東京都内の病院で死去した。58歳。葬儀は未定。

 大阪府出身。東京工業大大学院で原子核工学を専攻し、1979年、東電に入社した。本店原子力設備管理部長などを歴任。一貫して原子力の技術畑を歩いた。2010年6月に第1原発所長に就任した。

 11年11月中旬、健康診断で食道がんが見つかり、12月1日付で所長職を退いた。その後、体調が回復し復帰の意向を周囲にもらしていたが、12年7月に脳出血で倒れ、自宅療養を続けていた。吉田さんの事故後からの被ばく線量は約70ミリシーベルト。東電広報部は「担当医の診断の結果、死去と被ばくとの直接的な関係はない」としている。

 吉田さんは事故直後の11年3月12日夜、本店幹部が1号機への海水注入を中断するよう指示したのに対し、独断で注入を継続。中断すれば1号機の燃料溶融がさらに進行した可能性があり、その判断が評価された。官邸から現地に乗り込んだ菅直人元首相は自著で、格納容器の圧力を下げるベント(排気)作業が難航していた際、吉田さんが「決死隊を作ってやる」と決意を述べたことを明らかにしている。

 東電の広瀬直己社長は9日、「持ち前の明るい大きな声で陣頭指揮をとる姿に出会えることを心待ちにしていたさいが、無念でならない」とのコメントを発表した。【神保圭作、中西拓司】


福島第一原発の、吉田元所長が亡くなった。

あの悲惨な原発事故において、もし、吉田所長が海水注入を止めていたら、ベントをできなかったら、どれほど被害が広がったかと思うと、戦慄を覚えざるを得ない。

しかし、吉田所長ひとりの判断が、これだけ結果に重大な差をもたらすということは、それだけ東電の防災対策がずさんだったことの裏返しだろう。

吉田所長の行動は称賛されてしかるべきだが、彼を英雄視することによって、彼が命を懸けて守った原発を存続させようというような動きが出てくるのなら、それを許してはならない。

彼の死が、被曝とは直接関係ないと言われるのは予想通りだが、原発事故がなければ、彼が死ななかったのは確実だろう。

彼の命を奪ったのは原発事故であり、必然的に事故の危険性を内包し、いったん事故を起こせば取り返しのつかない原発というものをなくしていくことが、彼の死に報いる唯一の方法ではないのだろうか。

スポンサーサイト

新暦の七夕を繰り返す愚に「×」。

今日は七夕ということで、七夕にちなんだ様々なニュースが流れていたが、しかし、七夕は新暦でやっても本来の意義は実現できない。

新暦の7月7日は例年梅雨の最中であり、天の川が煌々と浮かぶ星空が見られる旧暦の7月7日か、さもなければ月遅れに行なってこそ、七夕の意味がある。

こんなことは少し調べれば分かることだし、知っている人も多いだろうが、マスコミは一切このことには触れず、性懲りもなく毎年雨の七夕が繰り返される。

なぜなのだろう。

あるべき姿は分かっているのに、訂正しようとしない。

原発の危険性、放射性廃棄物の危険性は誰の目にも明らかなのに、その不利益には一切目をつぶって、目先の利益だけのために原発を動かそうとする考えや、諸悪の根源である自民党を支持することと、どこか似ているような気もする。


日本人は、自分の頭で考えることを忘れてしまったのだろうか。

 

都議選の「○」と「×」。

都議選で自公全勝し過半数 民主は惨敗、第4党に
テレビ朝日系(ANN) 6月24日(月)5時39分配信

 東京都議会議員選挙で、自民党と公明党は、候補者全員が当選し、合わせて過半数を大きく超える議席を獲得しました。

 都議会選挙は、127の定数を巡って253人が立候補して争われ、23日に投開票が行われました。獲得議席は、自民党が59、公明党が23、共産党が17、民主党が15、みんなの党が7、東京・生活者ネットワークが3、日本維新の会が2、無所属が1となっています。自民党と公明党は、候補者全員が当選し、合わせた議席数は過半数を大きく超えました。民主党は都議会の第1党から第4党に転落した一方、共産党は9議席増やし、第3党へ躍進しました。確定投票率は43.5%で、これまでで2番目に低い数字となりました。


「×」 都議選で自公が全員当選を果たし、過半数を大きく超える議席を獲得した。

石原慎太郎や猪瀬を知事にしてしまう都民だから、あまり期待はしていなかったが、それにしても勝たせすぎだろう。

アベノミクスを支持してのことなのか、猪瀬の進める五輪招致とそれに絡む開発を期待してのことなのか、その両方なのかもしれないが、これらの政策はあくまでも金持ちと大企業に利益をもたらすものであり、一般庶民にはまったく関係ない。

ほんの少しおこぼれが回ってくる人もあるかもしれないが、そんなものはスズメの涙だろう。

自分たちの生活を苦しめる候補に期待して当選させ、喜んでいるとしたら、あまりにも滑稽で情けない。

ブラジルでは、サッカーワールドカップに税金を使うなと言う大規模なデモが盛り上がっているが、これこそ何が自分たちを苦しめているかを的確に見極めた行動だろう。

敵を見誤ってはいけない。

「○」 今回の都議選で唯一の慰めは、共産党が議席を倍増させたことだが、それにしても自公の巨大与党にどの程度抵抗できるかは心もとない。

この結果を参院選につなげることができれば良いのだが、道は険しいだろう。

でも、頑張ってほしいものだ。
 

ウィリアム王子の祖先にインド人。

「○」 ウィリアム英王子に「インド人の遺伝子」、唾液分析で判明
AFP=時事 6月14日(金)11時7分配信

【AFP=時事】ウィリアム英王子(Prince William)がインド人の祖先をもっていることが、英エジンバラ大学(University of Edinburgh)のチームが行った唾液サンプルの分析により判明した。英誌タイムズ(Times)が14日、伝えた。王位継承権第2位のウィリアム王子が王位を継承すれば、英連邦(Commonwealth)で最大の人口を抱えるインドにルーツを持つことが証明された初の英国王になる。

 ウィリアム王子の7代前の祖先に当たる「Eliza Kewark」という名の女性は、これまでアルメニア人だと考えられてきたが、サンプル分析の結果、インド人の血が少なくとも半分入っていたことが分かった。

 分析を行ったエジンバラ大の遺伝子専門家、ジム・ウィルソン(Jim Wilson)氏によると、ウィリアム王子が持つインド人のルーツを示す証拠は「ゆるぎない」ものだという。

 ウィリアム王子と、7月に第1子を出産予定の妻、キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)はこれまでインドを訪問したことはない。【翻訳編集】 AFPBB News


イギリスでは、王室に対してもこのような調査をするとは面白い。

日本でも皇室に対してこのような調査を行えば、朝鮮半島との関係が「ゆるぎない」ものだということが明らかになるだろう。

いたずらに韓国といがみあったり、在日朝鮮・韓国人に対するヘイトスピーチを煽ったりすることは、日本の皇室に対する侮辱になるのではなかろうか。

自分の首を絞めるようなまねは、やめる方がいいだろう。

日本の良識がまた一人。

「×」なだいなだ氏死去、鋭い文明考察とユーモア
読売新聞 6月9日(日)9時35分配信

 精神科医の体験に裏打ちされたユニークな文筆活動で知られた作家、なだいなだ(本名・堀内秀=ほりうち・しげる)さんが亡くなっていたことが8日分かった。

 83歳だった。

 慶応大医学部卒。フランス留学後、同大病院などに勤務。その一方、同人雑誌「文芸首都」に加わり、「海」などで6度、芥川賞候補になった。スペイン語で「無と無」を意味する「なだいなだ」のペンネームで小説、エッセー、批評などを発表。鋭い文明考察とユーモアあふれる文章で、幅広い執筆活動を続けた。作家で精神科医の北杜夫さんとの親交も深く、医師としては、日本のアルコール依存症研究の先駆者だった。

 1969年、「娘の学校」で婦人公論読者賞。70年、「お医者さん」で毎日出版文化賞。フランス人の妻との間に生まれた娘たちに人生を語りかけた「パパのおくりもの」や「人間、この非人間的なもの」「権威と権力」「老人党宣言」など多数の著書がある。


日本社会の現状に警鐘を鳴らし続けておられた、なだいなだ氏が亡くなられた。

残念です。

ご冥福をお祈りします。

  
プロフィール

mankiru

Author:mankiru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
最新コメント
トラックバックピープル
国民が主人公
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示